2015年09月22日

80だョ!全員集合

シルバーウィーク、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
お休みですか?
お仕事ですか?

私は、週末、祖母の80歳の誕生日をお祝いするため、
広島に帰省してきました。

祖母が暮らす三原市は、私が小学4年生まで住んでいた所で、
小さな街ですが、海があり、山があり、人情があり、
今でもホッとする空気に包まれています。

%E5%BD%BC%E5%B2%B8%E8%8A%B1.jpg

田んぼには稲穂が実り、すでに稲刈りも始まっていました。
あちらこちらに咲く彼岸花。
この季節の懐かしい風景です。

「ばあちゃん帰ったよー。」と、玄関を開けると、祖母は台所に立っていました。
祖父が他界し、一人暮らしになってからは、
「腰が痛いし、1人じゃけぇねー。」と、
あまり長い時間台所に立つことはなくなったようなのですが、
私が帰って来るというので、料理をしてくれていたのです。
田舎なので、高齢者の一人暮らしは、買い物も大変です。

祖母が作る大量の煮物。
今なら、里芋を剥く手間、野菜を下ゆでする手間、
包丁を研ぐ名人だった祖父がいなくなり、切れ味の悪くなった包丁に、
弱くなった握力で鶏肉を切るのが、如何に難儀か
よくわかります。

料理上手な祖母なのですが、何が美味しいって、
祖母の炊いたご飯を、祖母が握ったおむすびは絶品です。

炊き方の問題?
握り方の問題?
歴史の問題?
それとも、愛情の問題?


いろいろ持病のある祖母の口から出てくる話は、専ら病気のことで…
去年手術をした目のレントゲンを暗がりの窓にかざして、
私に説明しようとするのですが、見えませんからw

私から祖母への80歳のお祝いは
家族が集まっての記念写真にしました。
全員集合!とはいきませんでしたが、
息子夫婦、孫、ひ孫4世代で賑やかに撮影。

IMG_0285.jpg

祖母は、昔から家族にご馳走をつくった後、
自分は最後に残り物とお漬物で、簡単に食事を済ませるような人で、
何を勧めても贈っても、「ばあちゃんは、ええけぇ(いいから)。」と
いつも遠慮しかしてもらえません。

しかし今回、写真を撮りに行こう、と提案すると、
嫌だとは言わず、満更でもないご様子w
よかった!

どんな仕上がりになるでしょう?
いまから、とても楽しみです。

祖母が笑顔で80歳の誕生日を迎えられたことに、感謝。


| 07:01 | コメント(0) | カテゴリー:小池文美

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー