2015年08月20日

6回終わって6対6

 甲子園の決勝が終わると夏もそろそろ終わりの気配。山積みの宿題こそありませんが高校野球の試合が見られなくなるのは残念です。
 それにしても仙台育英と東海大相模の試合、6回裏には仙台育英が良く追いついて試合を振り出しに戻しました。その直前の守備では仙台育英ライトの選手があわやホームランかという大打球をフェンス際でナイスキャッチ。チームも俄然やる気に火が付いたようです。
 つぎに守備に付いた東海大相模も、やはりライトの好守備が光りました。とられたら取り返す。高校野球ならではの醍醐味ではないでしょうか?
 このあと仙台育英には東北勢として初の優勝の期待がかかっています。さあ、ここからが正念場!!

| 14:45 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー