2015年05月06日

再び1000円で高速を走り放題にする方法

 今から5年ほど前には、ガソリン特措法時限カットだの1000円上限高速料金など,ドライバーに歓迎される政策が相次いで打ち出されました。現在はどうか?というと、軽自動車税は四月から引き上げ、旧いクルマに対する累進的な課税など、やはりオーナーにとっては重税感が拭えません。
そんな中、1000円高速が復活する事になりました。と,言っても今回はごく一部の人が対象です。高速道路で高速充電器を利用した人に調査費用の名目で利用料金をキャッシュバックしようというものです。
 利用できるのはEVユーザーで,特定の充電会員だけ。それもETC装着が必須です。

 去年からはほかのETCの割引率も減ってドライバーにはまだ逆風の時代。一般的なドライバーには無縁な話ですが、これを機に電気自動車に乗り換えようと云うユーザーが出て来るかどうか???、アンケートへの回答が必須で先着四万名さま限りだそうです

| 11:34 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー