2013年11月24日

東京モーターショー

 モーターショーの呼び物と云えばブースを飾るコンセプトカーや市販を予定した参考出品車.もちろん今回もワールドプレミアや,来年発売予定の市販車が数多く姿を見せましたがマツダのブースは違いました.派手なコンセプトカーもカタログに乗っていない参考出品車もアリマセン。全てが市販車,それも3台を除いて全部メタリックレッドのボディーカラー。新型のハイブリッド、ディーゼルエンジンを搭載した,クリーンカーばかりです。
Dsc01837
同じ手法はお隣のアウディも採用していて,マツダのブースからVW方向を眺めると一面赤いクルマばかりが並んでいます.壮観です。いままでにあまり試みられなかった,快挙と言ってもいいでしょう。

 赤と云えば昔、コスモAPやFFファミリアの赤が大いに売れた時代がありました。しばたはつみや高中正義のギターもよくCMで流れていました。
 そうかと思えばそれとなく開発中の車や、未発表の新型車を展示している会社もあります。トヨタグループの一角、トヨタ東日本のブースには新型ノアやアクアのレクサス版?オープンモデルなんかもさりげなく展示してありました。市販の予定はない!(オープン)とのことですが、現実感たっぷり、売り出せばいいのに、と思いますが・・・・・・・・・・・・・・・・・・DSC01920.jpg

| 12:53 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー