2013年11月30日

六本木今昔ものがたり143

A3018.jpg

前も書きましたが、ヒルズとここミッドタウンが出来てから
六本木も夜の街から昼の街へと変貌しました。
もちろんまだまだ夜のイメージは強いですが…。

ただしヒルズもミッドタウンもオフィスビルですが、
ネクタイ族は少数派でラフなスタイルのビジネスマンが増えました。
(赤坂側からのミッドタウンです)

| 09:30 | コメント(4) | カテゴリー:西原暢孝

コメント

西原さん、おはようございます。
ミッドタウン、このように拝見しますと、改めて高層ビルである事を実感します・・・
そうですね、まだ「夜の街」のイメージも残っていながら、自分自身もいつの間にか六本木が「昼の街」への移行しているを事を実感します。
最後に、確かにヒルズ・ミッドタウンともにラフなビジネスマンが多いイメージを持っています。

投稿者 ちなみん : 2013年11月30日 11:46

西原さん、こんにちは。
六本木は、学生時代は全く縁のない地でしたが、ヒルズやミッドタウンが出来て、自分にとっては森美術館や国立新美術館、それとヴァージンシネマが出来てからよく行く街となりました。
ただ夜に関しては最後まで縁のないままでした笑。

投稿者 のっち : 2013年12月 1日 14:30

ちなみんさん:どうも遠景からばっかりだったのですが、この角度から見ると「オフィス」ビルですね。すっかり変貌しています。

投稿者 ニシハラ : 2013年12月 2日 09:07

のっちさん:社会人になってからはひたすら遊びの街でしたが、こうして仕事の街として働いているととても不思議な感じがします。

投稿者 ニシハラ : 2013年12月 2日 09:09

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー