2013年07月30日

イヤー・オブ・ゼロファイター

%E3%82%BC%E3%83%AD%E9%9B%91%E8%AA%8C.jpg

「零戦ブーム」とまででは申し上げませんが、なぜか
今年は、旧日本海軍の零式艦上戦闘機に注目が
集まっています。

本屋さんの店頭には、零戦を扱った雑誌や単行本、
文庫本がうず高く積まれ、模型雑誌のコーナーには、
零戦の作り方を扱ったプラモ製作ガイドが置かれて
います。

零戦の開発が海軍から提示されたのは1937年
(昭和12年)、制式採用されたのは1940年(昭和
15年)ですから、開発の提示から76年、制式採用
から73年が経っていますが、いずれもきりのいい
数字ではありません。

「風立ちぬ」や「永遠の0」の映画化は数年前に企画
が持ち上がっているはずですから、たまたま今年で
公開が重なって話題となっているのでしょう。

やはり、2006年に単行本として出版され、2009年
に文庫本化された「永遠の0」のヒットが伏線となって
いるのでしょうか。

直接のきっかけとなったと思われるのは、去年の暮から
所沢航空発祥記念館で公開されている、オリジナルの
栄型エンジンを搭載した世界で唯一の飛行可能な零戦
52型が公開されたことで、入場者が一気に増えたこと
です。

あまりの人気に、記念館では予定の公開期間を延長して
来月8月末までとしました。

戦争の道具を客寄せにとの批判は後を絶ちませんが、
戦争を好む人は誰一人としていないはず、かつての過ち
を2度と繰り返さないためにも、過去の歴史を見つめ直す
必要があるのだと思います。

プラモデルを作る時にモデラーたちが感じる、技術者が
作り出した工業製品としての兵器に愛着を感じる自分と、
戦争を憎む自分とに横たわる壮大な矛盾。

そんな矛盾を抱える自分を冷ややかに見つめながら、
きょうもプラモ作りは続きます。
それが人なんですから・・・・・・・

ところで、池袋の東武百貨店で開催されている「東武
タミヤモデラーズギャラリー」は、お蔭様で大好評のうちに
きょう最終日を迎えました。
午後、仕事明けに撤収作業に取り掛かります。
ご来場ありがとうございました。

| 10:57 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます。
2006、2009年ともに今後共忘れられない年になりましたが、1937年は自分にとって母の生まれた年、1940年は私淑するアニメーターの方の生年(明らかにはなっていませんが、お名前に「龍」が付きますので)、今も現役でいらして最新作は3日前、この方の作品に初めて出会って30年目前(来月16日で30周年)です。
尚、この方の兄君もアニメーター・演出家で貸本屋ご出身、1937年生まれです。(兄君は正確なお誕生日が判っています)
零戦とは直接関係がありませんが、自分にとってメモリアルな年の列挙で興奮してしまいました・・・
自分が矛盾を感じるのは、秩序正しく人に優しく生きようと心がけていますが、時折煩悩に翻弄される事です。
(笑)
理性が圧倒的に強いですが・・・
最後に田中さん、一昨日お約束通りお伺いさせ頂いたのですが、到着が19:20を過ぎていました。
「明日・明後日(一昨日から見て)も田中さんはお仕事なのだからこの時間にお伺いしても・・・」と思いましたが、やはり一昨日を逃しては、昨日・今日はよりハードルが高くなり難しくなりますので強行しました。
田中さんの記事を拝見し続けるだけでななく、実際自分自身の目で確かめ、特にろうがんずの皆さんの精巧な技術力に驚嘆しきりでした。
尚、POPの文字を拝見する為に、Gケース至近距離まで近づきご説明を拝見、眼鏡も矯正してお伺いしましたが、老眼は進行中、を実感しました。
田中さん、ご報告が遅くなりご心配をお掛けし申し訳ありません、今回はお誘い頂きありがとうございました。
「百聞は一見に如かず」を実感致しました。

投稿者 ちなみん : 2013年7月30日 12:40

田中さんこんにちは。タミヤモデラーズギャラリー、急な仕事が入り伺えませんでした。(涙) 楽しみにしていたのに残念です。皆さんの力作の数々、さぞかし壮観だったことでしょう。
確かに零戦、盛り上がってますね。今まで何機作ったか覚えてませんし、未組立の在庫も多々あります。いつかはタミヤの1/32で究極の零を、と本棚の上で待機しています。 田中さんのおっしゃる通りモデラーとしての矛盾はあります。平和の時代に生きているからこそ楽しめる趣味であり、時代に感謝してプラモデルを楽しみたいですね。少しオーバーですかね?
さてさて、田中さんの次回作は何でしょうか?自分は……思案中です。

投稿者 tetzz : 2013年7月30日 15:36

ちなみんさん、TTMGにご来場いただきありがとうございました。
お蔭様で大盛況のうちに展示会を終えることが出来ました。
ご覧頂いた多くの方々に少しでもプラモデルの楽しみをお伝えできたらこんな幸せなことはありません。
次は12月の横浜・人形の家の展示会です。
何を作るかを悩むのも楽しみの一つです。

投稿者 ホヅミ : 2013年8月 4日 09:13

tetzzさん、ありがとうございます。
プラモの世界では零戦と戦艦大和を出すとよく売れると言われます。
実際、大きな大和の模型は別にして、新商品が発売されるとつい購入してしまいます。
久しぶりに48の零戦52型でもじっくり作りこんで見ますか・・・

投稿者 ホヅミ : 2013年8月 4日 09:23

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー