2013年02月23日

ふたりのキャパ

ロバートキャパ、誰もが聞いたことのあるおなじみの名前が
実は二人の写真家に依る架空の写真家だったなんて
知りませんでした。後年キャパとして知られる報道写真家
ロバートキャパを産み出したのは一組の男女でした。
オトコの名前はアンドレ・フリードマン
そしてカノジョの名前はゲルタ・ポホリレ
後に親交のあった岡本太郎画伯に因んで、
自らを「ゲルダ・タロー」と呼んでいます。

そんな女流カメラマン/タローの得意なアングルは空を背景にした
見上げるようなローアングル.実はこの時代カノジョの作品の多くは
ウエストレベルに構えられた二眼レフレックスカメラによるもの。
真上からファインダーに映り込んだ虚像を覗くと、必然的に
ウエストレベルでカメラを構えることになります。

ステージにたった主役を見上げるようなカノジョの目線は
こうして、カメラの構造に起因するところもあった、と考えられます。
キャパのブランドを離れ、機動性に富んだライカを持ち、独り立ちした
カノジョを待ち受けていた運命とは・・・・・・

「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展
横浜美術館(横浜市西区みなとみらい)で
3月24日まで。木曜休館
一般1100円、大学・高校生700円、中学生400円、小学生以下無料

| 15:09 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー