2012年08月05日

フジカキ最後の聖戦

北京五輪で予想外の活躍を見せた女子バドミントンペア
今回の宿敵もまたしても中国

誰もが惨敗を予想した決勝戦の第二ゲーム
三点差をつけられて中国の圧勝も予想された局面
藤井は後輩、垣岩にしきりに何か話しかけていた。

「いつも笑顔を絶やさない様に・・・」
それが藤井の口癖だった。この場面でも垣岩に
そう話しかけたに違いない

局面が変わったのはここからだった。中国の相次ぐミス
打ち込まれても確実に返してゆく藤井、垣岩
それが中国側のミスを誘発しあっという間に三点献上
そして、勢いに乗った垣岩の攻撃が炸裂し始める。

確かに中国は疲れていた。笑みを絶やさない二人に
脅威を感じていたのだろうか?中国ペアの表情に笑みは無い
試合はマッチポイントでももつれ込み、第3ゲームへの
扉をもう少しでこじ開けるところだった。

もうこれで堂々と帰国できる。メダルにふさわしい戦いだった
そして、試合を誰よりも楽しんだはずの二人。
帰国後のCM新規契約が何本になるか、今から楽しみだ

この試合後フジカキペアは年内で解消を発表

| 13:05 | コメント(1) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

「笑顔に勝る最強の武器はない」を体現したゲームでしたね。
日本人の芯の強さがここでも発揮されたと感じます。
CMは・・・こればかりは時の運もあると思いますが、自分は賛成派です。

投稿者 ちなみん : 2012年9月 2日 16:30

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー