2012年07月02日

オスプレイの憂鬱(その8)

空中停止が出来るヘリコプターの長所と
スピードと航続距離を誇る飛行機の長所とを
兼ね備えたティルトローター機ですが・・・・・

ヘリコプターでもなく飛行機でもないところに
問題が・・・・・・

V-22オスプレイは、翼の先端に取り付けられた
エンジンを傾けることによって揚力と推進力を得る
大きなローターを持っています。

このローターの直径は11・61メートルあり、
1枚のローターの長さは4・9メートルです。

この直径は、一般のヘリコプターのメインローターに
比べると、かなり小さくなっています。
例えば、現在、普天間飛行場に配備されている
ボーイング・バートルCH-46のローター直径15・24
メートルに比べると約4メートルほど足りません。

オスプレイのローターは、ヘリコプターとしての回転翼の
機能と、飛行機の推進力としてのプロペラの役割を
担っており、あまり直径を大きくすることが出来ないのです。

このことが、ある条件下でないとオートローテーション機能を
効果的に働かせることが出来ないというデメリットになって
います。

オートローテーション機能は、ヘリコプターに備えられている
機能で、飛行中にエンジンが停止した場合、クラッチを
外してローターを空転させて揚力を保ちながら安全な場所に
着陸するというものです。

オスプレイは、ローター直径が小さいので、スピードが
時速200キロ以上ないとヘリコプターモードでのオート
ローテーションが行えません。

もちろん、オスプレイには左右2つのローターをリンクする
クロスシャフトが備わっており、片側のエンジンが停止しても
両方のローターの回転を維持することが出来ます。

飛行機モードでエンジンが停止した場合は、ヘリコプター
モードに切り替えることは出来ず、水平飛行のまま
緊急着陸することになります。

この場合、通常の飛行機のプロペラに比べて直径の
大きなオスプレイのローターは最初に地上に接触し、
その衝撃でシャフトから切り離されます。
これは機体に深刻なダメージを与えないための措置
です。

オスプレイには飛行機と同様の翼が付いていますが、
翼だけで機体に揚力を持たせるには翼面積が不十分
で、ローターの助けを借りて揚力を保っています。

つまり、オスプレイはエンジンとローターが完全に機能
することがより重要になってきます。
もちろん、これは一般の航空機にも言えることですが・・・・・

| 11:35 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
昨日ご紹介くださった、23年間のうち8回の事故、はこのオートローテーション切り替え不能、あるいは誤動作、が原因なのでしょうか・・・?
あるいは別の原因なのでしょうか?
自分は、オートローテーション切り替え誤動作、あるいは切り替え不能に陥る可能性の発生率が気になります。

投稿者 ちなみん : 2012年7月 2日 12:41

だから、左右のローターをシャフトで連結しているんですね。オートローテーションが行えない分、片方のエンジンが止まっても、もう片方の止まっていないエンジンでも両方のローターに動力を伝えて通常飛行を維持できるように。二つのエンジンが両方止まらない限りはちゃんと帰ってこれることになります。これは、通常のヘリコプターのたった一つしかないエンジンが停止しただけで、オートローテーションによりすぐ近くの不整地(あるいは人口密集地の隙間)に緊急着陸しなくてはならない事態よりも、よっぽどそのリスクは低いでしょう。通常のヘリコプターのオートローテーションによる着陸は、それができるからといって決して安心できるようなものではなく、高度と慣性が十分残っているうちにそういう苦し紛れの「適地」を探して一発勝負をかけることになります。一方、オスプレイはというと、片方のエンジンさえ生きていれば良く、両方のエンジンが止まる可能性は極めて小さく、「エンジンとローターが完全に機能すること」の要請は通常のエンジン1つのヘリコプターより高いとは全く言えません。オートローテーションができないという欠点をクロスシャフトにより補って(余りあるほど)いるため、危険な機体なのかそうでないの本質は、もっと別のところにあると考えたほうがよさそうです。たとえば、飛行機・ヘリコプター両モードの切り替え時に許される操作、挙動の許容度に十分幅があるかどうか、などではないでしょうか。通常のヘリコプターが可能なオートローテーションができない!ことがセンセーショナルに扱われてしまうことがあるようですが、それを補う機構を無視したままの議論は本質を見誤ることになります。

投稿者 おちついて : 2012年9月 8日 05:34

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー