2012年02月27日

約束をたがえる同盟国

%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC.jpg

「ジャック・ライアンシリーズ」待望の最新作、
トム・クランシーの「デッド・オア・アライヴ」を
読み始めました。

最強のテロリスト、アミールを追う
ライアンが立ち上げた新組織「ザ・キャンパス」の
活躍を描く「デッド・オア・アライヴ」、
2007年の出版から5年遅れでの日本語版の
登場です。
(グラント・ブラックウッドとの共著です)

1984年、処女作の「レッド・オクトーバーを追え」
で颯爽とデビューしたトム・クランシー。
ミリタリーサスペンス小説の第一人者として確固たる
地位を築いて28年、今も衰えることなく執筆活動を
続けています。

日本でも大人気のトム・クランシーですが、残念な
ことにこの人、日本が大嫌いなようなんです。
確認したわけではありませんが、初期の作品、「日米
開戦」でもお分かりのように日本を敵に回したり、
別の作品でもしばしばそれを思わせるような表現が
見られます。

今回の作品にも、「約束をたがえる同盟国にも寛大に
なりすぎる」といった表現ヵ所があります。
まあ、おっしゃっている事は事実なんですから読者の
1人としては反論の余地はないのですが、それでも
トム・クランシーが好きなのです。
(私の勝手な思い込みかも知れませんが・・・・・)

いずれにしても、安全保障や危機管理意識の希薄な
どこかの国の政権の皆さんには是非、読んで欲しい
作品です。

「レッド・オクトーバーを追え」から13作目の
ジャック・ライアンシリーズ、ライアン・ジュニアも
大活躍する最新作の映画化が待ち遠しいところです。


| 10:53 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
今回、いくつも非常に共感するキーワードが散りばめられています。
自分の私淑するアニメーターの方は、お名前から察するに今年年男(兄君は母と同い年、は判っています)、今も現役、昨年オクトーバーである自分の誕生日の4日前から(クレジットされる作品の)間隔が開きつつあるのが気になっていますが、最新作は36日前、今も現役でらっしゃいます。
自分がこの方の作品に出会ったのは28年半前で前年になりますが、この年は3本、自分にとっては実質1984年、この年をメールアドレスに入れた事も3回あり、非常に思い入れが深いです。(27年前・昨日もそうでした)
妹と一緒に感動を享受したのも、自分にとってはかけがえのない大きな要因の1つです。
危機管理に関しては、田中さんにも数回申し上げさせて頂きましたが、1年を迎えるまであと2週間を切った大震災以降特に関心が強くなりました・・・
トム・クランシーさんの日本嫌いは、残念ながら事実のようですが、「NOの言えない日本人」気質も影響しているようにお見受けします。
自分の現況に置き換えてみると、「獅子身中の虫」「敵は本能寺にあり」になります。

投稿者 ちなみん : 2012年2月27日 13:24

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー