2011年12月18日

次期主力戦闘機デビュー!

%A3%C6%A3%B3%A3%B5%A1%DD%A3%B1.jpg

老朽化が進む航空自衛隊のマクドネル・ダグラス
(現ボーイング)F-4EJ改ファントムⅡ戦闘機の
後継となる次期主力戦闘機にロッキード・マーチン
F-35ライトニングⅡを選定することが固まり、
20日に開かれる安全保障会議で正式に決定される
ことになりました。

プラモデル業界では正式決定を待たずに、「日の丸
ライトニングⅡ」が早くも登場です。

F-35ライトニングⅡがどのような戦闘機なのかは
追々お話をさせていただくことにして、先ずは、この
プラモデルのキットからご紹介することにしましょう。

発売したのは、このところ700分の1の艦船シリーズ
や350分の1の艦船シリーズのプラモを怒涛のごとく
発売している「フジミ」です。

このキットは、ベテラン向けというよりは、初心者向けに
接着剤を使用しなくても組み立てられるように、はめ込み
方式になっていて、素材の色も本体がブルーの空自仕様、
脚柱などの小物がホワイト、エンジン部品がガンメタルと、
塗装をしなくてもデカールを貼れば立派なF-35が完成
する仕組みになっています。

%A3%C6%A3%B3%A3%B5%A1%DD%A3%B2.jpg

このシリーズ、F-22ラプターに次ぐ2機目のキット
ですが、デカール替えで何機か発売されています。

このところ、女性や高齢者の間でプラモデルが注目を
集めるようになり、出版界でもこうした世代を対象に
したマニュアル本が数多く出版されています。

近年、プラモデルの品質が超精密になり、よほどのマニア
でない限り手が出ないような状態となっていることから、
こうした手軽なプラモデルの出現は大歓迎と言えそうです。

「ろうがんず」のポリシーも、とことん精密度を追求する
マニアックなプラモデル作りから脱して、気軽に楽しめる
プラモデル作りを目指そうというもので、老眼世代の
オジサンとしてもこうした傾向は諸手を挙げて賛成なので
あります。

とは言え、このまま組み立てるのはちょいと抵抗がある
ので、やはり、接着剤や塗装をして仕上げてみたいとは
思っています。

さて、いつになることやら・・・・・・

| 09:45 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
前回コメントでお返事頂いた、次期主力戦闘機(予測変換しました!?)にF-35ライトニングⅡが内定、明後日、正式決定を待つばかり、の状況なのですでね。
今回は、青の機体の色最高です!
尚、私物は、ほとんど青を選び、もしなければ白・シルバーの順に選択します。
老眼、髪や髭での白いもの、は実感しています(両親より早いですね・・・)が、父譲りの強度近視・乱視、遺伝はしないとは言われている網膜剥離は、父と逆の右目発症、この状況なので老眼はない、と考えていましたが・・・
母は遠視、西原さんの記事にコメントさせて頂きましたが、文字は以前通り眼鏡必要(ないと全く見えません)、ところが、最近、携帯のデジカメ写真に限り、眼鏡を外すとよく見え、逆に眼鏡を掛けたままだと、見えなくなるようになりました・・・
プラモデルのパーツの場合、自分の目はどう反応するのか気になります。

投稿者 ちなみん : 2011年12月18日 15:43

ちなみんさん、ありがとうございます。
ブルー系の塗装は三菱F-2支援戦闘機から使用されていますが、これは周りを海に囲まれた日本独特のカモフラージュ塗装です。
最近では、ロシアのスホーイSu-35もブルー系の塗装を採用しているようです。
この迷彩塗装はかなり難しそうです。

投稿者 ホヅミ : 2011年12月20日 07:39

ちなみんさん、ありがとうございます。
ブルー系の塗装は三菱F-2支援戦闘機から使用されていますが、これは周りを海に囲まれた日本独特のカモフラージュ塗装です。
最近では、ロシアのスホーイSu-35もブルー系の塗装を採用しているようです。
この迷彩塗装はかなり難しそうです。

投稿者 ホヅミ : 2011年12月20日 07:40

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー