2011年11月06日

首都圏最大の航空イベント

%C6%FE%B4%D6%A3%B1.jpg

首都圏最大の航空イベントである「入間航空祭」が
3日開催され、約17万人が訪れました。

この日は生憎の曇り空、湿度が高いためか薄っすらと
靄がかかっているような状態で、写真撮影には最悪の
条件となりました。

午後からの曲技飛行チーム、「ブルーインパルス」の
フライトでも青空は戻らず、白い雲を背景にスモークも
はっきりしない写真ばかりとなってしまいました。

%C6%FE%B4%D62.jpg

今回、注目の的となっていたのは、部隊創設50年を
迎えた日本唯一の偵察機運用部隊である第501飛行隊
の所属機、RF-4EJの特別塗装機です。

機体の回りには閉門間際まで、航空ファンが熱い視線を
送っていました。

ファントムも次期FXが決まらないまま、老体に鞭打つような
状態となっており、F-15を偵察型に改造する計画も防衛省
とメーカー側との開発をめぐるトラブルで暗礁に乗り上げた
形です。

周辺国の空軍力の急速な増強を横目に、空自ではしばらく
焦燥の日々が続きそうです。

ところで、首都圏最大の航空イベントといえば、同じ3日、
群馬県太田市では、ラジコン模型飛行機の祭典、
「RC航空ページェント」が開かれました。

このページェントでは、太平洋戦争中、中島飛行機が開発
を進めようとしていた大型爆撃機「富嶽」の民間型旅客機を
ラジコン機で再現した大型模型が飛行に成功しました。

入間航空祭と開催日が重なっているため、これまで一度も
見に行ったことはありませんが、来年はどっちにしようか
迷うところです(笑)

| 11:12 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
今回、曜日こそ木曜日でしたが、六本木は晴れ間も多かったようですが、こちらも、晴れ間は10時過ぎまで、その後ずっと曇り、でした・・・
確かに「ブルーインパルス」は、真っ青な快晴の中、大空を縦横無尽に駆け巡ってもらいたいですね!!
自分は、航空機・列車始め機械(持ち物含め)全般に魂が宿る、と考えていますので、現役でまだまだ大空を羽ばたけると良いのですが、政治や企業の狭間で無理をしている・させているようでしたら、残念ですし、もっと労ってあげたいと考えます。
来年・文化の日は土曜、ですから、去年~今年含め3年間は、田中さんのデスク勤務との兼ね合わせは大丈夫かと存じますが、「RC航空ページェント」との同一日程、は新たな悩み発生、ですね・・・

投稿者 ちなみん : 2011年11月 6日 12:09

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー