2011年05月17日

静岡ホビーショー(その2)

%A5%DB%A5%D3%A1%BC7.jpg

ホビーショーに出展したダグラスDC-7Cは
ご覧のように分解することが出来ます。

この状態で会場まで運んで、会場で組み立てました。

ローデンのキットは、細部のディテールはともかく
全体のアウトラインはうまくまとまっています。

主翼と胴体の合わせ目に多少の隙間が生じるので、
この部分をプラ板で埋めています。

こうすることによって、接着剤で固定しなくてもしっかりと
主翼を胴体にはめることが出来ます。
水平尾翼はそのままでしっかりと固定できました。

問題はプロペラですが、前にもお話したようにブレードが
1枚1枚別パーツになっていて、これをスピナーに接着
しなければなりません。

正確な4枚プロペラを再現するためにボール紙に十字を
描き中心部にピンで穴を開けてプロペラシャフトを刺し込み、
ゲージに合わせてブレードを接着させました。

このキットにはプロペラシャフトのパーツが付いていないので
1ミリの真ちゅう棒を短く切って利用しています。

%A5%DB%A5%D3%A1%BC8.jpg

運搬にはホームセンターで購入した透明なポリBOXを利用
しています。
フタにとってを取り付けて持ち運びし易いようにしました。

収納はご覧のように底に敷いたラバークッションに乗せ、
動かないように爪楊枝を差し込んで固定しています。
これだと取出しが簡単ですぐセッティング出来ます。

会員の車で運んでもらったのですが、途中トラブルもなく
完璧でした!

%A5%DB%A5%D3%A1%BC13.jpg

会場で組み立てが完了したローデンのDC-7Cです。

%A5%DB%A5%D3%A1%BC14.jpg

こちらは去年製作済みのレベルのDC-7Cです。
このキットは組み立て式にはせずに主翼も尾翼も接着剤で
固定してあります。

子供の頃、ブリキで出来たプロペラ旅客機の玩具で遊んだ
こともあり、4発のプロペラ旅客機にたまらなくノスタルジーを
感じます。

映画「オールウェイズ2」に一瞬登場する日本航空の
ダグラスDC-6Bに感動するのもそんな幼い頃の経験が
あったからだと思います。
多分、あの映画の監督も同じ思いだったのではないでしょうか。

次は、ロッキード・コンステレーションでも作りますか・・・・・・

| 13:18 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
そうですね、展示会場までの運搬、が最大の課題、でもありますね・・・
自分、完成キットのまま搬入、と考えていましたが、1枚目のお写真のように、現場で再度・最終組み立て、の方が確実・リスク軽減が出来ますね!!
最後2枚の美しい光沢も、搬入に神経を使い・心配りをした結果、ですね。

投稿者 ちなみん : 2011年5月17日 14:16

ちなみんさん、ありがとうございます。
完成したプラモデルの運搬はモデラーたちの悩みの種、
皆さんそれぞれに工夫を凝らして実に様々な運搬方法を考えてらっしゃいます。
これまで一人として同じ方法で運搬しているのをほとんど見たことがありません。
私の愛用しているケースはホームセンターで購入したポリBOXですが、最近、フタの部分を固定する止め具の
付いた新製品が登場しました。
これが付いていたらいいものをと最初から思っていたのですが、メーカーも当然思っていたのでしょう。
いま使用しているのはゴムバンドでフタを固定しています。
飛行機モデルは、胴体と主翼を取り外すことが出来れば随分とコンパクトになります。

投稿者 ホヅミ : 2011年5月22日 12:27

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー