2011年04月05日

展覧会

A221.jpg

知り合いのご夫妻の展覧会が京橋のギャラリーくぼたで昨日から行われています。

お邪魔してきました。
「赤」を中心にしたすごく色彩が鮮やかな絵で、
ここのところ何となく暗いものしか見ていないような感覚があったので
とても癒されました。
「裸婦と花たち」谷野徹也・甕子展は
4月4日(月)~10日まで12時から19時
中央区京橋2-7-11ギャラリーくぼたにて

A221%20%281%29.jpg

花の絵も鮮やかです。

A221%20%282%29.jpg

銀座近くへお出かけの際、ぜひお立ち寄りください。
目が癒されますよ!

| 13:31 | コメント(3) | カテゴリー:西原暢孝

コメント

西原さん、お疲れさまです。
京橋と言いますと、大阪にもありますが、日本橋勤務スタートした18年前、徒歩で直納に行った事が印象深く、去年も、ちょうど今の時期まで数回、徒歩で往復しました。
ちょうど今、昼食目前で目の充血を感じていましたが、赤の暖かみと情熱、そしてお花の美しさに癒されました・・・
青好きの自分にもうれしい、青い背景の絵画もありますね!!

投稿者 ちなみん : 2011年4月 5日 14:17

ん!
ニシハラさん [展覧会]に 行ってらっしたんですか。
(ん-・やはりこう 上・真ん中 下の それぞれの ぇ-・紹介
内の 絵を見ると ん-・当然やはり 母の絵手紙と違うな)
(当たり前か?) ちょいと以前・やってたもんで) 1人で
しかし イマは 休業中 です。 と、 コメント欄へは)
書き込んでは 置きました。) で、 西原さん 母は職業
として やっている 訳では・ないですよ。 │書・置)


(ん-・なんだろう 趣味として やっていたそう │書・置)
(で、 趣味としてやる前は 先生に教わって と │書・置)
ん-・絵手紙やっていたは良いが ん-・もう母は 何ヶ月
ぐらい やっては・いないんだろうか...
ん-・2年ぐらいであろうか・ん-!・・・ どれぐらいだ-!
実は ちょい以前に 実は母が パートとして 行っていた
羽田郵便局の 同僚の方が 実は 母の誘いで まず吉本の
宅へと ぇ-・習いに来ました。(書・置) で、 来た人数は
2人でした。(書・置)│ 母も 一生懸命に教えて いたの
を (ココの地点) ん-・よく覚えています。│ で、 ちな
みに 羽田郵便局 の方は さすがに 20年も・前・にやっ
ていたんで ぇ-・ことなんで さすがに 吉本の宅で 絵手
紙を やっていた 2人と で、 吉本の母と・吉本・は
郵便局の話 → 少なかったです いやでした。
(イマ 吉本 コメント中 → 羽田郵便局 懐かしいなぁ)
(と、 思い出しながら 書き込みをです しています。)
あぁ・失礼西原さん 吉本のことばっかで つい この展覧
会の 絵の写真を見て つい吉本・・・ すみません。
しかし・・・(この写っている ぇ-・絵ですか いや-・しかし
本当に 上手く 出来ています。 ウマイなぁ │少・微)
では返信宜しくです お待ちしております。 ではでは。
(書き込み読んで くださるだけでも 吉本 幸いですから
書・置) ではこれにて。) 今日の試聴開始時刻 → 9時
丁度から。

投稿者 吉本確認マシーン : 2011年4月 5日 15:12

芸術音痴?(変な日本語)なわたしにはよく理解できないんですが。

今のわたしの気分には強烈な色彩ですぅ~
裸婦像も・・・・色んな画家さんがよく描きますが
美しいんですかね。女性の裸が・・・

原色よりも濁った感じの淡い色がいいかなぁ。

投稿者 わたなべなおこ : 2011年4月 5日 22:22

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

カテゴリー