2010年11月28日

買える?1810万円

三菱のi-MIEVに始まって年末にカリフォルニア州限定で発売が開始される(実はハイブリッドだった)シボレーボルト、来週いよいよ発売開始の日産=リーフと
今年は市販電気自動車の大量生産が始まった一年として歴史に残るかもしれません。
そして、それらの嚆矢となった感のある「テスラ・ロードスター」
新聞等でカリフォルニアのベンチャー企業と紹介されることの多い
「テスラモーターズ」ですが、いち自動車メーカーとして青山に
ショールームをオープンしています。
日本でも注目のテスラロードスターはロータスエリーゼの車体にパナソニック製のリチウムイオン電池を載せたEV版のロータス・エリーゼと思われがちですが、実は大間違い。実際の車体製造は確かにロータス社が請け負っていますが、ノーズもWBもより長く、ハイトは逆に低い!デザインもサイズもエリーゼとは別物!

R1135099
おまけに材質も全てカーボン(CFRP)製と、桁違いのコストが掛かっています。推定で500万円相当のR1135092バッテリーは450kg/
電池代を含めて一千万円でも足りないこのクルマの購買層を惹き付けるにはポルシェターボも凌ぐ圧倒的な加速性能が必要不可欠とか.確かにスペックを見ても遜色のない数字が並びます.負けているとすればラゲッジスペースが限られている、くらいのもの。ゴルフバッグはおろかせっかく
R1135097成田までキャビンアテンダントを迎えに行ってもキャリーバッグを載せて帰って来るスペースすら見当たらないほどで、使い道もユーザーそれなりに限られそうなクルマですが1tちょっとの車重と394kmの航続距離は何より魅力的。都内の足代わりに使うには過不足無いサイズ、性能ですし週末の伊豆/軽井沢往復くらいなら難なくこなせそうです。メーカーは利益が出ないと主張するし.2011年でロータスとの提携は終了と伝えられており、生産がどうなるかは不安.買う(気がある)なら今のうちでしょうか?

青山への出店で注目度も高いらしくR1135087普及版の開発をいち早く望みたいところ。上海よりも東京を拠点に選んだところはさすが!環境意識の高い日本の顧客があればこそ・・・です

2012年デビュー予定の4ドアボディ「S」も自社デザインのフル・オリジナルで価格が4万ドル台というのだからちょっとした脅威です。こうなると「ベンチャー企業」の肩書きも書き換えざるを得なくなるかも?フェラーリ、BMWといった企業を規模で上回る日も意外に近いか??何しろこのメーカーにはバックオーダーこそあれ、売れ残り在庫車がありません!!!

ここでちょっと心配なのは所謂三大メーカーや石油業界の出方で
(クライスラーを大メーカーの仲間に入れるのは躊躇しますが)
アメリカではしばしばこうしたベンチャー企業や画期的な新製品
に対して冷たい仕打ちを浴びせた前歴がありました。映画にもなった
「タッカー・トーピード」は空冷エンジンをリアに積み斬新なスタイルと
抜きん出た性能で大ヒット間違いなしと目されていましたが、大手企業の
ロビイスト達が頑張ったお蔭で、創業者は詐欺師扱いされ、訴訟の末に量産計画はご破算になりました。

同じような経緯を大メーカーのGMも味わっているのは皮肉な結果、
同じく空冷、リアエンジンの意欲作、シボレーコルベアが、
消費者運動の最右翼、ラルフネーダー弁護士の格好の餌食に
なってしまいます。さらにGMは10年ほど前に開発した電気自動車=GM・EV1でも
同じようにどこかからの圧力を受けて、全車スクラップに、という憂き目を見ています。

テスラモーターが成功を収めた暁には燃料関連業界も
既存の自動車メーカーも安穏とはしていられません。
とりわけ、ガソリンを売って糧にする企業にとっては
飯の食い上げにもつながりかねない一大事。

小さな企業のエコを育てる為には大きな企業のエゴが邪魔・・・・・・
電気自動車普及のためにはこうした「ライバル」たちの
魔の手から如何に守ってあげるかと言うのも、不可欠な要素かもしれません。

| 19:42 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

「電車が買えたら」は、中学生頃迄真剣に考えました。
「急ぎの際、電車を自由に駆り出し、フレキシブルに動かせたら・・・」は、今も少なからず思う場面はあります。
「エコ」と「エゴ」のせめぎ合い・・・
考えもしませんでしたが、このような側面・要因もあるのですね。

投稿者 ちなみん : 2010年11月29日 17:08

電気自動車が1800万ですか、プリウスやインサイトが何台買える?(←貧乏人の考える事だこりゃ)
ちょい鉄道ネタ。
A JR東日本は常磐線向けの新型特急車E657系を導入すると発表しました。(以前に一瞬、三菱が形式名をサイトで載せていたのでやっぱりな感じです)
10連16本を再来春より順次導入し、651系を全て置き換えます。
E657系の運用区間は 上野 - いわき 間です。愛称名は485系時代の 「ひたち」 に戻るのか?
E653系は いわき - 仙台 間にて新愛称名で走る予定ともありました。(同車は415系 ・ E501系に続き、上野口より撤退です)
今回置き換えとなる651系と常磐線は日本の鉄道在来線130キロ運転の先駆けとなりました。(車両はJR九州の783系が先に登場、鹿児島線での本運用は翌年より)
後に全国に拡大し、青函トンネル内140キロ ・ 北越急行と成田スカイアクセスの160キロ運転と速度アップしました。
小人は後何回かは651系に乗りたいですね。勿論グリーン車です(貯金してですが・・・)


B 6月に引退した京急1000形は今も事業用で2両以上在籍し、本線でクト2を牽引しています。
運良ければ走行シーン見られるかも。(神奈川新町、金沢文庫 - 京急久里浜 間 にて運転)
デト全6両のデジタル制御化改造により暫くは在籍のようです、クト2がデジタル制御改造した時に用途終了で廃車か?いや、ことでんに売却が妥当?

投稿者 小人部隊一号 : 2010年12月 8日 01:32

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー