2010年07月31日

相模原につづきつくばのJAXAを見学した。

日本が打ち上げた大型宇宙輸送機、「こうのとり」
無事ISSに到着
、ドッキングを完了しました。はやぶさほど遠くへ行った訳でも,に本陣宇宙飛行士を乗せている訳でもありませんが,ある意味スペースシャトルを凌ぐ大きなプロジェクトです。
・その一,シャトルより太い
スペースシャトルの貨物室に収まらない寸法のモノは今まで宇宙に運ぶ手段がありませんでした.jaxaのきぼうもハッブル宇宙望遠鏡もシャトルの貨物室にあわせて設計せざるを得ません。HTVの直径は,シャトルの貨物室を凌ぐ大きさ,今まで運べなかった,より大型のモジュールを運べる様になるばかりでなく,実はこの輸送船、与圧室を備えることも出来,人間や動物を生きたまま宇宙に送ることさえ出来るのです。コッソリ誰かが潜り込んで宇宙に行っちゃったとしても不思議ではありません。問題はどうやってたい危険再突入~地上への軌間を果たすか,ということで,こちらはまだ研究途上、はやぶさ程度のカプセルなら実績があるので,時間の問題でしょう。
相模原につづきつくばのJAXAを見学した。

展示館に足を運ぶときぼうの実物大モックアップには
R1115663
実際に足を踏み入れて広さを体感出来る

野口宇宙飛行士の解説もご覧下さい
他に
R1115666

気象衛星ひまわり
R1115691なども展示されている。

| 22:38 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー