2010年06月13日

はやぶさ違い!?

100612_1611~03%5B2%5D.jpg

きのうプラモクラブ「ろうがんず」の例会が開かれました。

会の目的は、石坂会長が館長をされている
横浜の「人形の家」で9月下旬から1ヶ月間
開催されるイベントの出展プランを練ることです。

今回ろうがんずが挑戦するのは、フィギュアによる
夢のプラモデル工房のジオラマ製作です。

会員それぞれが自分自身のフィギュアを製作し、
模型作りに勤しんでいるところをジオラマ化して
プラモデル作りの楽しさをアピールしようというもの
です。

とは言え、これまで飛行機と船以外作ったことがなく、
ましてや自分のフィギュアなど作ろうとも思わなかった
ので、いささか不安ではありますが、同じような不安を
抱えている会員は他にもいて、この日はプロの会員に
フィギュア作りの極意を伝授していただこうとなったわけ
です。

それにしてもさすがにプロ、持参した外国製の粘土から
金属製のヘラ1本で見事なフィギュアを生み出して
いきます。

完成見本の美少女のキャラクターを360度の角度から
眺めながら、どうしたらこのような見事な作品が生み
出せるのかただただ驚愕するばかりで、益々、自信が
なくなってきました。

短時間でこの技術の習得は無理と判断した私は、
数十年前に発売されたタミヤの12分の1のF1ピット
クルーのフィギュアから改造する道を選びました。
これならどうにかなりそうです。

ところで、サッカーのワールドカップも開幕し、いっきに
盛り上がりを見せていますが、今夜、試合が始まる頃、
もう一つ一大イベントが実現します。
そう、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還です。

日本時間の今夜10時51分、大気圏に突入し、内蔵
カプセルを放出して燃え尽きる予定です。

プロジェクトの成功を祈るばかりですが、この「はやぶさ」
にまつわる余談を一つ。

きのうの「ろうがんず」の例会で会員の一人が近くの
プラモ店に「はやぶさ」のプラモデルの在庫を確認しました。
今、はやぶさのキットは大人気のようです。

ところが、店のご主人は「一型ですか、それとも二型ですか?」
と答えたそうです。

「はやぶさ」と言えば、我々の年代は旧日本陸軍の一式
戦闘機「隼」のほうがぴんときます。

店のご主人も古い世代の方だったんでしょう。
ハセガワ48分の1の「隼」の事だと思ったに違いありません。

「隼」も傑作戦闘機でしたが、「はやぶさ」も見事な活躍を
示してくれました。
カプセルが無事に回収されることをただただ祈りたいと
思います。

| 10:17 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます!!
自分も、自身のフィギュアだけは、ご勘弁願いたいです・・・
石原会長、ちょうど1週間後、お誕生日ですね!!(60代最後の年ですね・・・自分、会長と同じ干支です)
「はやぶさ」、明日の天谷さんのニュースでも結果が判りますね!!
自分は、「はやぶさ」と言いますと、やはりブルートレインですね!!

投稿者 ちなみん : 2010年6月13日 10:34

ちなみんさん、ありがとうございます。
私の12分の1のフィギュアは13.75センチになります。
タミヤのフィギュアは14センチほどありますので、3ミリほど足の付け根か膝の部分をカットしなければなりません。これもめんどうなのでいっその事、片膝をついて
腰を屈めた姿勢にでもしようかと思っています。
いずれにしてもリアリティを出すのは相当難しいと思います。

投稿者 ホヅミ : 2010年6月14日 12:39

ちなみんさん、やはり寝台列車でしたか。(笑)
小人は同じ列車でも東北新幹線です。E5系の顔付きはやや不に落ちですが。
実際にはその名の通り、鳥が先に思いつきます。
戦闘機に列車に衛星、「はやぶさ」の速い(かっこいい)イメージは過去・現在・未来、変わりませんね。日本人には馴染み深い鳥とも言えます。
「つばめ」・「かもめ」もお忘れなく。
今回の「はやぶさ」はギネスに申請しましたね、トラブルを抱えながらも7年も飛び続けた事は宇宙業界?の金字塔です。
後はカプセル内のイトカワの「砂」ですね。

投稿者 小人部隊一号 : 2010年6月15日 22:48

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー