2010年02月28日

ホンダ新世紀スポーツへ

モーターショーで公開され散々じらされた感のある”CB1100”
R1084911
2軸のカムと刻まれたフィンの美しさ!
タンク後半より後ろはスリムにまとめられておりR1084935軽快感さえ感じさせます
車重240kg以上ある様にはとても見えないマジックです
気がつけば空冷リッターバイクは稀少な存在。
ナナハンが生産中止となった後、07年に出品された時には実際に750ベースのエンジンでした
が、今回は1300ベース。三角のサイドカバーにも近似性が感じられます。
で、このエンジンのユニークなところはシリンダー間でバルブタイミングを
微妙に変えているところ。回転数感応型ではなく、シリンダー別に
カムプロフィールが違うんです。こんなところにもホンダらしさが
感じられますね。新世紀のCB、ロングセラーとなってくれるでしょうか

21世紀に入り,ホンダがはじめて送り出すスポーツコンパクトR1084921
「かっこ悪くなったらやめるからね!」byホンダ

プラグインハイブリッドの実用化でますます電池への依存度を高めるトヨタに対抗して
ホンダは車を操る楽しさと軽量化を重視したスポーツタイプへと
明らかに異なる方向を目指しているように見えます。

レクサスに名義変更された旧ソアラが今年中にいなくなってしまうと
トヨタブランドとしては1965年以来となる、スポーツカー不在の
メーカーに成り下がってしまうことに・・・・プリウスにはマネの出来ないマニュアルミッション搭載
R1084914


2ドアクーペボディと併せてクルマ離れして行ったオトナ達への訴求効果は
きっと大きいに違いない!覆われ尽くした空間は70年代風
R1084917R1084918
この角度からルーフを見下ろすのは久しぶり!
ふた昔前のCR-Xの面影がだぶります
R1084926
R1084934.jpg
CR-Zの鮮烈なデビュー(ーXの復活?)を果たしたホンダには
スポーツマインドが温存されていたんだ!と,小躍りしたくなる
気持ちですね。こんなところが企業として熱く支持される
ファクターなのかも。エコエコで振り回されるばかりだったホンダがようやくスポーツマインドを取り戻した
大衆スポーツコンパクトのカテゴリーにはS2000以来10年ぶりの新規投入。

アイルトンセナの事故死以後,少しずつ陰りを見せ始めた大衆スポーツカー市場
レビン・トレノ、シルビア、セリカ、スープラ、インテグラと相次いで人気ブランドが
姿を消して行った。先月まではこのカテゴリーにはロードスターとコペンだけしか
選べないという厳しい冬の時代にありました。トヨタからはMR-Sが消え
日産はZやGTーRの重量級スポーツだけに力を注ぐ方向に。
あ、杉江さんお誕生日だ・・・・・・・

| 23:08 | コメント(12) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

さすがホンダ!っと言った佇まい。
歴代の「THE CB」のエッセンスが巧みに落とし込まれていますね。
何よりこのご時世に空冷のリッタースポーツを市販する気概には敬意を払いたいと思います。
CR-Zもディーラー試乗車が街中を走っているのを見かけましたが、
なかなかカッコイイですね。エコとスポーツの両立がユーザーにどう評価されるのか楽しみです。

投稿者 KAWAノリ : 2010年3月 1日 00:45

吉田さん、おはようございます!!
はい、昨日は杉江さんのお誕生日でしたね!!
自分は、今日を待っていました・・・(秘策は2つ打ちましたが・・・)
3年前の吉田さんのプレゼント、インパクトありましたものね!!

CB1100・CR-Z、どちらもスタイリッシュな外見に惹かれます!!
やはり、形から入る傾向は否めないようです・・・(笑)

投稿者 ちなみん : 2010年3月 1日 08:02

やはりHONDAにはただ車を造って売るだけの企業にはなって欲しくないですよね~。
何とかモータースポーツFUNのために、頑張って欲しいです。
あ、もう3月かぁ…もうすぐ季節がやってきますね♪それにしても1年が早い…しほちゃま1歳の誕生日まで2ヶ月ないもんなぁ。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2010年3月 1日 09:55

空冷CBにしろ,CRーZにしろ久々に
眺めているだけで飽きないクルマの復活
こういう商品久しくありませんでしたね。
CBの新たな定番になりそうな予感が・・・
タンクの微妙なデザインは前と後ろでがらりと
印象の違う複雑なもので,デザイナーの苦労が
伺えます。CRーZはフロント、リア共に
意外とコンサバにまとまっており,冒険を
避けたかの様な形に見えます。にしても
食いつき4500台のオーダーというのは
決して多い数とは云えません。ライバルも
売れ行きには注目している筈。正直もっと
売れてくれないと・・・・・
コペンが登場から8年も経っていることに
改めて自分でもビックリ。今では燃費で
一~二を争うトップメーカー達ですが
運転の楽しさも,早く取り戻してほしいと
思います。トヨタからはFT86(参考出品)
も控えているだろうし・・・・しほちゃまも
胎内生活より肺呼吸の時間の方が長く
なって来ましたしね。視神経の発達の為にも
美意識を植え付ける為にも,美しいクルマを
沢山見せてあげるといい子に育つことでしょう!

投稿者 吉田雅彦 : 2010年3月 1日 22:31

吉田さん
マニュアル出ましたねー

とりあえずCR-Zのマニュアルのレンタカーで借りたいです(笑)


ホンダ車はCR-○○とかRが付くのが多いのは気のせい?(笑)


最近乗っていないマニュアルなので新車のためしに乗りたいです。

投稿者 ピー : 2010年3月 2日 11:37

CRはホンダの場合シビックルネッサンスを
略しており、-Xは四人乗りスポーツ、
ーVはオフロードタイプのSUVでした。
気のせいではなく、あと23種類は出てくる可能性も
あります。
レンタカー、引っ張りだこでしょう~
早めに予約入れておこう!

投稿者 吉田雅彦 : 2010年3月 2日 13:41

(ん! 赤い車・・・フェラーリみたいだなぁ この車) フェラーリとはぁ ついでにF1の車体 色をまんまで 見てしまった・・・リアクション というコメント│ (んー 解説は無論・・・本田の方ですね。 失礼。) やはりぃ 吉本が思うにぃ ボディーは決して悪くはなぃ 好めそうな車体 がしかしぃ やはり吉本はっ・・・ワゴンかな~ と思います。 一方もう一つぅ (好む方は別でぇ) 本田と言えば~ CMでもおなじみ それよかぁ 企業の方もですょね~ 比較してみればぁ どんどん新車も出るはぁ (当然ですがね~) 日々進化し 続け~・・・勿論。 これからもでもぉ 新車・・・出て欲しいですねぇ, 決して 少ない訳 ではないですがねぇ でもやっぱり ワゴンは少ない・・・乗車は。 そして肝心のぉ ぉ- 本田の新車 出たらしいですねぇ 吉田さん。 「CR - z」 で正当だったでしょうかぁ・・・ たった今 ホ-ンっトたった今なんですが-ぁ ヤフーのトップでぇ 実はぁ 本田の新車がです。 真ん中右で画像がです。 出ましたけどもぉ・・・ (ぅわーぁ ヤフーに戻した後 また出てきたょ っあ失礼) 白のお次は赤かぁ・・・ 「ハイブレッドカ~、 (今度は~) インサイトをおぉ 一台 プレゼント」とぉ なっていましたが-ぁ あのー 吉田さん ハイブレットカ~ インサイト~ ぇー そして吉田さん紹介のおぉ この 赤い車・・・似てます。 一緒の様にも~・・・ 車体に関してはぁ・・・ 前方も前方 窓も凄い・・・斜め っあココで現在 本田の サイトと横並行 状でしてぇ 見ながらのコメント でもあります。 上記プレゼントのぉ 上にはなんと~ 「インサイトォ プレゼントキャンぺーン 春」 でした。 年の為・・・書いときます。 (でも車 出過ぎ?・・・とゆうかぁ 造り過ぎ?・・・でもいた仕方ない その様にも~) 以上。
(っあ にゃんこさん情報がぁ・・・にゃんこさん 失礼。 これは-ぁ 拝見後のコメントです こちら →) しほちゃま~ かな~・・・にゃんこさんもそうですがぁ しほちゃん 情報ですかぁ ぇー吉本 拝見させてもらいましたです。 すみません。 1歳の誕生日までぇ 2ヶ月 ないとぉ 見ましたが~ もう1歳なんですね。 (今度は4度目 かな?) 1歳情報有りましたらぁ 是非吉本もです。 この ニュースルームの 紹介または お知らせ情報・・・写真または記事 もかな? 宜しくです お待ちしております。 ご一報でも構わないのでえぇ ぇー 教えてくださぃ ではでは・・・ 吉田さんも勿論 返信の程 宜しくです お待ちしております。 ではでは・・・

投稿者 吉本確認マシーン : 2010年3月 2日 19:28

〉吉本確認マシーンさん
こんにちは!
しほちゃまは現在10ヶ月でございます。
こんにちはやチュ~が出来るようになり、たまに私の顔を見て「ママ」と言います。まだハッキリ言葉の意味が分かるわけではないと思いますが(笑)
4月から保育園に入るので、ますます色々覚えるのでしょうね(笑)
今年はF1観戦(TVですが…)デビューをさせたいと思います(^^)v

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2010年3月 3日 16:18

五月の中ごろも過ぎた最近では、CBもちょこちょこ街中で見掛ける様になって来ましたね。
ホンダの発表では、年間販売計画の三分の二を受注したとの発表もあり、
「お寒い」自動二輪業界には久しぶりに明るい話題でしょう。
個人的にも非常に関心のある車両なので、ついつい雑誌などでチェックしてしまうのですが、
色々読んで感じる事は、「ホンダは、ホンダの流儀でゼファーを造った」という事。
それが良いか悪いかはそれぞれでしょうし、
「そうだから」といってCBの魅力がくすむ訳でもありませんが、
ちょっと「なんだかなぁ~」って感じもあったりします。
とは言え、差し当たりはこの車がバンバン売れてくれて、
業界全体が盛り返してくれると良いナァと、切に思います。

投稿者 KAWAノリ : 2010年5月15日 00:33

上には1300もあるし、1100はこれなりに味付けで
差別化しようと苦心してますね。ホンダ・ゼファー
で収まっていないところが社風のなせる業か?

ホンダがこの車で求めているものはたぶん
普遍的な価値、だと思います。いつまでも変わらない
バリュー、ずばりライバルはSR400だと思うんですが!!
http://am6.jp/d9sbWd
ブログなどでもちらほらレポートが挙がって
きましたね。バイクやさんなどで見かけるたび
次の愛車の候補にいいんじゃないか、とも思うの
ですが、いかんせん200kgをはるかに超える
車重をねじ伏せるだけの体力はもうありません。
K100を立ちゴけさせ何度痛い目に遭わせたか
とりあえず、今月末で四気筒はお休みにしようと
思っています。だから1100もなし。とはいえ
110には強く惹かれるものがあります。街中で
結構リードEXを見かけるんですよね。カブ110も
捨てがたいんですが、やはり収容能力の大きさは
圧倒的。デザインも良くも悪くもなく、性能も
可不可なし。足としては悪くない選択です。
これならストレスなしにガンガン走れそうな気も
します。昔ロードパルで箱根越えちゃった奴
ですから、ワタシは。

まだ最終決定には至っていませんが、ひょっとしたら
・・・・・・・・・・・(販売台数一台アップ?)
いや、まさか?     ねぇ

投稿者 吉田雅彦 : 2010年5月15日 05:28

オートバイとの付き合い方と言う事でしょうねぇ…
「相棒」としてなのか、「ツール」としてなのか…
どちらも手に出来れば世話は無いんですけどネェ…
リードはホント最近よく見かけるようになってきましたね。
それだけ都内での使い勝手が良いと言う事が伺えます。
…でもなぁ…
意図的に点火タイミングをずらした空冷エンジンは、1100もあるのにオーバーヒートやオーバークール対策も万全という事ですし、
140/80-18なんて粋なリアタイヤを履かせてみたり、
メッキやアルミのバフのかけ方まで徹底的にこだわっている所だったり、
仰るとおり、CBが目指したのはSR(若しくはCUB?)なのかもしれませんね。
後は、コンストラクターやユーザー達から愛され続けられる様、楽しみに見守りたいです。
ところで、K100の後継者(車?)はお決まりになったのでしょうか?(笑)

投稿者 KAWAノリ : 2010年5月23日 01:04

正直な所 決め手に欠く争いですね
ツールとしてのリードは不満も無くデザインも
先代のオジさん臭さが抜けてよくなったし
敢えてカブの方を選ぶ理由を探せば
やはりクラッチ要らずの四速ミッション、でしょうか
ジョルカブみたいに,リードもMT車作ってくれたら
迷わずに済んだのに・・・・売れないでしょうけど!
Vベルトの船を漕ぐ様な加速感はどうにも好きになれず
はじめてスーパーカブに乗ったときギアを入れた際の
コクンという感触が忘れられないもので・・
プレスボディのカブは相棒としてきっと愛着の湧く存在に
なると確信していますが110の評判の良さといったら
・・・・え~い面倒だ!二台まとめて買ってやる~
というほどの度胸も置き場所もないのが今の悩みどころ
ですが,今年はクルマ二台の車検が相次ぎ,バイクまでも
となると・・・ウ~ン,来月になってもまだ悩んでいる
予感が~
1100はおそらくホンダ空冷最後の四発になるでしょうね。
5年やそこらじゃ,廃盤にはならないでしょう。その時点で
まだ色気が残っていたなら思い切っちゃいますか・・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2010年5月23日 19:14

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー