2009年11月02日

来年のシートは無い!

F1からの撤退を決めてしまった豊田家直系の新・社長は,実は国際A級ライセンスを保持し、ニュルブルリンク24時間にも出場した,レーシングドライバーとしての顔も持つP1020605.jpg
レースの現場の厳しさ,勝つことの難しさは人一倍身にしみている筈。優勝の美酒を目の前に志半ばで諦めざるを得なかった心境は察してあまりあるものがある.が,経営者のトップとして社員の生活をまもるのも,また重責。300億円からの年間予算を,どう有効活用するか.いまはF1じゃない,という当然の決済はムリも無い・・・・・・東洋の大メーカーといえども、欧米では一部でテールエンダーの一角として屈辱的な扱いに甘んじているのもまた、事実なのだから
IMGP4901.jpg

Imgp4869
ヤマハブースには豊田(現)社長自らレースに参加したニュル仕様も!
(実際に出場、走行した社長のマシン)コクピット周りはカーボンケプラー、ヤマハはサウンドの調律までも担当R1074191

アブダビGPで6位入賞のサプライズ可夢偉はIMGP4903.jpg
周知のとおり、可夢偉TOYOTAの実現はなりませんでした・・・・・

来年?

| 00:14 | コメント(43) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、おはようございます!!
フェラーリのリベンジ・・・楽しみです!!
リベンジと言えば、今年年男・6日後誕生日の後輩が使い、自分は、それが初耳でした・・・(早くも13年前)
一貴が一列目に・・・
1が1・・・一番好きな展開です!!
自分は、名前に「一」は付きませんが、数字では、1が一番好きです!!

投稿者 ちなみん : 2009年5月10日 06:25

吉田さ~ん、J・バトンですね~来てますね~

投稿者 ピー : 2009年5月10日 09:13

毎日バタバタで、F1は録画してますが結果チェックのみで、観れていません(泣)昨日やっとバーレーンの予選を観たところ(笑)
相変わらずブラウン&レッドブルは強いですね。
フェラーリもいよいよ!…でもライコネンが(泣)
あ~決勝の結果まだチェックしてないやぁ~。
となりではラブリィなしほちゃんがスヤスヤ…可愛い♪でも授乳後のゲップはオヤジくさくて、それもまた可愛い♪F1観れないストレスは大きいですが、しほちゃんに癒されもしています。
さぁ、次の授乳予定時間まで約2時間…寝なくては!以上、マタニティブルー中の(でもピーク時より若干浮上した)にゃんにゃんにゃんこ★でした。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年5月11日 02:49

結論から言うと、今回も局面に変化はなし
相変わらず『二強』のリードが続いています。
やはりここはトヨタにもうひとつ頑張って
局面を変えてほしいところ。
願いはこれしかありません。
トヨタF1、モナコで感動の初優勝!!

投稿者 吉田雅彦 : 2009年5月11日 07:42

TOYOTAの更なる飛躍には、どんなきっかけが必要なのか…。山科さんの悩み所はそこか?モナコの奇跡はあるのかぁ?
去年とはまったく違った展開。開幕前のF1速報の予想勢力図が大幅に外れてしまっていますね~。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年5月11日 13:06

トヨタの2人に足りないものと言えばズバリ優勝経験。
バリチェロ、バトンという苦労人に光があたっているのが
今年の特徴。例外なのがベッテルですね。モナコの女神は
どちらの味方でしょうか?マタニティーブルーには
レッドブルの車体をを拝んで奮起してくださいね!
ミルクの補給時間もしほちゃんには大切なピット作業ですしね。
補給と交換を制する者は王道を行く??

投稿者 吉田雅彦 : : 2009年5月12日 04:16

決勝だけ観ました♪息抜きですよぉ。
ブラウンの強さは安定…フェラーリのつまらないミスは相変わらず…。なんともったいないレースだったことか!おかげで私が贔屓しているアロンソ様の順位が1つ上がりましたけどねぇ。
ライコネンのリタイアも何ともはや。
TOYOTAは不運もありますが、波がはげしいですね。モナコまでにはあげられるのか!期待したいですね。
そうかぁ、しほちゃんの授乳はピット作業だと思えば楽しくなりそう♪素敵なコメントありがとうございますm(__)m

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年5月12日 12:41

にゃんにゃんにゃんこさんこんちわー。順々に、何年度と吉本確認も、・決勝は、見てましたよー。フェリペ・マッサは、やっとなんとか3ポイント・6位入賞。・・・しかし、(一昨年の、ワールドチャンピオン)あの、キミ・ライコネンは、どうしちゃったのでしょうねー。確か、ガソリン不足だったんでしたね。あぁー、フェラーリファンとしては、ちょっと、最悪。「フェラーリは、ミハエル・シューマッハ&エディ・アーバインの時が、一番、輝いていたはず。」あの頃のフェラーリ時代にならないのか。過去には、ミカ・サロも在籍をしていたはず。ミカ・サロといえば、珍しい事に、島田紳助の司会で、(火曜)TBS番組・「クイズ・世界・バリバリバリュー」にて、出題(問題の)映像がながれていましたよ。さぁ、気を引き締め、気持ちの入れ替えをし、次節は、モナコ〔ホーム・サーキット〕ですね。頑張ってポイント稼ぎをし、それを、拝見したい所。ついでに完全完走も・・・。

投稿者 吉本確認マシーン : 2009年5月12日 17:16

F1ネタではありませんがフェラーリネタ。(今回は早々と爆睡につき、テレビ観れませんでした。)
吉田さんは既に御存知とは思いますが、先日「カリフォルニア」が正式発表しましたね。(小人も以前より名前は知ってましたが)
二千万以上する値段なのに受注殺到?!→納車まで一年半掛かるとか。こんなお高い買い物出来る人達がいるのに世界的不景気って何!?
暫く御無沙汰な吉本確認マシーンはチェックしたかな?マシーンだけに?(←だじゃれ寒っ!・爆)
吉田さんへ。
アムトラック記事にコメント追加したので、見て下さいよ~!?(出川風?)

投稿者 小人部隊一号 : 2009年5月12日 20:35

>吉本確認マシーンさん
こんにちは。
今年のフェラーリは本当にどうしてしまったのでしょうねぇ。と言っても過去にもなかなか勝てない年があったので、その波が来たのかななんて主人と話をしてましたが…。
モナコでのフェラーリ復活なんてドラマに期待したいところですね。
あ、でもTOYOTAにもドラマが欲しい…アロンソ様にもそろそろ表彰台に乗って欲しいし悩むなぁ(笑)

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年5月12日 20:48

(続)、「1位・2位で、W入賞。」と、言うよりか、早めに、1位・2位でチェッカーが、出来る秘策を、何か、練った方が・・・。勿論の事、してはいるんでしょうけど。そして、なによりも、なるべく出来たら、トラブルは、さけてほしいもの。・・・しかし、いつ、何が、起こるか当然トラブルは、分からない。フェラーリ、ポイント入手だぜ。けんとう、祈る。以上。

投稿者 吉本確認マシーン : 2009年5月13日 00:28

今年の「フェラーリ」について、いくつかコメントがあったので僭越ながら自分も意見を述べさせてもらいます。やはりシューマッハがいなくなったのが大きいと思います、テスト走行なども彼は積極的にこなしていたと聞きます、スタッフも「ベネトン」時代からの人間がほとんどだと聞いています。「勝つ!!!」ということにとても貪欲だったんだと思います。そんな彼にくらべれば今の2人はなんていうか「フェラーリ」まかせスタッフまかせなのではないでしょうか、(すでにマッサはあきらめたようなコメント出してるし)技術的な問題もあると思うけど、たずさわる人間の”モチベーション”てやはり大きいと思います。ってここまで書き込んで思ったのですがマンセルやプロストの時代、もう少し前のラウダやヴィルヌーヴ、ピケの時代はもう少し肩の力が抜けていたような気がするけど・・・。
マシンもだけど人間も結構アナログだったような・・・
すいません思うままに書いていたらまとまりつかなくなってしまいました。いずれにしても今思うのは、「ホンダ」のままだったらいけていたのか!エンジンが違うから調子いいのか!・・・・きりがないな・・・。
「にゃんにゃんこ」さん子育て大変みたいですね、プレッシャーになってしまうかもしれないけどまだ始まったばかりですよ、ゆっくり、のんびり、おおきな心でがんばりましょう。
しかしずいぶん長くなったなぁ最後まで読んでくれた方貴重な時間費やしていただきすいません。

投稿者 じゅり餡 : 2009年5月13日 01:05

小人部隊一号さん/フェラーリ「カリフォルニア」は、これが
二代目にあたるモデルで,61年生まれの
初代250GT SWBカリフォルニア・スパイダーには
704万ユーロ=9.3556億円(12日現在)
の値段が付いたことも(2008、オークションで)
世界的な不況の時に限ってクルマが
投機的価値の対象としてみられることもあり
だからフェラーリも会社としては経営に
困らない訳で,エンジニアも切迫感に
乏しいのでしょうか?

投稿者 吉田雅彦 : 2009年5月13日 09:00

じゅり餡さん/シューマッハの記憶力のよさは定評があって、スタッフに
何周目のどこでどうだったから、ここをこうしてほしい、と
的確に指摘できた数少ないドライバーです。
マンセルやプロストの時代、は走りっぷりに
人柄が現れていて、アナログ的なレース展開を満喫できましたね
ウィリアムズあたりは確実にクルマをアップデートさせて
来ていますが、フェラーリのマシーン強化、
モナコでは、まだ望み薄のようです。
例年ならここでイモラ開催がある筈で
第二の地元に向けてフェラーリも力が入る
筈なんですが,こうまでブラウンに差を
つけられてしまっては今から奮起しても
今年中に追いつけるかどうか・・・・
ら、来年には撤退も?
ますますやる気なくすよね~
それよりブラウン、大口のスポンサー獲得は
いつになるやら、いっそHONDAのロゴを
載せられないかなあ?

投稿者 吉田雅彦 : 2009年5月13日 09:03

吉本確認マシーン さん/
ダウンフォース命のモナコ
パフォーマンス的に出遅れた感のあるトップチームが
挽回出来る余地は・・・・・・はっきり言って
ないんじゃないかなあ
秘策は・・・・ブラウン勢よりも二周分燃料を余計に積み
彼らがピットした直後に、豪雨を降らせる、
ペースカーの先導で誰にも邪魔されずトップでチェッカー。
奇跡的な勝利ですが実現の可能性がありません
・・・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2009年5月13日 09:05

にゃんにゃんにゃんこ★さん/
アロンソってなんとなくモナコの似合う雰囲気がします
優勝はアロンソが飾るとして、TOYOTA、フェラーリは
3位を争う展開か?二位はブラウンのどちらかが・・・・
予想しても当たらないのが今年のレースです。

投稿者 吉田雅彦 : 2009年5月13日 09:11

>じゅり餡さん
ありがとうございます!プレッシャーなんてとんでもない!励みになりますよ♪先は長いので、ゆっくり前進出来るように、深呼吸しながらやっていこうと思います。
F1も息抜きの1つで…(笑)
>吉田さん
確かに、アロンソ様はモナコが似合う感じがしますね!
昨年は戸丸さん主演映画をネタにモナコへ行こう!何て構想(妄想?)もしましたね♪もう、1年…早いです。我が家では、しほちゃんの可愛さに「スカウトされたらどうしよう」と今から心配してます。
まさに親ばか(笑)やっぱり宝くじ当てて、家族でモナコかなぁ…(これも妄想)

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年5月13日 10:21

先日、フェラーリがF1撤退をほのめかす正式発表がありました、F1自体の改善が見られないようなら今季一杯で参戦辞めるとの事です。(その前にも主催者側に対してかなりな不満を漏らしていたようですが)
やはりマシーン不調が原因か?フェラーリには急速なデジタル化は追い付けないのか?アナログ主体・かつ定評だった事もありますが。
先程のコメントにあったように切迫感に乏しい、小人的に述べると「危機感まるで無し」でしょうね、順応に・柔軟に・対応出来ない結果ともとれる→結果、撤退の言葉が出てきたと推測します。
旧ホンダ(ブラウンGP)やトヨタなどは柔軟かつ順応に対応出来た事が今季躍進の要因ではないでしょうか。
日本だって危機感0(ゼロ)じゃないぞ!なところを見せつけてますね。あっぱれです!
他のチームもそうですが、特にフェラーリには見習って戴きたいですね。→そうしたら、無敵チームになるやもしれません。絶対負けへんで!!な精神(プライド)を持って欲しい。→現実はその欠片さえも無く、非常に残念です。
ファン達はそんなフェラーリにはがっかり→応援・支持しないぞ!いい加減に目を覚ませ!
小人的主張でした。

投稿者 小人部隊一号 : 2009年5月13日 12:43

カンヌ映画祭もまもなく、ですね
あまりの可愛さにモナコの富豪に魅入られたしほちゃんを
何とか取り返そうと、フランス語猛勉強中のマドモワゼル、トマル
ロトシックスを見事当選させて、一路モナコへ・・・・って
この辺でやめとこうかな
フェラーリがF1撤退
まあ、いつもの駆け引きでしょう。
本気でフェラーリが手を引いたらFIAとしても
痛手が大きく、とてももちません。
阪神無しにセリーグが存続出来ないのと似ています。
フェラーリを勝たせるにはフランス人ドライバー
を乗せるのが手っ取り早い方法です。
かつてはプロスト先生を擁したフェラーリチーム
12気筒の重たいエンジンのために
途中で燃料補給してもいいことにしちゃいましょう
と、ルールを変えたのもほかならぬフランスびいきのFIA
この団体はフランスのためになら
どんなルール変更を行使してでも、
愛国者を救ってくれます
さ~てと、今有望なフランス人ドライバーといえば
・・・・・・・・・・

投稿者 吉田雅彦 : : 2009年5月13日 16:59

吉田(雅彦)さん/ 始めまして、どうも々、こんちわ。挽回出来る余地は、やはり今年は、本当に、ゼロっぽいようですね・・・。と、いうのは、思い出したのが、ただ、二つ。それは、そして、エンジン状態。そして、ガソリン替え。何だか不足ばかり(笑)。・・・今年の、エンジン(フェラーリ)変化、なにか、ちがいますよね。・・・今年の優勝は、まだまだ分かりませんが、優勝は、トヨタか・レッドブルでしょうか?。・・・何故か、調子がいい。・・・トヨタには、バトン&(元フェラーリ一時所属の、バリチェロがいたはず。)・・・う~ん、ミハエル・シューマッハの&ジェイソン・バトンの。と、いうのもあれですが、フェラーリ在籍だった優勝数の頃と、現在、トヨタとしてのかつやくぶり。これは、比較すると、現・トヨタの方が、向上心ドライブでしょうか。すごいかも知れませんね。・・・今後、何かが、革命か?コメントの程、お待ちしております。以上。

投稿者 吉本確認マシーン : 2009年5月13日 18:32

吉本確認マシーン さん/ご愛読ありがとうございます
フェラーリ挽回の可能性、決してゼロではありませんのでご安心を。91年シーズン、アイルトンセナのHONDA・マクラーレンが開幕戦から連勝を重ねた年、夏場の数戦を制してHONDAを苦しめたのはほかならぬフェラーリでした。なぜって、九月にはイタリアグランプリが控えているからですよ。ここで負けるようなことがあったら地元ファンが許してくれませんからね。大阪だったら道頓堀に投げ込まれますよ。きっと、
で、今年の車体の開発ですが、エンジン、燃料周りよりも、空力パッケージ、タイヤグリップに苦心しているようですね。特にリアのグリップ不足はバランス調整とドライブ・テクニックでカバーしなければならず、ベテラン勢に優位とされる一因でもあります。ハイテク頼みだった若造たちに比べて、足先の微妙なテクニックを駆使できるオジサンたちが、優勝を争える図式というのはまさにプロスト、マンセルの時代のもの。これも今年のF1が面白いといえる根拠のひとつです。さあ、夏に向かってフェラーリ勢の頑張りに期待しましよう!
フェラーリはf1をあきらめない。同様にF1(FIA)も
フェラーリ無しにはありえない
です

投稿者 吉田雅彦 : 2009年5月14日 16:29

(続)、吉田(雅彦)さん/こちらこそ、どうもです。すっかり、今や、(フェラーリ)スタッフの、一員ですが、さて、ここで、シューマッハ兄貴時代と現ジェイソン・バトン。そして、一時のフェラーリ時代と現・トヨタでは?。・・・ルーベンス・バリチェロの2ndドライバーの、活躍振りは?軍配は、いかに。つまり、過去と現在の、バリチェロ振りですが・・・。ちなみに、フェラーリに、在籍していた頃よりも、トヨタの方が、腕は、上昇でしょうか?。どうでしょう。・・・又、コメントの程、宜しくです。以上。

投稿者 吉本確認マシーン : 2009年5月15日 00:26

「フェラーリに、在籍していた頃よりも、トヨタの方が、腕は、上昇でしょうか?」
とありますが、バリチェロがTOYOTAに在籍した記録はありません。ジェイソン・バトンは、はっきり言って今まで勝てる見込みのあるパッケージと巡り会っていないので1stでも2ndでも大差ないと思いますが

投稿者 吉田雅彦 : : 2009年5月15日 01:39

欧米の人達はよくえこ贔屓しますよね。スポーツ・文化関係など関係なく、たとえ自国のチームや選手が不利でも有利にさせてしまう事もよくあり、特に判定事に見られます。
小人は「この判定、明らかにおかしいだろ!」と感じる時があります。
平等に判定しないんですかねぇ~?不平等なえこ贔屓も問題です。これがアジアと欧米のぶ厚い壁といえましょう。
FIAのフランス贔屓はまた別問題です、同じ欧州にある各チームが不満を漏らしている事。
どのジャンルを始め、スキー・スノボー競技も大陸基準、不平等甚だしい。アジア諸国は未だに見下されているとしか感じざるを得ません。こんな不平等に負けるなアジア諸国!
暑くなり、すみません。

投稿者 小人部隊一号 : 2009年5月15日 02:24

スキージャンプのルール変更を見ても
同じ事が言えますよね。日本人が
アルベールビル、リレハンメルと
2大会連続で金メダルを獲得すると、
板の長さを変えちゃうし・・・・
所詮彼らの目には,肌の黄色い
卑しい人種に自分たちの栄誉を
奪われてたまるモノか、の精神
なんですかね
贔屓もエコなんだろうな,先進国は・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2009年5月15日 02:34

いくらルール変更しても対応する・いや、出来てしまう・いやいや、しつこく喰らい付くアジアの人達や日本人の執念は凄い!だからって負い越されるのを恐れて欧米各国はすぐに身勝手自分達優位になるようにルール変更をする、往生際悪すぎだぞ!素直に負けを認めんかいっ!(怒)
これもある意味イタチごっこですね、欧米諸国のズルな勝ち逃げはさせませんよ~!→それだけアジア各国(人達)のレベルが上がった証拠ですね。♪追い付け追い越せ~・・・!♪(←走れ〇ータローですか?!)

投稿者 小人部隊一号 : 2009年5月15日 17:06

吉田(雅彦)さん/チーム所属名の事は、訂正です。失礼・失礼。いまいちど、質問の程、宜しくです。フェラーリ在籍時代と、ホンダ在籍時代 対 現ブラウン・チームでいうと、つまり、過去 対 現在のルーベンス・バリチェロ。どちらの、腕が、上昇か?しかしー、ついでに、結構、ベテラン組ですよねー。・・・バック・ストレートは、個人的、高評価です。・・・さて、今年のスケジュールは、第15戦(日本GP)の次か~。・・・フェリペ・マッサもそうですが、バリチェロにとって、母国(ブラジル)GPです。どうゆう感じのレースになるのでしょうね。楽しみ。・・・と、言っても、まだまだ第5~6戦の所ですけどね。(笑)。以上。・・・吉田さん、又、今年から、新たに、第17戦目として、アブダビGPと、いうのが、出来ましたね。・・・個人パソコンの、お気に入りサイト(エフワンページドットコム)から、見ましたが、形を、見ると、何だか、まるで、拳銃の様。カーブの所が、約10ヶ所ありますよ。霧雨+豪雨の時と、逆とのスピード出しすぎ、クラッシュ・リタイア、エンジン・リタイア、等々。対策も、勿論の事、しなくてはならないだろうし。路面調査や、コンディションも・・・。そして、もしかしたら、フェラーリ選手と、テレビ試聴している人の、リアクションも、合意したりするかも・・・。まだまだ、わかりませんので、これからですけども(笑)。吉本確認自身も、なんだかんだいって、自宅にて、フェラーリの走行中で、リアクションを、ついつい、してしまうんですよねー。(笑)。・・・今後、とにかく、フェラーリ軍&格・個人ドライバーに、注目が、集まる可能は、きっと、大ですね。・・・ホンダや、一貴(中島)「ウィリアムズ」にも、要注目ですね。・・・(返答)コメントの程、お待ちしております。以上。

投稿者 吉本確認マシーン : 2009年5月16日 02:50

吉田(雅彦)さん/ホンダと、トヨタを、間違えてしまい、これは、失礼、失礼。これをきに、改めて、再度、質問の程、宜しくです。ルーベンス・バリチェロを、吉田さんから、振り返って見るとすれば、どう思います?。今年で、17年目と、ベテラン組ですよね。・・・ホンダ時代(2006~8年)&ブラウン(今年より)と、フェラーリ時代(2000~5年)の大差。・・・バックストレート(走行)ドライビングの事です。つまり過去対現在と、いっても、過言では、ないでしょう。以上。・・・コメントの程、宜しくです。お待ちしております。では・・・

投稿者 吉本確認マシーン : 2009年5月16日 21:46

ルーベンス・バリチェロ。ジョーダン出身ドライバーということで
あのシューマッハと同じく期待を抱かれてF1世界に飛び込んで
来たはず。セナと同じ時代を走った貴重なベテラン現役苦労人です。
ブラジリアンとして初めてフェラーリドライバーにおさまっていた頃が
キャリア中でもっとも輝いていた時代ということになるでしょう。去年までは・・・・・・
そう、今年はブラウンというトップチームの一員です。
シューマッハの付き人時代には、本人もプライドとの戦いで
罰金まで払わされる事態にまで至りましたが、永遠のサポートドライバー
の汚名を払拭するには今年頑張るしかほかにありません。
ただ,スター性というのか,今いち華がないというのか
カリスマ性に欠けるところがあるのは否めません。
ここでまた、バトンの応援団に成り下がるようでは
ブラジルのファンも
なによりセナ様が黙っちゃおられないでしょう。
そのセナが初めて母国ブラジルグランプリを制したレースは
いまだに忘れられません。ホンダエンジン・パワーを受け止める
ギアボックスは最後には1速~5速のギアを失い、信じられない
最悪のコンディションで辛勝。
コクピットから聞こえてきたセナの嗚咽。
長年の悲願だった母国での優勝。セナのような天才でも
泣いちゃうんですよ、運転しながら。
涙声でピットと交信するF1貴族社会の御曹司・・・・・
流石にグッとくる瞬間でした。

一貴も走りなれた鈴鹿に帰ってきます。何処よりも勝手知ったる
ホームコース。負けるわけにはいきませんよね。
いつとは断言できませんが、一貴が突き抜ける時がきっと
くると思います。エンジンのポテンシャルは充分あるはずですし
それを生かすチーム力、ドライバー手腕も無いわけではありません。
個人的にはハンガリーあたりが節目かなという気が
(なんとなく)していますが、アブダビあたりも意外や
良い成績に繋がるかもしれません。
アブダビのコースを見る限り半分は市街地サーキットの要素も
垣間みられるので、またアロンそのようなテクニシャンが
活躍するチャンスでしょうか?出来るなら
こういうコースはシーズン中盤に採りいれて欲しかったですね。
それよりFIAと各メーカーチームの2010年撤退問題
レース本番よりも気になる展開になって来ました!

投稿者 吉田雅彦 : : 2009年5月16日 21:58

吉田さーん ブラジルGPでぇ (小林)可夢偉のリタイア ありましたよねぇ ゆうまでもありません。 しかしその可夢偉がー! 所属のぉ トヨタ情報なんですがー 吉田さんの方でぇ トヨタ情報はー? 入手 ありましたー? 吉本 実は見てしまったものが・・・ いつも日刊スポーツやー スポーツナビ ヤフー・ジャパンまでと すみませんがねー! 実はー 日刊スポーツでぇ なんですーうっ こんな情報が → 「ライコネンにトヨタが獲得オファー」 それから記事も → トヨタF1チームを運営するトヨタ・モータースポーツのジョン・ハウエット社長(57)が、 今季限りでフェラーリを離れる07年の年間総合王者キミ・ライコネン(30=フィンランド)に獲得オファーを出したことを明かした。ライコネン側からは金銭面のアップを要求されているという。一方で現在のトゥルーリ、 グロック両選手とも話し合いを続けているという。18日のブラジルGPでF1決勝レースデビューした小林可夢偉(23)の起用には「強い印象を残したし、 真剣に健闘しなければならないが、 ややペースが遅い」と課題を口にした。 [2009年10月21日7時26分 紙面から]と 記事には・・・ まさかライコがぁ トヨタ移籍 ありえません! 悪魔で移籍先はー マクラーレン! う~ん しかしー 何故トヨタが・・・ う~ん 動いたと言う事は・・・ 返信 お待ちしております。 宜しくです。 では・・・

投稿者 吉本確認マシーン : 2009年10月21日 21:50

いいえ~可夢偉のリタイア ありません。 完走あるよ~!
ライコネン獲得についてはお金が工面出来るかどうか、
が問題です。役員会決済待っててね~~~
お~~い、誰か33億円余ってる金持ち、いないか~?
トヨタに必要なのは優勝経験.これがいままで
チームにもドライバーにも欠けていました。
つまり誰も優勝した経験が無い!勝ち方を知らない!!
だから優勝請負人がどうしても必要な訳!
で、予算使いすぎるともう一人は安月給で働いて
言うことよ~ク聴いてくれる人、日本人なら尚のこと。
になる・・・・・?
マクラーレンはハミ君と・・・・・誰かなあ・・・・

11月から椅子とリゲーム世界選手権の開幕です!!!

投稿者 吉田雅彦 : 2009年10月21日 22:16

F1に暗い情報が・・・。吉田さんはご存知とは思いますが、ブリジストンはタイヤ供給を来年秋を目処に撤退!との事。
まだこの先に変更があるとは思いますが。

投稿者 小人部隊一号 : 2009年11月 2日 13:13

ホントですか?ついにその時が来ましたねえ
じゃあ再来年からF1はゴムタイアを使わずに
軌道上を鉄輪でいきましょう。ピットインは
ポイント交換で、追い越しは・・・・・・
ウーン,複線化
いや複々線化で対処、ポイント切り替えは
チーム監督の重要な役割に・・・・・・
スリリングで面白いじゃないですか!!
実況も「おーっとフェラーリ脱線か?」
2012年頃には衝突防止にATSが義務化?


冗談はさておいて
一社独占供給では争う機会も無く
広告効果も充分果たした,と考えるのが順当な
ところか?グッドイヤーかミシュラン,ピレッリ
あたりに頭下げて供給お願いするしかないですかね
みんな門前払いのようですけど・・・・
中学や韓国のタイアメーカーなら
レースもグッとスリリングでデンジャラスになって
面白いと思うんだけど・・・・半分はホンキです。

投稿者 吉田雅彦 : 2009年11月 3日 04:32

日本どうした~!? 今度はトヨタが撤退!
リーマンショックより立ち直れない企業、いや、国が多すぎる。
これで日本のチームは無くなり、海外チームにのみになるのは・・・。(哀)

投稿者 小人部隊一号 : 2009年11月 4日 13:12

F1からの撤退を決めてしまった豊田家直系の新・社長(章男氏)は,
実は国際A級ライセンスを保持し、ニュルブルリンク24時間にも
出場した,レーシングドライバーとしての顔も持ち、故に,
レースの現場の厳しさ,勝つことの難しさも人一倍身に
滲みている筈。優勝の美酒を目の前に志半ばで諦めざるを
得なかった辛さは察してあまりあるものがあります。
が,経営者のトップとして社員の生活をまもるのも,また重責。
300億円からの年間予算を,どう有効活用するか.いまは
F1じゃない,という当然の答えもムリは無い。
・・・・・・欧米では東洋の大メーカーといえども
実状は最下位争いの一角として笑い者扱いなのだから!

投稿者 吉田雅彦 : 2009年11月 4日 22:01

吉田さん、TOYOTA撤退を発表しましたね。山科代表の涙・・・無念の涙でしょうね。1回でも優勝していたら、来年位まではいけたのかな??
いくら不況とはいえ「世界のTOYOTA」でもF1を維持していくのは難しいのですね。
可夢偉はせっかくチャンスを活かし結果を残したのに・・・正直一貴は厳しいと思っていたので、可夢偉には大きな期待を抱いていたのですが。本当に残念だし、日本のチームがなくなったのが悲しいです。

せっかく昨晩アブダビGPを観終ったので、コメント入れようと楽しみにしていたのに、このニュースがラジオ(勿論J-WAVE)から流れた時には、思わず「うそ~」と声をあげてしまい、オッパイにへばりついていたしほちゃまを驚かせてしまいました。

チームが減ると言うことは、来期のシート争いがまた熾烈になりそうですね。
フェラーリ・レッドブル・ウイリアムズは2人とも決まりましたが、他のチームの発表が待ち遠しい。
でもライコネンが決まらないとねぇ。41億でしたっけ??高すぎる気もするけど、「現役最速」の男ですからね。
それにしても、レッドブルは本当にグンと伸びましたね。ドライバーもメカニックもいい感じなんでしょうね。来年も更にパワーアップしそうですね。
ブラウンGPは後半失速しましたが、チャンピオン獲ったから、スポンサーもつくかな??
そして、アロンソ&マッサのフェラーリの巻き返しにも期待です♪

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年11月 4日 22:03

レクサスLFAが500台全部売り切れになっても
総売上は200億円にも届きません。
300億円からのF1年間予算を,どう有効活用するか.
ハイブリッドを一車種開発するには、これでも足りない
金額をF1に投じて営業面で取り戻すのと、
どちらがトクか?
どのメーカーでも答えは同じでした.じゃあ、
今までに投じたン千億円は富士のトイレがきれいに
なった以外に何を残したのか?
継続していたらこれから何を残せたのか・・・・
フランスやドイツに本拠を置くメーカーとは違い
ダイハツの軽から日野の大型トラックまで面倒を
見なければならないフルラインメーカーに
F1参戦が必要不可欠なのか・・・・・


レクサスブランドで優勝狙いの復活参戦なら
あるいはペイ出来るかも.ただしアメリカ市場で
インディーカーに自前のエンジンが積めたなら
の話ですが・・・


ママのおっぱいを味わっていたしほちゃん
ならずとも驚いたかもしれませんが,ここ数日
ドイツ紙の記事を発端に噂はくすぶっていました。
シーズン中も何度も浮上しては消え・・・
アブダビのあとの東京モーターショーでも
F1のでディスプレーは可夢偉の入賞を讃えるでも無く
ただ,ポンと置いてあるだけの状態が続いていました
撤退発表のあと数時間でショー閉幕を迎えたのも
なんか皮肉な巡り合わせに感じたのは私だけかな?


日本人ドライバーの同時参戦も期待していた
来年ですが,TOYOTAの撤退で、実はザウバーの
参戦枠が確保されることになりました。中島悟が
そうであった様に,日本の若獅子達が外国製エンジン
でも勝負出来るところを見せつけてくれるようなら
来年のシーズンも,今年以上に楽しいこと請け合いです


ルノーパワーの真価も問われそうで,ルノーの一台を
日産ブランドで出してくれたらいいのに!と
ゴーン社長の太っ腹にも期待です。

投稿者 吉田雅彦 : 2009年11月 4日 22:21

ルノーも撤退??なんて噂が飛び交っておりますねぇ。
アロンソに推薦されて、シートが決まっているクビサはドキドキものでしょう。
本当に来年のF1はどうなるのでしょうか?今までとはガラリと変わった雰囲気になりそう・・・
ブリジストンも来期限りだそうで。まぁ、開発に莫大な費用が掛かりますから無理もないのか。でもそうなったらどこのタイヤメーカーになるのかな?ガイドブックが売れているミシュラン??
なんだか日本企業の姿が見えないF1も寂しいなぁ。
やっぱりドライバー達に頑張ってもらわないと!!
どこでも良いからまずはシート獲得っていう位厳しそうですね。
そういえば、Bセナが来期F1デビューしますね。顔はおじさんに似ているけれど、ドライビングスタイルはどうなのかな?楽しみです。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年11月 5日 22:16

ルノーの決定は,クビサ・グロックのコンビで
参戦継続の模様ですね!やれやれ・・・・
アブダビのマリーナを可夢偉が力走していたのはつい
4日前なのに、遠い昔のことのよう・・・
内心撤退を予見しながら可夢偉の入賞を見守った
上層部の人たちは,どんな思いだったのか・・・
でも二位表彰台の為に300億円は出せません、
あくまでも目標は優勝の二文字.300億円かけて
来年手に出来るかどうかも判らない,となれば
役員会で決済される筈も無く,苦渋の選択は
既定の事実だったかもしれません。トヨタ車を買わずに
ゲームばっかり熱中している熱心なF1のファンにも
クルマ買えよ,というメッセージなのか?


TOYOTAのマークが無く,日本人ドライバーが
見えなくっても欧州のファンにはライバルの一角が
消えただけのこと.優勝争いに絡んで来る相手じゃ
ないしね~とでもつぶやいているんでしょうけど。


でも、我々日本国内のファンにとって気がかりは
フジテレビの中継です.来年も継続するかまだ、
迷いが見られる様で,これが無くなると先代セナの
デビューした頃に逆戻り!
※有料チャンネル(フジテレビNEXT)のみの放送は認められない。※
まだ,あの頃はホンダエンジンが有望株でした。
ミシュランもピレッリも
復帰には関心を示しておらず,中国か韓国(クムホ)の
メーカーが意思表示してくれたら,アジアの
同胞として応援してあげられるのに・・・と思い
ませんか?
セナの名前が蘇って,歴史は繰り返すのか?
F1も我々が予見出来ない
新しい世界へと(離れて)行ってしまうのでしょうか?


フェラーリが嬉しいコメントを発表してくれました

「F1は重要な参加者を失い続けている。この12ヶ月間でホンダ、BMW、ブリヂストン、そして今朝トヨタが撤退を発表した」

「1939年にイングランドで初刊行されたアガサ・クリスティの“そして誰もいなくなった”のパロディのようだ。
実際、撤退が続くのは、過去数年間F1に影響を与えた経済効果というより、F1運営組織によって大手自動車メーカーに仕掛けられた戦争の結果である。
クリスティの推理小説は、登場人物の全員が次々に死亡して初めて犯人が見つかる。我々は、そうなるまで待ちたいのだろうか」

投稿者 吉田雅彦 : 2009年11月 5日 23:49

そうなんですよね~。
チーム・ドライバー以前に、中継をしてくれる局がなければ、私達日本のファンはホントに困ります!!
せっかくしほちゃまにF1の魅力を教えて行きたいと思っていたのに。中継がなくなったら鈴鹿まで行かないとF1見れなくなっちゃう(泣)
それでなくても、日本のF1熱はそう高くないですからねぇ・・・右京さんやマッチだって困るでしょう??

フェラーリのコメントはなるほど!って感じですね。
クリスティの作品になぞらえるなんて・・・
でも早くにいなくなったのが日本チームばかりで寂しい。
さ~てこの連鎖的に続いた撤退劇の犯人は本当にサブプライムだったのかな?それとも・・・!!!

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年11月 8日 21:36

フジテレビのF1中継も中嶋悟のフルタイム参戦
鈴鹿でのF1開催という強力な追い風に押されて
はじまりました.後押ししたのはどちらもホンダ
(V6ターボの時代です)それも
大口のスポンサーの協力があってこその話に
なる訳ですが・・・・・・
可夢偉、一貴のシート獲得にTOYOTAが何処まで
背中を押してくれるのか・・・日本人参戦+
鈴鹿開催という両翼を失ってしまえば,視聴率にも
深刻な影響は必至で,フジテレビの編成部門も今頃
ルノーに負けず劣らず、大きな悩みを抱えている
ことでしょう。


鈴鹿の開催も2011年までの契約はあるものの
客の入りが悪ければ,どうなるでしょう?
しほちゃんの物心がつくギリギリのタイミングに
なんとかいっかいはみせてあげられそうですが、
せめてカタカナが読める年齢位まで通えたら・・


87年以前の状況に戻ってしまうのなら,
再び日本のファンは欧米から遠くはなれた場所に・・・・
F1速報、レーシングオンやオートスポーツだって
死活問題です.川井ちゃんも!


金遣いの荒い大企業が撤退してくれてFIAの
思う壷、なのか?F1にとってもはや時代の風は
吹いて来ないところに来てしまったのか?


フェラーリ(fiat)、メルセデスと言った巨人達には
改めて頭の下がる思いです.今度クルマ買うときは
どちらか一方を選ぶことに・・・・したいところ
で・・・・すが


電気F1レースだったら,パナソニック、HITACHI
NECと組んでTOYOTA、日産,三菱の三つどもえの
争いで盛り上がるんだけれどなあ~~~

投稿者 吉田雅彦 : 2009年11月 8日 22:56

よかったですね

投稿者 ボストン西沢 : 2010年5月 4日 15:58

ザウバーといえども金無しのチームなので
前途多難です

投稿者 吉田雅彦 : 2010年5月 5日 12:13

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー