2009年01月09日

タクシー強盗続発で新兵器

大阪を中心にこのところタクシー強盗が
連続して発生しています。

タクシーの運転手さんにとっては、
売上げの低迷に加えて、命の心配まで
しなくてはならないまさに「泣きっ面に蜂」
状態ですが・・・・・

事件発生以来、タクシーの運転席と客席との間の
仕切り板を生産するメーカーには、全国から
注文が殺到しているということです。

特に大阪のタクシーは仕切り板の装備率が
2割以下と、東京のタクシーのおよそ7割に比べて
低いのが気になります。

業界では様々な防犯対策を考慮中のようですが、
ここに来て、「光と音」でタクシー強盗を威嚇する
新兵器が登場しました。

運転手がタクシー強盗に襲われて重傷を負った
タクシー会社が開発したもので、3週間以内に
およそ500台のすべての車両に導入するとの
ことです。

いったいどの様なものかと言いますと、運転手が
緊急ボタンを作動させると、クラクションが大音量で
鳴り出し、ルームミラーの上に取り付けられたライトが
後部座席の犯人を照らし出す仕組みになっていると
いうことです。

同時に表示板が「SOS」を示し、配車センターにも
通報されるという凝った仕組みになっています。

こんな装置が使われないことを、ただただ祈るばかり
ですが、それでも事件が続発するとなると、
いよいよ最終兵器が登場するかも知れません。

そう!映画007シリーズ第3作「ゴールドフィンガー」
に登場したボンドカーのアストンマーチンDB5です。

この車には様々な仕掛けが施してありましたが、
中でも注目されたのは、レバーを引くと助手席の
シートが空中に飛び出す仕掛けです。

運転席のボタンを押すとタクシーの後部座席が
空中に飛び出す・・・・・

とまでは行かなくても、座席が後ろに折りたたまれて
犯人をがんじがらめにしてしまうというのはどうでしょう。
そのまま警察に直行です。

タクシーの運転手さんが安心して業務に当る為には、
極端ですがこんな装置も必要かも知れません。

もっとも、乗客のほうが安心して乗っていられなく
なりそうですが・・・・・

| 15:40 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

ボンドカーのミニカー、ありました。
赤いノブを押すと助手席の人形が飛び出し、
トランクから防弾板が出て来る秘密装備満載の
ナンバープレートがクルクル変わる
DB-5のプラモデルも買いました。
映画公開当時には日本でも数多く出回って
マニアでなくてもおなじみの装備だった
と思います。
オトナになってから買ったprelude
(実物,AT車)はサンルーフ標準装備で
セレクトレバーがガングリップタイプ、
リリースボタンが真上に来るタイプでした。
ボタンを押しても彼女はイジェクトしませんが
サンルーフから助手席に「搭乗)させた事は
・・・・・・・実際にありました・・・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2009年1月 9日 17:40

田中さん、おはようございます!!
大変遅くなりました・・・
自分は、関東では、最近タクシーに乗る機会は減りましたが、実家の大阪では時々、乗る機会が、3日前も2回乗りました。
おととい朝、みのさんの「朝ズバッ!!」でも取り上げられていましたが、車の外側に、大きなLEDを取り付け、「SOS」を大きく表示出来る、というものでした・・・
3日前は、2回とも父と一緒で、特に普通の状況でしたが、自分1人なら警戒されたかもしれませんね・・・(おまけに関西弁でなく、こちらの言葉で話すので・・・)
元々は、人と話すのが苦手だったのですが、今の仕事始めて、12年前から、タクシーでの会話が好きになりました。
先月も、20分間程の乗車時間の中で、話が弾み、乗車した経緯をお話し、田中さんとほぼ同世代の運転手さんでしたが、最後に「貴方も頑張ってください」と別れ際
におっしゃっていました・・・
自分にとって、こんな素敵な空間であるだけに、今回連続して起きる事件に、心を痛めています・・・

投稿者 ちなみん : 2009年1月11日 10:34

緊急時に車内に白煙を充満させて、運転手の姿を見えなくするというのも紹介されていましたね。それだと運転手さんが上手く逃げられるかな?とちょっぴり思いましたが…
アメリカでは全面しきり板があり、助手席にお客さんを乗せないのは当たり前。逆に中国では、お客さんを助手席に乗せるのが当たり前だそうですが、そのかわり運転席と助手席の間が鉄格子で仕切られているとか…。テレビでやっていましたが、いずれにしても犯罪のない世の中が理想なのですがね。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年1月12日 06:29

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

カテゴリー