2008年12月07日

独断!航空10大ニュース

今年も残りあと僅か、新聞・テレビでは間もなく
今年の10大ニュースの発表があると思いますが、
一足早く恒例の独断で選ぶ「航空10大ニュース」と
まいりましょう。

では発表します。
独断で選ぶ「2008航空10大ニュース!」・・・・・

 ①三菱MRJ開発決定
 ②デルタ・ノースウエストが合併
 ③A380成田就航
 ④富士山静岡空港測量ミスで滑走路短縮
 ⑤エンブラエル170JALグループに引渡し
 ⑥F-4ファントム引退
 ⑦原子力空母ジョージ・ワシントン横須賀配備
 ⑧地方路線の相次ぐ廃止
 ⑨フジテレビが「レッドブル・エアレース」放映
 ⑩映画「ハッピーフライト」公開

と、こんなふうになりました。

三菱MRJの開発決定は、文句なしのトップニュース
でしょう。
前途を危ぶむ論評もありますが、先ずは国産初の
ジェット旅客機の誕生を温かく見守ろうではありませんか。

2位のアメリカ大手航空会社、デルタとノースウエストの
合併も衝撃でした。
ノースウエストは戦後日本の民間航空の発展にも
寄与した航空会社だけに、その名が消えるのを惜しむ
声が数多く聞かれました。

3位のエアバスA380成田就航は、新たな大量輸送時代の
幕開けなのか、それとも滅び行くマンモスの後を辿るのか
意見が分かれれるところですが、エアバスの英断に
期待しましょう。

4位の富士山静岡空港測量ミスで滑走路短縮は、
何ともお粗末なニュースでした。
日本の航空行政の脆弱さをあらためて見せつけられた形で、
別の意味で大きなショックを受けました。

5位のF-4ファントムの引退は、ある年代の航空ファンに
とっては、感慨深いものがあると思います。
初飛行から50年目の引退、一つの兵器がこれほど長期に
渡って運用された例はあまりありません。
それだけファントムが優れた戦闘機であったということでしょう。

6位のエンブラエル170JALグループに引渡しも、
エポックメイクな出来事でした。
ブラジル製の旅客機が日本に導入されるのは初めての事で、
ブラジルの航空工業が世界のトップレベルにある事を
あらためて思い知らされたニュースでした。

7位の原子力空母ジョージ・ワシントンの横須賀配備は、
航空界の出来事とはちょっと逸れますが、かつて、同じ
原子力空母のエンタープライズが日本に寄港した時の
混乱を思い起こすと隔世の感がします。

8位の地方路線の相次ぐ廃止は、一時期の原油高や
景気後退による旅客数の減少で、止むを得ないのかも
知れませんが、将来の路線復活を期待しましょう。

9位のフジテレビがエアレースを放映は、個人的に
画期的な出来事だったと思います。
フジテレビは、このレースを4回にわたって放映した
ようですが、残念ながら深夜帯の放送時間だったため、
1回しか見ることが出来ませんでした。
年末に是非、ゴールデンタイムで総集編を放送して
もらいたいものです。

それにしても、航空をテーマにした番組は極めて
テレビ向けだと思うのですが、テレビ局はあまり
積極的ではありません。
リノ・エアレース、オシコシ・フライイン、ファーンボロショー、
パリ・エアサロン、ラインべックやダックスフォードの
クラシック機の航空ショーなど取り上げるべきテーマは
沢山あるのにです。
どこか海外取材しません?監修しますよ・・・・・

冗談はさておいて、最後の10位、「ハッピーフライト」の
公開は、航空界において明るい話題でした。
航空自衛隊航空救難隊の活躍をテーマにした映画
「空へ RESCUE WINGUS」も近々公開予定、
久しぶりの航空映画の登場をきっかけに、さらなる
航空作品への期待が高まります。
「ハッピーフライト」は当然ながらシリーズ化を期待して
います。

てなわけで、今年は概ねハッピーフライトな1年で終る
航空界でしたが、来年はどのような年になるのでしょうか。

ボーイング787の初飛行も控えていますし・・・・・・・

| 12:00 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます!!
遅くなりました…
今回の10大ニュース、ほとんど田中さんに教えて頂いたものです!!
この中では、自分的には1,5位の2つが強く印象に残っています。
やはり、田中さんの別名であるファントムと(笑)、日本でも本格的な国内産のジャンボ機製造に機体(期待)を寄せたいです!!
あとは「ハッピーフライト」のように明るい話題が多くなり、航空業界の発展を望みます!!

投稿者 ちなみん : 2008年12月 8日 07:49

10位 フジテレビ、矢口史靖監督の必勝コンビが送り出す
ハッピーフライトは今年いちばん手の込んだ作りに
私も圧倒されました。
アテンションプリーズ(新,旧)、
白い滑走路、スチュワーデス物語、GOODLUCK~
5年に一度はドラマ化される航空会社もので
使い古されたネタも無くはないのですが,
ここまでディテールを細かく取材して
脚本に描き込んだ作品はなかった筈です。
それにCGを感じさせない特撮のすばらしさ!
アレは実写だったのか模型なのか?
もう一度劇場で確認しなければなりません。
羽田着陸のシーン俯瞰だけは、合成と判りますが
後は実写といわれても、信じてしまいます。


なにより実写だけでなく撮影に全面協力した
全日空の存在無しには語れませんよね。
『大空港』『エアポート'75』『ダイ・ハード2』~
普通、航空パニックものは架空の航空会社を舞台に
製作されるのがほとんどですが。全日空の社名の下に,
羽田に緊急着陸を敢行する勇気には敬服!!!!
内容的にはリスクをはらむものも皆無ではない
にもかかわらず、会社側が指摘したのは
「お客さん」→「お客様」への言い換えの一点のみ
だったとか。

航空知識があると無いとでは評価も
大きく変わって来ますよね。そこまで
理解出来無いヒトにはこの映画の真価が
判ってもらえるか、心配です。


同じく今年、クァク・ジェヨン監督作品で
クールなサイボーグ役を瞬きせずに演じた
綾瀬はるかも,ようやくお茶目な三の線で
可愛い役どころが回って来ました。背も高く
制服が似合うのなんのって・・・・
それはともかく,この映画、果たして全日空の
集客にどう,影響を及ぼすか・・・・
映画の方の集客はまずまずのようで、
失速の恐れはなさそうですが。
この映画、アジア市場にもセールス出来る
余地は充分で、公開/ヒットの暁には
全日空にとっても大きなアドバンテージになる筈です。
そこまで見越しての全面協力だったのでしょうか?


容疑者Xのなんたらとか見に行く時間が合ったら
二度でも三度でも観に行くべき作品ですよね。
そして来週には
映画「空へ-救いの翼 RESCUE WINGS-」
初主演する高山侑子さんは実際に父上がレスキュー
の仕事に携わり、殉職。何か、その件を聞いただけで
泣けて来てしまいます。その演技力は評価に
値しないレベルのモノかもしれませんが、
父親が携わった命がけの仕事をフィルムの世界の
中で、演じる彼女の姿・・・・・
いち早く見てみたいものです。
勿論自衛隊協力の迫力ある実写シーンも期待大!!
予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=ruk8lRU3tt4
大豊作の12月ですね・・・・・



P.S.ファントム引退は
今も現役だったことの方が驚きでした。
lナマコックピットを写真に収めることが
出来たのも、今年ですし
入間でその姿を拝めたこともまた、ニュース
でしたよね!

投稿者 吉田雅彦 : 2008年12月 8日 08:49

飛行機にのって、どこかに行きたいです…☆☆

投稿者 とまる : 2008年12月 8日 18:18

ちなみんさん、吉田さん、とまるさん、
ありがとうございます。
この映画の中で一番気に入ったのは、
飛行機が怖いといってトイレの中で駄々をこねる
乗客に、グランドスタッフの女性が「大丈夫よ、
飛行機はそう簡単には落ちないんだから!」と
説得するシーンです。
ここで泣いちゃいました。
これと共通するシーンは、航空パニック映画ヒットの
きっかけとなった米国映画「大空港」にも出てきます。
「ジャンボ機は頑丈だよね!」
この一言でボーイング社のイメージがアップしました。
全日空が全面協力したのもうなづけます。
「ハッピーフライト」、飛行機嫌いの方はぜひ
ご覧になって下さい。

投稿者 ホヅミ : 2008年12月 9日 09:21

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー