2007年10月22日

「F」の時代

高校時代、あこがれの的だった銘機=ニコンの最高級機F2

DSCF2113.jpg
70年代前半に,当時の初任給の何倍にも相当する十万円近くもした高級品が,未だに半値近い値段で中古市場に並んでいます。(三角のペンタプリズム付きは新品同様の価格!)ただ、ボディだけなら一万円台からでも手に入れることが可能になりました。

初代「F」の後を受けてこのカメラが生まれたのは1972年、モデルチェンジされるまでの8年近く、第一線で活躍しました。とりわけ報道の現場ではどの新聞社もニコンを配備.交換レンズの豊富さなどシステムが充実していたのはもとより,抜群の信頼性,耐久性を買われたのが理由です。いまでも道具としてちゃんと仕事のできる70年代生まれのモノってほかに有りますか?
人間は別として。

72年は札幌/ミュンヘン・オリンピックがあった年,ほかにも様々なニュースがありました.浅間山荘事件、沖縄返還合意、日航機相次ぐ墜落事故、田中角栄内閣誕生、日中国交回復、テルアビブで無差別乱射事件、そしてオリンピックがテロの標的に・・・等々。いずれの現場にもニコンのカメラが駆けつけ、撮影された写真が紙面を飾ったことでしょう。現場でF2を使いこなす姿に憧れて報道カメラマンを志した学生も少なからず居たのではないでしょうか。
Fの時代が右上がりの希望に満ちた夢の時代だったとすれば
F2の時代は二度のオイルショックで日本経済が翻弄された
激動の時代でした。
デジタル一色となった今でも報道現場がニコン一色なのはこのF2や先代のFの功績が大きいのかもしれません。(最近キャノンも増えましたが)
その頃キャノンはFー1を発表.目指したところはニコンと同じでしたが,キャノンを使うプロはアート関係、広告業界がメインで、人気の点でも今よりずっとマイナーな存在した。

同時代に開発されたカメラはどんどん電子化が進みましたが、露出計や回路が壊れたらカメラもお釈迦。結局古い方が長生きするという逆転が起きています。このカメラが長生きしている理由の一つとして挙げられるのは,アンチ電気カメラだと言う点.露出計用に電池は備えていますが,無くったってシャッターは切れます。当時、電子回路の完成度に信頼を置いてなかったニコンは電子関係の部品をファインダー部分に分離して,あとで交換,追加出来るように目論んでいたのです。勿論今でも露出計はちゃんと電池で動いていますが,いずれ壊れた暁には,単体の露出計で計測、マニュアル操作でシャッターを切ることも可能.プロは最初からその方法で撮っています。キャノンはと言えば電子化に積極的に取り組み、88年にeosシリーズで過去の製品に決別しました。
頭でっかちの無骨なスタイルは,当時それなりの威厳を誇っていましたが,身軽なペンタプリズムファインダーや懐かしいスタイルのレフレックスファインダーに交換することも可能.DSCF2114.jpg
今日のお出かけは何を着せていこうか、とリカちゃん人形並みにレンズやファインダーのコーディネートで頭を悩ますのも楽しみの一つです。

| 21:19 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、おはようございます!!
遅くなりました....
今回も三度目の正直、マウスが悪さおをし、別のブログに勝手にアクセス、コメントが飛んでしまいました...
デスクがなく、マウスパッドがない事が要因でしょうか...
吉田さん、今週BTのピンチヒッターの望月理恵さん、手島さんも'72年生まれ(自分の親友2人も)ですが、ニュースルームの女性陣は、ほとんど70年代生まれではないですか!!
カメラは、我が家も確かニコンだったと記憶しています...
F-1と言うと、レースが浮かぶ自分です。
昔の商品の方が丈夫と言うのも、我が家の最長老のテレビしかり、自分も2,3回聞きました。
我が家のDVDは、1年前修理、一部除きディスクも読めていたのが最近読めなくなり、再修理して戻ってきたものの、1,2回で再々故障、その後戻って来ず、連絡もありません...
吉田さん、ひょっとして昨日奥様のお誕生日ですか??
おめでとうございます!!(もし間違っていたら、申し訳ございません...)

投稿者 ちなみん : 2007年10月23日 10:32

違っています、その辺は内密にお願いします
妻は新宿西口公園のしか覚えていない筈です
あと三角ビルとか、あんまり、深く追求しないように
光学式マウスの場合机などの光沢にも左右される
ようです。雑誌を敷くとかマウスパッドを
使った方が良いでしょう。トラックボールや
タッチパッドが繋げられるのならその方が
場所もとらず効果的です。
カメラで経験した電気トラブルの多くが接点の
接触不良でした。塵や埃は大敵です。
作る側がどこまでその対策に腐心しているか、
も故障の有無と関連してくるように思われます。
その点ニコンとキャノンの姿勢は正反対でした。

投稿者 吉田雅彦 : 2007年10月23日 20:40

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー