2007年09月11日

よく晴れた九月の火曜日に

2001年、台風15号が通過して溢れそうになった
多摩川の水位が下がり始めたあの火曜日もそうだった。
ニュース速報はたいてい予期せぬ時に不意に入ってくるDSC00191.jpg
[NY、貿易センタービルにジェット機が衝突、炎上中]
これが共同通信社の第一報でした。

ニュースステーション(当時)の放送開始は9時50分すぎ、
冒頭からCNNの生中継・映像が放送された。
快晴のNY・ツインタワーからは真っ黒な煙。
10時からはNHKのニュース10(当時)が始まる
画面下を横切る機影。明らかに双発の旅客機とわかった。
数秒後、サウスタワーの中層階で大きな爆発と黒煙が
偶発的な事故ではないことが誰の目にも明らかになった。
それから20分と経たず、ペンタゴンに乗っ取り機が激突
さらに10分も経たぬうちWTC(ワールドトレードセンター)で
「国連関連施設のビルが倒壊」と伝えられた。
実はツインタワーの最初の崩壊だった。
ユナイテッド93便・747が墜落事故、テロとの関連は不明。
まだ、乗っ取りが原因なのかも解らない状態だった。
親友の姪の女子大生が予約を入れていながら、
1日早く帰国して難を逃れた、まさにその便だった。
行方不明機が全米で11機、飛行中etc
誤報も含めて情報が錯綜していた。

アメリカが攻撃を受けている。兵器や兵装を一切使わず、
自国の民間機という想像だにしなかった【武器】を使って。
アメリカが新たな戦争に巻き込まれる。
少なくともこの百年、欧米の大都市で爆撃を受けていない
希有な都市、NYが今、現実に攻撃を受けている。
相手国はどこなのか?どんな理由で?

歴史の教科書に間違いなく書き加えられる
恐ろしい事件を、今自分はリアルタイムで
目の当たりにしている・・・・・
その日はいつものように、新宿にある放送局で
仕事の真っ最中だった。

あれから六年が経ち、アフガン、イラクで
戦いの火蓋が切られ、国会では特別措置法延長を
巡る戦いが始まろうとしている。
まだまだ、戦いは終わらない

| 02:25 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、再び失礼します。
自分も偶然、ニュースを拝聴しながら“、あれからちょうど6年だな…(曜日も全く同じで…)”と思っていたところでした。
JAMでも、“今日の事件がきっかけで、この番組がスタートしました”というのは何度かお伺いし、今日の事件の大きさを感じていました。
自分のJ-WAVEとのお付き合いは、GL,JAMと続き、ナビゲーターは、野中さん・高瀬デスク、アナウンサーは上野さん・南部さんが原点です(吉田さんの記事に初めて書き込ませて頂いた原点はここだったのです!!)
自分は、ちょうど6年前、昨日までは立川高島屋担当、今日からが伊勢丹松戸店担当でした…
昨日・今日は台風、昨日は雨が降りしきる中、お客様のお宅へお伺いし、今日は4,5日前と同じく雨風が激しく、松戸駅から伊勢丹までの5分弱の距離でずぶ濡れになり、傘も壊れました…
今日のJAMは、まさにこのテロの特集になるかもしれませんが、この歴史を塗り替える事件を目の当たりにし、日本も今後、テロの危機にさらされながらも、何とか暮らしていけるのは、平和憲法のおかげに他ならない、事を改めて認識する必要があると考えます(高瀬デスクがずっと訴え続けてらっしゃる事ですね)

投稿者 ちなみん : 2007年9月11日 08:54

この日たまたま泊まり勤務に当たっていたので
朝まで報道特別番組を担当することになりました
午前零時前から朝五時まで、トイレも含めて
一歩もスタジオから出られずに生放送を続けた
のも自分では驚きですが
一度だけ中に入ったツインタワービルが崩壊した
と原稿を読んでいることが現実として信じられない
気持ちでいっぱいでした。
一階の大きな吹き抜けのロビーで丁寧に観光案内
してくれた市当局のおじさん、無事に逃げているかな
知り合いで、オフィスに勤めている人がいないかな
(実際、友人のPTA仲間で富士銀行(当時)の
Tさんも犠牲となりました)
これ以上攻撃がないとわかるまでは、本当に不安と
恐怖でいっぱいでした。これからの戦いには
日本も巻き込まれるかもしれない、
そんな不安もありました。
放送中はビンラディンやアルカイダの名前も
浮上せず、イスラエルやパレスチナ勢力にまで
疑惑が向けられたものです。

この日の出来事からjamの企画が生まれたのは
ご存知の通り、
ロンドンの同時テロはじめ、番組内でお伝えした
ニュースも少なからず。
次の一年・世界がどう変貌してゆくか
これからも番組をお聞き逃しなく!

投稿者 吉田雅彦 : 2007年9月11日 12:46

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー