2007年07月02日

ラジオデイズ14

前にも触れましたが、文化放送の「ユア・ヒット・パレード」は、
昭和30年(1955年)10月1日から昭和51年
(1976年)1月18日まで続いた長寿番組で、
パーソナリティー(当時はディスクジョッキーと
言っていました)は、文化放送アナウンサーの
茂木幹弘さんとアシスタントジョッキーの
田中マリ子さんでした。

IMGP4012.JPG

 【大いなる西部のCDジャケット】

この番組で放送される曲は映画音楽が多く、
当時はポップスよりも映画主題曲に圧倒的な
人気がありました。
例えば、ジェームス・ディーン主演の「エデンの東」などは、
2年半も第1位の座をキープしていました。

この他、「鉄道員」や「刑事」などのイタリア映画、
「シェ-ン」や「誇り高き男」、「OK牧場の決闘」など、
西部劇映画の主題曲がこの番組から大ヒットしました。

そんな西部劇映画の中で、1958年に制作された
ウイリアム・ワイラー監督の「大いなる西部」は私の
大好きな作品です。

特に疾走する駅馬車の車輪のクローズアップで始まる
オープニングテーマは圧倒的な迫力です。
音楽はジェローム・モロスが担当、全編に挿入されている
曲も素晴らしいものばかりです。

サウンドトラックによる冒頭のメインテーマには、
最後の部分に犬の鳴き声が挿入されています。
ところが、発売されているレコード(後にCD)には
犬の鳴き声は入っていません。

従って、好きな犬の鳴き声が入っているサントラバージョンを
聴く場合には、映画のビデオを観る必要があります。
かくして、この曲が聴きたくなるとビデオを再生して、
冒頭のメインテーマを楽しむことになります。

後年、DJの茂木さんには何度かお目にかかり、当時の
話しをさせていただいたことが懐かしく感じられます。

| 13:27 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

イタリア系西部劇をマカロニウエスタンって言うんでしたっけ?
シェーンは大昔にTVで観たことがありますが、ラストシーンしか記憶に残ってませ~ん。。。
しかし田中さんもマニアックですね(笑)

投稿者 べに : 2007年7月 2日 23:10

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

カテゴリー