2007年02月10日

多田先生のお菓子作り教室

10日(土曜日)、銀座のとある場所で多田記子先生の
お菓子作り教室が開かれました。IMGP0773.JPG

初日は
「グランマニエ風味のトリュフ作り」

最初にブラックチョコレートの中に沸騰した生クリームを注ぎます。IMGP0781.JPG完全に混ざったら
器を氷水に漬けながら適温に冷ましてIMGP0794.JPG
バター、グランマニエ(オレンジリキュール)を加えたらIMGP0807.JPG
口金(口径1センチほど)をつけた絞り袋に入れます。

直径2センチ、高さ1センチになるよう台の上に手早く搾り出していきます
ぐずぐずしているとチョコが硬くなってしまうので、先生の表情も真剣ですIMGP0840.JPG


いったん冷蔵庫で冷やし、二個を合わせてまあるくしますIMGP0849.JPG
さあ、ここからが難関。外側にコーティングするチョコレートのテンパリング(温度調節)です。
いったん溶かしたブラックチョコレートを、28℃まで温度をさげ、31℃に再び上げます。作業をする間中、この間に温度を保っておかないとチョコレートが
うまく固まってくれません。器の下には(断熱のため)タオルなどを敷き、デジタルの温度計で、厳しく温度管理します。これが結構至難の業、昔は職人技で判断したもの。工場では専用の装置で温度を保つのだそうですが、教室では一人が温度チェック、一人が泡立てないように慎重にかき混ぜる、チームワークの賜物なんですね。


そして、トリュフの中身をチョコに浸してIMGP0863.JPG
ココアパウダーをまぶしますIMGP0866.JPG
あとは冷えて固まったら出来上がり。
いよいよ試食の時間に入ります。IMGP0891.JPG

紅茶はアールグレイが出されました。口に入れて食べてしまうのは一瞬ですが、一個たりとも作るには大変な手間とデリケートな温度管理が欠かせない、というのをまざまざと見せ付けられました。生徒たちも大喜び!
IMGP0877.JPGこの日はnewsroomから木次さんと、去年3月までnewsroomの一員だった小口絵里子さん(昔も現在もニッポン放送でお仕事中)も参加。バレンタインに向けて大きな収穫の手ごたえを掴んだようです。
手作りのチョコレート、侮るべからず。これ吉田の教訓です。

===============
チョコレートはどちらかといえば常温で食べたほうがいいでしょう。多田先生からのアドバイスです

| 19:03 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー