2006年12月02日

「L」の時代

今週末、ヒルズ二階のパン屋さん・ ジョエル・ロブション前に日本の高級車レクサスが並んでいます
DSCF0465.JPGそれもカタログに載っている全モデルが
そのすべてが予算範囲外の私としては素通りしてしまう所ですが
このクルマのこのエンブレムにご注目を
DSCF0469.JPG
この右端の「h」
この一文字を加えるだけで百万円以上の追加料金となるのです
その中味はというと、

DSCF0467.JPGこれがハイブリッド乗用車の中で現在もっとも高価なクルマ
ということになります。さらに
いま、トヨタが造る最高級車レクサスLSにも2007年、この
h・ハイブリッド車が加わります。当然百万円以上の追加料金で
それにもめげず、次の次あたりのアカデミー授賞式には、
窮屈なプリウスからこちらに乗り換えてくる歴々が続出するはず

もはや高級車の世界でトヨタは何者の追随をも許さない
独走状態に入るのです。

DSCF0471.JPG
生産台数で世界一に上り詰めるだけでなく
ロールス、メルセデスと言った老舗の高級車にも
初めて後塵を浴びせられる時がやって来るのです
DSCF0473.JPG
折りしもアリーナの反対側ではドイツの高級車ブランド
アルピナが展示会を挙行中。かつて欧州車が絶大だった
高級車マーケットも日本車が圧倒する時代へと突入する
のでしょうか

| 21:27 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

バックナンバー

カテゴリー