2006年10月13日

ランチが昼にやってくる?

いいえ、ランチアがヒルズにやってくるんです
昔はスポーツカーでもブイブイ言わせたんだけど
今年で百年を迎えたイタリアの
ちょいワル高級車ブランド・「ランチア」のカフェが
テレビ朝日のけやき坂側イベントスペース・umuに
出現します。(ヒルズアリーナの向かい側)
cafe01.jpg

ギャラリー&カフェ“Cafe' Galleria LANCIA”

その準備風景に遭遇

lancia1.jpg
トレーラーに積まれてきたのは70年代に
世界中で自動車ラリーの舞台を荒らしまわった
怪物、ランチア/ストラトス
スーパーカー世代なら知らない人はいないでしょう。
残念ながらアリタリア・カラーでも
マティーニ・カラーでもありませんが
実車に臨める機会はごく稀です

ほかにも車関連グッズ、書籍、ランチア最新車輌など
イタ車ファンにはたまらないイベントになること
請け合いです。
身近にクルマ好きのいるあなた、クルマ好きの貴方も
10/13(金)~10/15(日)の3days
ぜひチェックを

http://www.tv-asahi.co.jp/hq/umu/
より
●デルソーレ/エスプレッソ、ワイン、軽食、他
●イタリア自動車雑貨店/イタリア車にまつわるアクセサリー販売、他
●M-コレクション/ミニカー販売、他
●二玄社/二玄社雑誌、書籍、DVD販売、他
●ガレーヂ伊太利屋/イプシロン・テ-シスの展示販売
●重松貿易/ランチアワインの販売、他
●リンドバーグ/車、バイク、腕時計、等の書籍DVD販売、他

たとえば
lancia2.jpg
ほかにも各種レアモノがありそう
で、こらえきれずに衝動買いした二台がこれ
clip_image002.jpg
何だ、イタリア車が無いじゃないかって
ドイツのメイクなんだから仕方ありません
でもちゃんとフェラーリはありました。
気に入ったクルマが見つからなかっただけ
P1000044.JPG

お店ではこんなイタリア気分のメニューや
アルファロメオのグリルをあしらった
ワインボトル
極めつけは[ランチア瓦せんべい]
もちろんイタリア製ではありませんが
世界でも日本でしか手に入らない
珍品間違いなし。

| 01:23 | コメント(4) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

で、2010年8月になってストラトスが復活(?)
ランチア ストラトスが復活by CARVIEW NEWS
…でもピニンだし。
気になるのはストラトスの商標を持っていたはずの
「フェノメノン」の関わりとベルトーネ。
でも正式に「ランチア」の「ストラトス」
としてリリース(と言っても少量生産のハンドメイド)。
とても手に入れることなんて出来ないでしょうが、
とっても気になるニュースです。

投稿者 KAWAノリ : 2010年8月19日 02:11

う~ん、これはいい!
最近DS3だのチンクエチェントだの
名ばかりの復活が続いていたので、
これはもう実質的なモデルチェンジと呼びたい
出来映えです。
120歳くらいまで休まず働いたらお金ためて
本気で買いに行こうかな?
ストラトスと聞いて私が覚えている一番古い車は
ベルトーネ ストラトス・ゼロのほうです。
しばらくはどこから乗り降りするのか皆目見当が
つかず、カウンタックの登場で「似てるなー」と
思いました。あの頃のガンディーニ・デザインは
エッジがきいていて好きな車が多かったものです

投稿者 吉田雅彦 : 2010年8月19日 17:21

色々辿って行ったら公式HPがありました。
New Stratos
プロジェクト発足当時にジェイソン・カストリオータ氏というデザイナーが関与していたのは間違いなさそうですね。ピニン→ベルトーネ→独立という経歴。
ピニン在籍時にプロジェクトがスタートしたという事なのかしら?
フェノメノン社のクリスチャン・ラバレック氏との繋がりも強いと聴く人物との事ですし、
上記のサイト内にもクリス氏の名前が出てきますね。
このクリス氏は、かのサンドロ・ムナーリ氏とも強固な繋がりを有しているようですし、
細かいいきさつは知る由もありませんが、
まさに「正当なる後継者」といってはばからない仕上がりですね。
世の中には呆れるほどすごい方がいらっしゃるものだと感服します。

投稿者 KAWAノリ : 2010年8月25日 00:42

ジェイソン・カストリ オータ,聞き慣れない名前と
思いきや若干まだ36歳!?米国系とか
奥山さんの影響も受けているみたいですね。
でも、マセラティ・バードケージやフェラーリ599
612といった作品群を見ていると洗練された小悪魔的な
昔のピニン風じゃなくって,どこかノスタルジックな
それでいてアメリカ的なワイルドでマッチョなテイストも
感じさせてくれます。直線もほとんど使わない所は
コラーニ風だったり・・・。そんな彼がストラトスの
流儀を正しく引き継いで完成させたことは,
これから登場するであろう新生サーブのデザインにも
大きな期待を抱かせてくれます。きっとサーブの伝統を
活かして斬新なクルマであっといわせて
くれるんだろうなア・・・・・
(公開済みの9-3XはGM時代の遺産の様にも見え
まだGM傘下だったスバルレガシィワゴンとの近似性を
強く感じさせます。次世代モデルからが本領発揮という
ことでしょうか)

投稿者 吉田雅彦 : 2010年8月25日 02:40

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

バックナンバー

カテゴリー