2017年10月25日

Tokyomotorshow(honda①)

この秋はEVをめぐるニュースが急に吹き荒れた感じの自動車業界、そんな中で東京モーターショーの開幕です。ホンダの八郷社長は2020年にEVの市販を宣言。シェアの大きなメーカーだけに影響力も無視できないものがあります。

電気自動車といえば電池スペースをどこに確保するかも問題。床下配置だとどうしてもSUV向きなデザインになりがちですが・・・・・

P1200415


これはどう見てもシビック(初代)?
軽自動車N-ONEやS660のコンセプトモデルもモーターショーからブレイクしたことを考えると、このデザインにも市販化へ期待が募ります。

でもやっぱりホンダとくれば
P1200416
P1200417

魅力的なスポーツクーペも見逃せません。こんなスタイルなら若者ならずとも率先して買うべきでしょう!!

| 15:01 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

ホンダのクーペなんか、このままの形で売れば絶対ヒットすると思いますけどね。絶対しないでしょうね。

投稿者 JT : 2017年10月28日 09:39

売ってもヒットしない先例があると・・・・・・
今回の評判次第では次回のショーに参考出品、その次のショーに市販車展示も可能性がないとは言い切れませんが

投稿者 吉田雅彦 : 2017年10月28日 20:28

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

カテゴリー