2012年06月16日

あと数時間

夏至祭に近い土曜日の午後3時
フランスのサーキットを舞台に24時間も走り続ける
自動車の耐久レース=ルマン24時間がスタート時刻を迎えます。

F1と違って、市販車も含むスポーツカーで争われ
古い規則では二人分の座席とスペアタイヤ
灯火類の装備が義務付けられていました。
60年代から70年代にかけて、フォードやポルシェ
フェラーリの戦いは。そりゃあモウ激しいものでした

が80年代に入り誰もポルシェに太刀打ちが出来なくなると
2座席のプロトタイプスポーツカーと云うカテゴリー自体が
面白みを失ってしまった様に感じます。

90年代、日本メーカーも相次いでルマンの表彰台を狙いに
行きました。そんな中で、地道にしかし確実に表彰台の頂点に
たどり着けたのはマツダ一社のみ。ロータリーエンジンの
長いチャレンジがようやく報われた瞬間でもありました。

日本車で今のところ唯一の栄光に輝いたロータリーエンジンも
今月、RX-8の生産終了で、いったん表舞台から姿を消します。

時代は移り変わって、いまや、ディーゼルエンジンが
この長く厳しい戦いを制するようになりました。

真剣に表彰台を穫りに行きながら二位で終ったトヨタ
今年はハイブリッドで、捲土重来を期します。迎え撃つ
王者アウディはディーゼルにハイブリッドを組み合わせ
この二台がことしの注目を集めそうです。

トヨタ、ダークホース的な勝利を手にするか
やっぱりアウディの牙城は崩れなのか。

24時間に亘る不眠不休の戦いはもうまもなく
フランスパリ近郊のサルテサーキットを舞台に始まります。
スタートから24時間後の先頭を走っているクルマは??
是非結果をお楽しみに

| 20:38 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

日本時間では8時間後結果の出ているルマン24時間、実質ロータリーエンジン最後の大きな大舞台を迎えるTOYOTAが勝ち抜いてもらいたいです。

投稿者 ちなみん : 2012年6月17日 14:58

ふーん。

投稿者 わたなべなおこ : 2012年6月18日 22:14

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

カテゴリー