2012年06月03日

大澤郁夫の世界

%E5%A4%A7%E6%BE%A4%E7%94%BB%E4%BC%AF.jpg

写真と見紛う程の精密な航空絵画を描く、
画家の大澤郁夫さんが、東京・有楽町の東京交通会館で
航空絵画と模型展を開催します。

大澤さんは、1960年代からアメリカ軍やアメリカの
文化を取材し、多くの雑誌や写真集、ムックなどの
出版に関わってきた方です。

中でも100点を超す航空機や艦船、軍用車輌などを
描いた絵画を在日米軍のアートプログラムに寄贈し、
その素晴らしいアビエーションアートは、現在も米軍の
横田基地司令部に飾られていることは、マニアの間で
広く知られています。

アビエーションアートというと、日本ではプラモデルの
箱に描かれたボックスアートを連想されがちですが、
海外では絵画の一ジャンルとして確立されており、
イギリスのロバート・テイラー氏などが第一人者として
知られています。

日本でも大澤さんをはじめ、小池繁夫さんや佐竹政夫
さんなどがよく知られており、若い人たちからも新鋭の
アーティストが誕生しています。

これを機会に是非一度、アビエーションアートの世界を
覗いてみてはいかがでしょうか。

「大空の残像」大澤郁夫の世界は、今月17日(日)~
23日(土)まで、東京交通会館地下1階のシルバー
サロンAで開催されます。入場は無料です。

| 14:02 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
今回の画像、お写真と見間違う程の精巧さですね!!
初めから演出志望だったとは言え、まず最初はアニメ-ションの業界に入る為上京した身としては、精巧な絵は24年前を中心に走馬灯のように蘇り、憧憬の念を抱きます。
父譲りの重低音を活かし、怪優を目指す道もあったのですが、最近少々緩和されたとはいえ、長年のコンプレックスでしたので・・・
若い新鋭のアーティスト、今後も輩出され続ける事を期待しています。

投稿者 ちなみん : 2012年6月 3日 16:09

ちなみんさん、ありがとうございます。
大澤さんの描くアビエーションアートは、まるで描かれた飛行機が画面から飛び出してくるような錯覚を感じさせる超絶アートです。
主題の飛行機のみならず、例えば手前のフェンスの金網の質感までも見事に表現されています。
あんなに絵が描けたらどんなにいいことか・・・・・

投稿者 ホヅミ : 2012年6月 4日 13:07

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー