2011年09月11日

nine eleven

悲劇は月曜日の朝、まもなく九時を迎えようかという時間
何の前触れも無く突然に起りました。
都内のスタジオで仕事中だった私もこの未曾有の惨事に
否応無しに巻き込まれて行きました。何度も速報を突っ込むうち
いつの間にか移行していた報道特別番組。スタジオには
報道部長はじめ軍事評論家のK浦さんも駆けつけてくださり
盤石の放送態勢が出来上がりました。

が、いかんせん入って来る情報は断片的なものばかり
肝心の犯行声明すら、まだ判明しておらず模索と推察しか
ありません.直前に発生したパレスチナを巡る緊迫した状況
イラン、イラクを取り巻く諸問題。どれも決め手を欠く推察に
すぎませんでした。行方不明機の数すら正確には掴めない状況
このまま世界は戦争に巻き込まれて行くのか?超大国アメリカは
数時間後、どのような運命が待ち受けているのか?
何もかもが全く判らず、予想すら出来ない状況。

そもそも、この緊急報道特番は何時まで続くのか?
この疑問は朝五時近くまで解き明かされることはありませんでした。

P1150132.jpg

P1150130.jpg
9 years later・・・・澄み渡った9月の空を背景にしたツインタワービル
21世紀の最初の一年、
アメリカは本土が攻撃を受けるという
予想外の戦争に突入してしまいました。
敵は国家ではなく姿の見えないテロ集団
世界を舞台にした犯人探しに10年も掛かり
今だにテロへの恐怖は拭い去ることが出来ません。
そもそもテロリストはなぜアメリカを標的に据えたのか
国家としてのアメリカが攻撃を受ける原因は何だったのか
10年経っても明確な答えは見えて来ませんでした。

| 17:09 | コメント(3) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

きっとこの先も「本当の答え」なんて知る術も無いと思っています。
10年の歳月が過ぎた今、とにかく腑に落ちないのが「なぜ旅客機が二機もNYの中心部にある超高層ビルに突入できたのか」そして「完璧なまでの崩落」。
「敵」は本当にアルカイーダだけだったのだろうか?
間違いなく起こったことは、大変多くの方の命が無慈悲にも奪われたと言う事。
引き裂かれた家族の悲しみは何年経っても忘れ去る事など出来ないであろうし、明確な対象があれば「悲しみ」は簡単に「憎しみ」にも変わる。
「テロ根絶」の名の下に今も続けられている報復攻撃。
‥‥でも多分、十年前のこの日、今はグランドゼロと呼ばれる彼の地で命を奪われた人々はきっと「憎しみの連鎖」なんて望んではいないでしょう‥‥心からご冥福をお祈りいたします。

投稿者 KAWAノリ : 2011年9月12日 01:04

ブッシュ政権が発足まもなく直面したのは,テロとの戦いと云う,新しい戦争の形でしたね.といっても軍事目標が明確に存在する訳でもなく大量破壊兵器を隠し持っているというガセネタだけを根拠に武力行使を決断したり。いつだって何処の世界だってとばっちりを食わされるのは末端の国民、勇敢な兵士たちで・・・・・

投稿者 吉田雅彦 : 2011年9月12日 02:00

同時多発テロからも、早くも10年ちょうど経ちました。
「テロリストの標的は国力・財力だったのか?」の推論は出来ても、本質的な解決が出来ていない以上、何の意味も持ちません・・・
震災やテロで、ご家族・大切な方を喪った方々のお姿を拝見すると、自分は妹が真っ先に浮かび、涙を禁じ得ません。
原因はもちろん上記の2つではありませんが、24年経っても、時が解決する訳でなく、一生この哀しみと向き合っていくのだろうと感じます。

投稿者 ちなみん : 2011年9月12日 02:37

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー