2020年08月11日

おみやげ(automobilecouncil)

日本に本格的な大衆車時代をもたらした日産サニー、そのトラック版、ピックアップのミニカーを見つけました。アメリカ、マテル社製のホットホイール、存在は知っていたものの実物は初めて見ました。・・こうしたお宝物件が見つかるのもオートモビルカウンシルならではの楽しみの1つ。勿論我が家のコレクション入り決定です。

サニトラと呼ばれるこの車形は半世紀前から今世紀始めまで生産が続いた昭和のシーラカンスみたいなクルDscf4272マ。今でも世田谷で少なくとも一台が棲息しています。

大阪万博の開催年、隣のクルマが小さく見えま〜す。のキャッチコピーが比較広告ではないかと物議を醸したことで歴史に名を残す二代目サニーのピックアップトラック、B120系はサニーとしては最後のトラックとして生まれ愛知機械に生産移管された後も平成にまで生き延び、南アフリカでも今世紀始めまで生産され続けたロングセラーでした。

とりわけその12Aエンジンの素性はとても良く、ハチロクが人気になる前はこのエンジン搭載のサニークーペがツーリングカーレースの人気を独占したも同然でした。長く愛される理由はこんなところにもあったのです。

定番といえばもう一つ、二階建てのロンドンバスも初めて買いました。最新型はもっとモダンなデザインですが、やっぱりこの形に愛着があります。というかこれしか知らないんですが、

車体後部から二階席に上がるステップもしっかり再現されていてお値段はサニートラックの半分!こりゃあ買うしかないでしょう.........

| 21:43 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年08月10日

山野のはな

今日は山の日ですが、北関東の山中で見つけた、野に咲くとある植物の葉っぱ、Dscf4281春先には枯れそうに弱々しかった小さな葉が7月の多雨でグングン成長、鉢が窮屈そうになるほどの勢いです。

連日の猛暑でクターっとしていても、鉢に水を差してやるとあっという間に元気を回復、シャキッとしています。

さあていったい何の花がひらくでしょうか?

| 23:09 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年08月09日

やっぱりポルシェ?(sutomobilecouncil)

お、ジェームズディーンの;愛車550スパイダーにスカG伝説のライバル役、904カレラGTSが!!! 近づいてよ〜く見るとどちらもポルシェのエンブレムが見当たりません。

Img_7208

制作したのはレプリカを得意とするBECKというブランド。でもポルシェ気分は充分以上に味わえます、きっと。

大概はビートルのエンジン、足回りのパーツを流用したものですが、本家が元々そうなので血筋としては正統です。

あとはチューンの度合いをどうするか?それよりも往年の大スターだったスピードスターのコクピットを新車で味わえる幸せを感じることの方がこのクルマの価値だと思うのです。Img_7206

| 22:00 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年08月08日

GR-FOUR

GR-FOUR仕様の2ドア・ヤリス、今日の発売と同時に購入しました。と言ってもミニ四駆の新製品、WRC仕様のデカールは実物の発表待ちなのか今回はホワイトボディでの登場。
Dscf4279ZRシャーシはリアのモーターからプロペラシャフトで前輪に駆動力を伝える実物さながらのシステム。なのでこれまで組み立てた車台と共通項はありません。あまりコストをかけずにチューンUPしていく方針です。


欧米で古くから人気のスロットレーシングカーと一番の違いはチューンUPにかけるマニアの熱気とコストです。スロットレーシングはドライビングのテクニックがモノを言うので走り出してからが勝負。対するミニ四駆はスタートするまでが勝負。あれこれセッティングに苦心するようすはF1チームのメカニックさながら、と言ったら言い過ぎでしょうか?

恐らくはタミヤがミニ四駆を企画した時にはここまでの熱中ぶりは想定していなかったかもしれません。スロットレーシングよりもコース設営が容易で車両のコストも安価。改造パーツそのものの価格も決して高いとは思えません。が、新型スープラの特製シャーシに既に車体の3倍近いコストを掛けている身としては、今度のヤリスをコスパ重視で仕上げよう、と思っています。


結果、ドライブシャフトは中空シャフトでなく強化版、軸受けはベアリングでなくフツーのメタル、モーターやギアセットはノーマルの付属品です。
本来なら2セット買って比較しながら効果を確かめたいところですが、そうするともう千円ちょっとの追加出費に。突き詰め出したらキリがないのがミニ四駆、ということのようです。


6422bfc7baac491bae794e068d233a1b

| 12:54 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年08月07日

8/9に再放送決定

去年6月23、日曜日夜のJ-WAVE SELECTIONが、このほど優秀な放送番組や出演者らを顕彰する「第57回ギャラクシー賞」(放送批評懇談会主催)のラジオ部門大賞に輝きました。

沖縄戦の終結から74年目の「慰霊の日」=23日(2019)の放送は沖縄に生まれ育ったジョンカビラさんと父川平朝清さんの番組です。敗戦の日と前後して沖縄に生まれた米軍政下の放送局設立、そして沖縄返還と前後したテレビ局設立と沖縄放送協会のスタート、

沖縄の放送メディア創成期に関わった川平さんの役割は、やがて同じ昭和に東京で産声を挙げたJーWAVEの歴史にも深く繋がって行くことになるのです。
いまも矍鑠とした朝清さんの肉声と流暢な英語・・・・・沖縄の復興と放送メディアの成長が語られ、ときには政府への不満や無責任な態度への怒りもにじませたメッセージも込められます。
そしてジョンさんの母であり、朝清さんの妻となる一人の女子大生が教室で訴えた内容とは?・・・・・・・

    https://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/2019/06/

この番組が来る9日、再放送されます。乞うご期待!

もしもこのファミリーが存在していなかったら、と考えるとその果たした役割の大きさ、親子の不思議な縁を改めて感じることでしょう。

| 00:32 | コメント(0) | カテゴリー:番組のお知らせ

2020年08月06日

日産がついに新商品?

クルマの形をした柿の種が発売されています

6ab43b1c50e140b1884a8d9edb44def0

Cc0d2418725a4c9389640099ffebdbaf

日産がついに新車開発を諦めて新商品?なわけではなく、伊勢原市の地元企業が厚木にある日産のテクニカルセンターの協力を仰いで開発したもの。いわば日産公認のブランド商品です。モデル化されているのはダットサン・フェートンに始まり昭和、平成の個性派ばかり23種類も。チェリーX-!Rだの、エスカルゴだのサニートラックも、勿論GT-Rやフェアレディなどの定番もあります。金型は日産の厚木テクニカルセンターで特注、製造は新潟の菓子メーカーといずれも本格派。

今のところ地域限定販売ですがプレミア付きで取引されているという噂さえ・・・・

噛みしめながら頂くことにします。

thanks K夫妻

| 14:44 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年08月05日

190E2.5-16(autombilecouncil)

80年代前半、輸入車の中でも一番目立ったのは通称子ベンツこと190の存在ではないでしょうか?
3ナンバーが当たり前と思われていたベンツが5ナンバー枠に収まった!もうそれだけで大ニュース、そんな時代でした。勿論大ヒット、六本木カローラと揶揄されたBMW318と人気を二分したものです。

普通メルセデスのモデル名はエンジン排気量のアタマ3桁で表されますが、格上のクルマを超えて大きな数字は付けないのが通例でした。450SELに6.9リッターのエンジンを積んでも600を超えることは許されません。なので450SEL-6.9という長い名前が生まれます。

190Eにも大きなエンジンの要望は当然あり、230や220という格上に遠慮して苗字は190のまま。2.3や2.5と言った接尾語で排気量を表していました。さらに気筒あたり4バルブを意味する16を付け足すと、もう究極の高性能バージョンと言った面持ちでした。

Img_7196


幅広いリアタイアを包むかのようなワイドフレアー、トランクに屹立する巨大なリアウィングはダッジのスーパーバードを思い起こします。AMGに頼らずベンツ自身がこんな高性能版を手掛けていたのがこの時代。日本ではシティーターボや鉄仮面スカイラインが話題をさらっていたものです。

では、190は歴代最小のベンツだったのか?いえ、戦後にもっと小さな(遠い祖先)170がありました。
フォルクスワーゲンのあまりにも有名なカブトムシにとても良く似た流線型の2ドア、エンジンルームは後ろ側。ワーゲンとは違って直列の4気筒エンジンが載っています。

Img_7202



そもそもカブトムシの試作車生産を担当したのはメルセデスだし、ポルシェ博士もベンツ出身、と考えれば遠い親戚みたいな間柄です。


ハナシ戻って80年代、歌謡曲では松田聖子、中森明菜に続けとばかりにティーンのアイドルが続々登場して、今ではすっかりおばさんと呼ばれる歳になっています。キョン2も松本伊代も堀ちえみもそんな世代、スター誕生という発掘番組があったのも大きく影響していました。そんなスター量産時代の子ベンツ、現在のCクラスの遠い祖先です。

| 22:10 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年08月04日

台風4号

長雨が続いた先月は台風発生ゼロに終わったかと思いきや今月早速台風が発生しています。4号です。今中国大陸を揚子江河口付近を目指して北上中です。

そう、上流域には長江を堰き止める巨大ダムがあって、流域でも前線が居座っしまうと心配な状況が続いています。

原発30基以上の発電量を誇り、洪水対策に絶大な効果を発揮する筈だった三峡ダムの安全性がいま疑問視されています。6月あたりからグーグル・マップに映るダムが明らかに大きく歪んでいると、話題になり中国当局が躍起になってこれを否定。でも居座る梅雨前線の下では降水量が増すばかりで危険水位到達も目前。危し三峡ダム!

下流域が洪水に見舞われるような事態になると放水量を増やすこともままならず、かといって貯水量は絶対に増やしたくない。かくなる上は上流域で被害の少なそうな場所を狙って堤防を爆破、水位を上げさせないという強硬手段だって中国ならアリです。

4日、5日と朝鮮半島に向けて進みそうな4号、上海付近を中心とした内陸部の雨量が心配されます。

| 13:05 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年08月03日

ボルボ・アマゾン(automobile council)

熱帯雨林と同じ名前のオンライン書店が生まれる前はアマゾンといえばVOLVOのうんとクラシカルなセダンの事を指していました。いつの話?って、雑誌ポパイ創刊の頃、1970年代後半の話です。

Img_4260
誌面にはサーファー御用達のクルマとしてこの旧いボルボが取り上げられていたものです。当時で既に10年落ちの中古車、サーファーといえばVWビートルやダットサンのピックアップ、デリカのライトバン辺りがポピュラーになり始めた頃です。

サーファーに代表されるアメリカ西海岸のライフスタイルがこの当時の流行でした。音楽も同様、西海岸を拠点としたグループの筆頭がイーグルス。元はといえばリンダロンシュタットのバックバンドとして脚光を浴びた存在です。

ボズスキャッグスもこの時代にブレイクした一人、バックはTOTOとして活躍するメンバーが固めています。日本だと井上陽水のバックを務めた安全地帯といったところでしょうか?

サーファーもウェストコーストサウンドもアダルトオリエンテッドロックもポパイにはたびたび登場し、やがて横浜元町を震源地にハマトラルックと雑誌JJが産声をあげます。コレがなかったら田中康夫がなんとなくクリスタルで文学賞を手にすることが出来たかどうか?

80年代に入るとVOLVOは真四角なレンガみたいなデザインにモデルチェンジして、アマゾンの名前も次第に聞かれなくなって行きます。久しぶりに見かけたアマゾンには、その昔サーファーのギャルを乗せたポパイ少年がハンドルを握っていたのでしょうか?

60年代に海を渡り日本へやって来たアマゾンがどんなオーナーの元で暮らして来たのか、色々想像を膨らませてみるのも楽しいひと時です。

| 21:24 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年08月02日

海辺の映画館―キネマの玉手箱


Dscf4255


数々の大林作品の舞台になった尾道の小さな古い映画館の最終興行、オールナイトで上映されるのは日本の戦争映画ばかり、という設定で始まる今回の作品。昭和20年をシリアスに描いたラスト一時間の長い長い前振りが前半の2時間という見方も出来ますし、ハウスの様なとびっきりブッとんだ大林映画のショーケースの様でもあり、監督の遺言の様でもあり、この映画が評価されるのに50年や100年かかってもおかしくはない、くらいの深い見応えです。

スクリーンの中で誰も真似のできないエンターテイメントを繰り広げる、そんな手法はテレビ創世期の夢で会いましょうやシャボン玉ホリデーのタッチを思い出させます。


戦時中のエピソードや映画にまつわる小ネタの数々、きっと大林監督が映像化して残しておきたいものをヴィジュアル化したんだなあって思います。

武田鉄矢の坂本龍馬も片岡鶴太郎の千利休も見事なハマりっぷりですが、豪華な友情出演は他にも山ほど!女優のキャスティングも成海璃子、中江有里、山崎紘菜を選ぶあたりに個人的には共感を覚えます。

監督のラストメッセージの様にも、尾道最新作の様にも見えて実のところ話は原爆投下目前の広島市へと向かって行き...

結局のところ、戦時下の沖縄から被爆後の広島まで昭和20年を描いた後半の一時間だけでも、目に焼き付けておいて欲しい秀作でした。

Dscf4258


| 06:03 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦



2020年 8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

カテゴリー