2018年12月12日

アボリジナル・アート展

先週一週間、朝の番組、J‐WAVE TOKYO MORNING RADIO内
ALFAROMEO THE PASSIONISTA」のコーナーに出演してくれた内田真弓さんプロデュースのアボリジニアート展が始まりました。
場所は伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリー~ 2018年12月18日(火) 最終日午後6時までの開催です。
 12月15日(土)午後2時〜2時30分には内田さんによるトークショーも予定されています

番組でも紹介されたように、オーストラリア大陸に古くから根付き、独特の価値観、文化を持つ先住民たちが描いたアートの数々・・・・
それはどこか、哲学的でもあり今までに見たこともない独自の感性が溢れているような気がします。
とりわけ目を惹くのはその鮮やかな色遣い。原色の組み合わせだけではなく黄色、ピンク、空色のパステルカラーのコンビネーションがあったり、点描画を思わせるドットの細かい組み合わせ、変な例えですが色診検査のあの模様を思い起こします。

日本からは赤道を挟んで遠く南半球で育まれてきたユニークな個性、お目にかかれる貴重な機会です。


| 08:29 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年12月10日

ENRICH TOKYO PROJECT

Imgq9599この1週間、メトロに乗ったら中吊り広告に注目です!
 12月10日(月)~16日(日)の期間、東京メトロ全線の中づりに、J-WAVEがチョイスした「グッとくる歌詞」を掲出、しているからです。

 その楽曲をJ-WAVEでオンエアする『ENRICH YOUR LIFE WITH METRO SONGS』プロジェクトが展開中、その第4弾が実施されています。メトロに乗ったら中吊りに注目!!

・・・・・とはいっても最近は相互乗り入れで地下鉄線内を走る車両も多いので意外に東京メトロの車両に遭遇できないかもしれません。(銀座線、丸ノ内線はこの限りではありませんが)

例えば日比谷線を例にとればメトロの車両は03系と最新型13000系の2タイプだけ、東武から乗り入れてくる海老茶色の帯を巻いた20800系や新型の70700系は広告の内容も違います。目黒線なら埼玉高速鉄道と東急線も乗り入れるのでメトロの車両は9000系のみ。半蔵門線もやはり三社乗り入れなので8000系車両が来ないとお目にかかれません・・・・

逆に、メトロの路線以外でも他社路線に乗り入れてくるメトロの車両なら、郊外の景色と中吊り広告をいっぺんに楽しむこともできます・・・・・・・(例えば東横線に乗り入れる営団10000系など・・・・・鉄オタじゃない音楽ファンの皆さんはドアの横にあるメトロのマークを目印にしてくださいね)

| 03:44 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年12月09日

ハコスカストーリー

朝の第三京浜、追い越し車線を駆け抜けてゆく白いGT-R。ハコスカと呼ばれたスカイラインの第三世代に追加された4ドアのGT-R。六気筒ツインカムの快音を残して遠ざかってゆく。そういえば数日前にもこの付近で見かけたことのある車両だ。ナンバーから推察するに近年改めて登録されたものらしい。フルレストアを受けン千万円もするようなコンディションではなく、ウインドウ周りのモールやテールランプ周囲のガーニッシュにはそれ相応のやつれも見受けられる・・・・・・
想像するに、毎日の足に使われているか、足代わりのファーストカーとしてごくフツーの自家用車として使われている様子だ。ここまでコンディションを保ちつつ日常の足に使うにはそれなりの技量と知識が必要なはず.S20のレーシングエンジンだけが歌い上げるエギゾーストサウンドは、その少なくない労苦に対する報酬かもしれない。
1969年の初頭に発売されたスカGの最強バージョン,GT-Rは程なくしてマイナーチェンジを受け第二期モデルに移行する。1970年のハードトップ登場までの1年足らずしか生産されていないレアモデルの一台。ホワイトのボディは毎週のように丹念にワックスがけをされたふうでもなく、かといって醜い水垢の跡や修復の痕跡も見当たらない。

生産からまもなく50年が経過するというのにここまで大切に道具として愛用され、大切に維持されているGT-Rを見るのは貴重なチャンス。
こんなふうに一台の車を長い間グッドコンディションで走らせ続けることができたら、クルマもオーナーもどんなに幸せなことだろう・・・・今週、33年前に購入した一台のクルマを手放すに際してとっても心に刺さる一コマだった・・・

| 19:28 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年12月08日

・・・is over

1980年の12月8日、名古屋に向かう国道①号線の車中で聴いた全国ネットのラジオ・ニュースから流れてきた第一項目は衝撃的なものでした。
NYの高級マンションでジョンレノンが銃撃に逢い、死亡が確認されたという第一報。地震や巨大災害を除けばこれほど驚いたニュースはそれまでなかった・・・・
後に続く生放送の番組は勿論、深夜放送も急遽予定を変更して続々ジョンレノン特集を組む。子育て休職期間を終え、本格的に活動を再開した矢先のあまりに非道い出来事。犯行は狂信的なファンによる蛮行であらかじめ計画されたものらしい・・・・・・

ビートルズの一員が死んでしまうなんて・・それも平和を愛し、日本びいきでもあったジョンが凶弾に倒れてしまうなんて・・・・今でも思い出すたびあの時の衝撃を思い出します。

銃規制はあのころから少しも進まないばかりか毎月のように伝えられる乱射事件・・・・むしろ、当時よりもひどくなった気すらします。この記事を書いている12日時点でもフランスのクリスマスマーケットで銃撃事件、ブラジル・サンパウロ州の教会で銃撃事件・・・・アメリカだけとは限りません。日本でも警官の拳銃を強奪、殺害するという凶悪な事件が起きています。

この時期になると流れるジョンの♫ Happy Xmas (War Is Over) 歌詞に込められた平和への願い。・・・・国家間の戦闘に限らず、人間同士の醜い争いにも終止符を打てるまで、この歌をplayし続けなければ・・とおもいます。

| 19:40 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年12月07日

ホノルルへの道 ⑱

 ホノルルマラソンまで あと 2日!!!!!
 ここまできてしまった!!

 この一週間は、全く走らず、筋トレやストレッチ
 マッサージの日々。
 食事にも気をつけました。
 走ってないとヒマでヒマで体がなまりそう。。。
 家の大掃除が捗る捗る!
 そんな中、友達が差し入れを持ってきてくれました!
 ありがと~~~♡

kusuri.jpg
 薬剤師の友達が厳選してくれたものです!
 中でも、日本清心丸は、EXILE のMAKIDAIさんが
 紹介してるそうで、またの名を元気玉。
 光り輝く金の玉!
 なんか効果ありそう。
きんたま.jpg
 私が無事に完走できたら
 きっとこの金玉!のおかげ!!笑
 元気みなぎってきたぞ~~~本番前はこれで最後。
 無事完走していい報告ができますように!

| 09:00 | コメント(1) | カテゴリー:杉江奏子

2018年12月06日

0と1のターニング・ポイント

高校時代のとびっきりチャーミングな同級生の親友(内田真弓さん)がJーWAVE 朝の番組に登場しました。
今週の別所さんの番組-J‐WAVE TOKYO MORNING RADIO内
ALFAROMEO THE PASSIONISTA」のコーナーにて!

月曜日からの四日間、アボリジニのアートについて紹介してくれています。
そう、オーストラリアの話です。同級生のTokoとはオーストラリアを通じての深いつながりだとか。1日目の月曜日はオーストラリアに単身渡るまでのエピソード。2日目はアボリジニとの出会いと様々な価値観の違い...
そして3日目は所有という概念の無いアボリジニと幸福の考え方の違い。これ、結構大きなポイント。
最終日の朝はアボリジニ・アートをめぐる、葛藤と奮闘。まさにゼロからスタートして1に結実するまでのストーリーです。

聞き逃しちゃった、もう一度聞きなおしたい、そんな人は勿論Radikoのタイムフリーを使って・・・・・
で、実際にアボリジニ・アートを見てみたい人は来週、伊勢丹百貨店においでください

| 03:29 | コメント(0) | カテゴリー:番組のお知らせ

2018年12月05日

ガキの筆遣い

物置の整理をしていたら・・・・
Dsc_5777クルマに夢中だった中学生の頃、暇にまかせて段ボール箱の隅に落書きしていた自動車のデザインスケッチを見つけました・・・
などという体裁の良いものではないけれど、自分なりにカッコいいクルマのデザインを探求してはいたようです。

当時流行だったムスタングのマッハ1風あり、ローレルのC130ハードトップ風あり・・・・大阪万博が終わって間もなく、日本車のデザインは新車が発表されるごとに劇的に変化し続けました。もっとも影響を受けたのは当時のアメリカ車のデザイン。コークボトルラインと呼ばれる抑揚の効いたダイナミックなスタイルがもてはやされたものでした。最初に影響を受けたのはコロナ・マークⅡで軽自動車のスズキ・フロンテの方が若干早かったかもしれません。
朝刊をめくり新車発売の全面広告を見てはニンマリしていたものでした。


| 17:56 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年12月04日

机器之血

娘の病院に急行するジャッキーチェンの携帯に緊急捜査の指令。夜の香港を舞台にいきなり繰り広げられるすさまじい銃撃戦。のあと携帯には娘の危篤を知らせる知らせが・・・・・
ここまでで、ようやくタイトルロール;ジャッキーチェン主演作「ポリスストーリー/BLEEDING STEEL (邦題;REBORN)」はこうして始まります。
一転して真っ赤な網タイツの美脚を追い、カメラはシドニーのとある秘密めいた場所へ・・・・・スパイ映画の王道を行くフォーマットです・・・・

作品の題材は遺伝子組み換えで驚異の再生能力を得た人造血液と人工心臓の開発をめぐる争奪戦・・・・・そういえば中国で遺伝子組み換え技術を実践した双子が誕生のニュースが流れたのはこの映画の日本公開直後!!

12月の映画の日が制定されて間もなく、デート・ムービーにはジャッキーチェンのポリス・ストーリーを選んだものでした。アクション・シーンのみならずラブ・ストーリーもちゃんと織り込まれていて、トータルに楽しめる娯楽作品だったことはいう事もありません。
あれから、ずいぶん年月が流れジャッキーチェンの身のこなしも些か重たそうにも見える時があります。ガン・アクションの比率が高くなっているのも事実。でも、若手捜査官役の中国出身女優;エリカ・シアホウ;Xiahou Qiyu (夏侯琪誉)のシャープなアクションの切れの良さ、キュートで清楚な可愛らしさを兼ね備えた美貌はこの映画を出発点として大きく花開くかもしれません。
歌謡曲ファンには見逃せない欧陽菲菲の兄弟の娘で、台湾のチェリストでもある欧陽娜娜(オーヤン・ナナ)が重要な役どころを演じている点もまた見逃せません。

途中からこの映画を見たらターミネーターの続編か、スターウォーズのパロディー・シーンかと見紛うばかりのシーンもあって以前の作品とは時代の隔たりも感じさせます。勿論シドニーのオペラハウスを実際に使った実写(と合成の)アクションシーンも満載。
ジャッキー・チェンの生身のアクションシーンがいつまで撮影できるかは分かりませんが二人のフレッシュな女優たちが大きく羽ばたいてゆくのがとても楽しみなこれからです・・・・

| 10:49 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2018年12月03日

クリスマスの準備♪

あっという間の師走。
慌ただしい日々です。
去年末は、義父を天国に見送って、
クリスマスの飾りつけの余裕がありませんでした。
今年は!
10年くらい前から少しずつ集めたサンタたちを集めてみました。
久しぶりの再会♡
にんぎょうたち.jpg
くまり.jpg
みなさんが良いクリスマスを過ごせますように♡

| 10:00 | コメント(0) | カテゴリー:杉江奏子

2018年12月02日

10年目

木次真紀アナと戸丸彰子アナの二人ユニットによる朗読会
「音風(おんぷ)の世界」も、なんと10回目!

その舞台裏をちょっとだけ覗いてみました。
舞台を彩るピアノ、ギターの伴奏、それに効果音の音効・・バック・スクリーンに投影されるイメージ画像もシンクロさせなければなりません。
芝居の台本と同様、セクションごとの緻密な進行台本が作られています。映像はシナリオに合わせて絵コンテ通り進行。効果音もタイミングを逃したら大変、担当者はシナリオから一時も目を離せません。
当然こうした綿密な構成もあらかじめ考えなければなりませんし、リハーサルも必要です。演目の合間には着替えも必要、しかも、これに照明のプログラムが加わるのだから・・・・・・・・


見事なステージングを見せた二人と大勢のスタッフ、10回目の記念すべき「音風の世界」は終わりました。
ここ渋谷クラシックスでのステージはひとまず一区切り。よく10年も続けてこれたね、とはご本人たちの弁。

Imgq9546

Imgq9555

そういえば、二人とも嫁に行ったし・・・・・・とはある観客のひとこと。

師走の始まりの風物詩も平成と共にピリオドを打ちそうですが、どこかでまたスタイルを変えて新しいシリーズにお目にかかれることを期待して・・・


| 23:19 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦



2018年 12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

カテゴリー