2019年11月18日

2度あることは

F1グランプリで今季ホンダエンジン搭載車が3勝目を挙げました!Aston Martin Red Bull Racing(powheredred by HONDA)のフェルスタッペンがポールTOフィニッシュ、

Dscf00772位にはやはりホンダ・エンジン搭載のトロロッソ、ガスリーが入賞。それも僅差のワンツーフィニッシュを飾ることになったのです。ホンダにとっても思い出多きブラジル・インテルラゴス・サーキットのグランプリで!

記憶の糸を辿ればホンダがシーズン3勝目を挙げるのは90年代初頭、まだセナがチャンピオン争いにしのぎを削っていた頃のマクラーレン・ホンダ時代以来のことになります!・・・12気筒エンジンではない、現行のスペックではもちろん初めての快挙。既に年間タイトルは他チームに決定済みですが、来季に向けて楽しみなニュースです。


さてこの頃のF1は費用高騰を抑えるために、ますます規制が強化されています。2021年には年間予算の上限さえ設けられて無尽蔵の開発競争は出来ない構図となりそう!

技術のショールームとしてのレースの在り方よりも興行として魅力を保つための残念な決定でもあります。実はこの方向性、アメリカのレース興行に倣った方向と見ることもできます。

アメリカ版F1のインディ・カーレース・シリーズでは例えば高価なブレーキ部品の使用を禁じたり、水で消火できるメタノール燃料を義務付けたり、必ずしも高性能重視ではない、チーム間の格差が出にくいレギュレーションが数多く設定されて来ました。

興行としてのレース展開重視ならばこうした方向も否定すべきものではもちろんありません。でも、いち自動車ファンとして新技術の開発競争が見られなくなるのは残念至極。むしろ発展途上にあるフォーミュラEにも注目したい、と思うのですが・・・

この日は奇しくも本田宗一郎氏の誕生日、113年目の祝杯でもありました!

| 07:36 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月17日

YARISnew

今夜放送の#BRIDGESTONEDRIVETOTHEFUTURE、取材したクルマは日本名ヴィッツと呼ばれていた、欧州ではYARISと呼ばれるトヨタの数少ない5ナンバー乗用車の新型です。

Img_6587

デビューに先駆け袖ヶ浦のコースで全開走行。注目はマニュアルミッション搭載車です。

今度のヤリスは3気筒エンジン、これが意外にも快音を聴かせてくれます。決して不快ではなく気持ちいいサウンドなので是非タイムフリー機能で確かめてみて下さい。
120度クランクが紡ぎ出す独特のビートは直列6気筒にも似た官能的なサウンド。さらに言えばV型12気筒にも通じる音質、180度クランクでは味わえない個性です。

注目のサイズですが全長はギリギリ4メートル以内、幅も5ナンバーに収まっています。全高も1500ミリと、タワーパーキングOKのスペックです。

ホイールベースは従来通りほぼ2500のままなのでプラットホームが刷新(TNGA)されているのも興味深いところです。

先日のモーターショーでもビーナスフォート回廊に飾られていました。スタイリングで最も目を惹くのはリアスタイル、

Img_6588

ホイール・アーチあたりから大胆なプレスラインが走って立体的なバックドア、バンパーへと連なります。今までのどのトヨタ車にも見られなかった造形で好みの大きく分かれるポイントになるかもしれません。

初代ヴィッツは100万円ちょっとで再廉価版が手に入りましたが、軽自動車に対抗できる値付けがされるかどうか、注目したいところです。発売は来年2月中頃の見込み、マツダ2としてデミオの次期モデルが共通化されたらどんなデザインに変身するかも興味津々です。


それはそうと豊田章男社長のマイカーはヴィッツなんだって!これもヤリスに買い換えるのかな?来年のラリーカーがどのタイミングで新型にスィッチするかも注目です。

| 19:23 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月16日

New way

山手線は今日始発から一部運休させて大規模な工事を敢行中です。4時ごろから順次運転が再開されて新しい線路を走り始めます。

具体的にいうと品川、田町間の複雑な立体交差、今まで国道寄りを走っていた山手線の線路が大きく海側に変更され、高輪ゲートウェイ駅構内を走るルートに変更されます。線路の付け替えなら普通は数時間で済んじゃうもの?が、ここの場合京浜東北線の北行が山手線を跨ぐ形で設けられており、ことはそう簡単にはいかないのでこうなりました。

品川駅3番線をスタートした京浜東北線は、田町駅手前の位置で、山手線の内回り・外回りの二本を一気に跨ぐ必要があります。その高架部分はすでに完成済み。ですが、Dscf6146品川を出た1,2,3番線のレールを一気に新ルートに付け替え、営業時間中の(京浜東北線) 線路撤去、レール敷設、架線張替え工事が必要になった・・・・というわけ。南行の京浜東北線レールは既に新ルートに移設済みです。田町駅を出てから品川駅まで他のレールと交差する部分が無いので楽勝です。

なわけで、京浜東北線田町・品川間も終日運休です・・・・Dscf6148ということで、駅の行先表示には「山手線上野行き」とか「京浜東北線、田町行」とか言ったレアな表示が表れているので撮り鉄たちの評判となっています。

運休区間の再開は午後4時2分発から、今月末には相模鉄道JR乗り入れ工事が完了して、横須賀線路線に相鉄車が乗り入れて来ます。また銀座線や埼京線の渋谷駅も運休を伴う大規模な切り替え工事が控えており、その方面のマニアには堪らないチャンスの連続となりそうです!

| 15:12 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月15日

15日は日展の日

芸術の季節もたけなわ、遅ればせながら日展に出かけてみました。歩いていける新国立美術館まで。

裸婦像の林立する彫刻の部屋を前に、洋画の展示を鑑賞します。以前よりも鉄道やバイクを題材にした作品が増えたような気がするのは錯覚でしょうか?

でもやっぱり美しい女性を描いた畳ほどもある大きな作品はどれも圧巻です。大きさだけではなくディテールの細かさ、例えば瞳に映った景色の描写とか、まるでそこに実在しているかのような肌の質感やら

デジタル写真がどれほど美しくなったとしても絵の具を微妙に混ぜ合わせた色のグラデーションをリアルに再現するのは困難でしょう。

三原色を16段階に区切って数値化するだけではもちろん、かなり色空間を拡張したところで色数は所詮有限止まり。

作者に案外女性が多いことも発見でした。男性には真似できない優しさ、柔らかさと言ったものが、これも数値化できない表現として描かれています。

11cee9fc4be641858434fc9c85cc6fa5

日頃インスタなどの写真を膨大な数、見てはいますが、一枚のピクチャーに一体コンマ何秒を費やしていることか? お気に入りの一枚を見つけて、せめてコーヒー一杯飲み干すくらいの時間はじっくりとガン見してみたいものです。
| 09:45 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月14日

グランベリーへ

ケンタの食べ放題が話題の南町田グランベリーパーク、平日にもかかわらず物凄い人出、駐車場も長蛇の列が出来ています。こんなに混んでる南町田は見たことがありません!

もっとも店舗はリニューアルどころか全面建て替え、駅舎も見違えるほど立派になり急行も終日停車。かつての面影は何もありません。駐車場も立体の大型になって、それを東側に大きく取り囲むように敷地も増えているようです。

Img_6792

以前の場所とも全然違うので予備知識は無用。早速アウトドアショップのモンベルを目指します。以前とは違って一番奥手の突き当たり、左隣が注目のケンタッキーフライドチキンです。二階に広がった店舗の正面には以前にもましてボリュームアップされたボルダリングの体験もできる岩山が。3階建てを遙かにしのぐ高さです。(以前のものは二階の天井どまり・・・・迫力です。)足元を見るとカヤック用の池が新設されています。水深は膝下よりも低そう、これなら子供でも安心してカヤック体験に挑めそうです。順番待ちさえ厭わなければ・・・・・・

腹ごしらえが終わったらニューフェイスのお店を探訪、ハワイのグッズを並べたお店を見つけました。
店内にはハワイアンミュージックが常時流れて気分はもう太平洋上!アクセサリーやウェア類はもちろん、小物や部屋の飾り、VWワーゲンバスのプルバック・カーひとつ選んでもハワイ気分を持ち帰れそうな気がします。

Img_6798

他にもレクサスのブランドショップが期間限定で設置されたりスヌーピーのミュージアムが常設されていたり,リピート必至かも・・・・ひとつだけ注意したいのは一階フロアとペデストリアンデッキで囲まれた二階フロアのアクセス場所が意外と少ないこと。で、結局広大な店舗を二周回ってしまうことになるのですが、とても1時間や90分の駐車時間で全てを見渡すのは不可能!

行きも帰りもリニューアルした南町田駅(田園都市線)利用が時間も無駄にならず便利なようです。

| 09:50 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月13日

老舗の変節点

日産の決算発表によれば、今期の収益は大幅な減、1台売れても儲けは各税金分にも満たない計算です。

さて、ヘリテージコレクションを覗いてみるとスカイラインやGT-Rが実に多くを占めていることに気づきます。設計者が登山中に見た稜線から命名されたスカイラインの歴史は60年以上、ですが実は何度かの転換期がありました。一番の変節点は2000GTの追加、レースに勝つことを第一目的としたGT-Rが伝説を生んだ後,シンボル的な存在GT-Rは一旦途絶えます。

Img_6413

Rが途絶えたジャパン、ニューマン、7thの頃のスカイラインはどうだったか?ケンメリ世代から替わったジャパン(210系;5th)の最大の武器はターボ・チャージャーでした。が、6気筒ツインカム復活を望む声は絶えなかったらしく、R30系=ニューマン・スカイラインでは既存の4気筒をツインカム化して「RS」のバッジを冠します。GT-Rと同じ赤白のバッジ、でもGT-Rの名前を冠することは許されませんでした。ツインカム4バルブにターボ・インタークーラーと追加してスカイラインの中でも歴代最強となります。でも、GT-Rの復活までには、さらにもう一世代待たなければなりませんでした。

Img_6419

5ナンバー枠いっぱいまで成長したスカイラインとローレルの間にはこれと言った違いも見当たらず、スポーティーセダンからは縁遠くなりかけた頃、88年に登場したR32;8代目は大幅にサイズダウンして再び、大きな変節点となります。

新世代のGT-Rは待望の6気筒4バルブ、ツインカムエンジンにインタークーラー・ターボでブーストされた280PS、四輪駆動のアテーサシステムを奢られてツーリングカー・レース必勝のマシとなり、再び人気が沸騰します。

二度のモデルチェンジを経て10代目;R34で直列6気筒時代は終わります。当時、新任のカルロス・ゴーンが日産の船頭役を担っていました。スカイラインの暖簾も一時廃止が検討されGT-Rも空席の時代がありました。が、ゴーン改革の旗手としてGT-Rが復活、分家・独立しスカイラインは新たな局面を迎えています。

さて、登場10年以上を経た現行GT-Rとスカイライン、これからどこに向かうのか?
Img_6460

注目の400Rが次世代ではどのように形を変えてくるのか?期待は高まります。あるいはRの暖簾を受け継ぐ存在なのか??

船頭が交代した後の日産も大きな変節点に差し掛かっていますが、スカイラインの今後の処遇も気になるところです

| 17:35 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月12日

高田馬場アンダーグラウンド

山手線、東西線、西武線が交錯する高田馬場、学生の街でもあるこのエリアを長年に渡って見つめてきた著者;本橋信宏が記す、高田馬場ヒストリー・・・・

前半のハイライトは大ヒット曲「神田川」の誕生秘話、作詞した喜多條忠(きたじょう まこと)の才能を開花させたのはブレイク前の南こうせつ。彼からのアプローチで徹夜明けの15分で作詞、作曲に南は5分と要しなかった。舞台となった神田川は高田馬場から飯田橋方面に流れる、名前すら顧みられることも稀な川だった。三畳ひと間のアパートに暮らしていた忠の実体験がベース。

当初LPの収録曲の1つだったのが、ラジオのオンエアをきっかけにリクエスト葉書が殺到。急遽シングル・リリースとなったタイミングがオイルショックの火種となった中東戦争勃発直前の1973年9月末。まだ日本が右上り高度成長ブームに浸っていた真っただ中のこと。
貧しさや先の見えない不安をモチーフにした、こんなに切ない歌詞の楽曲が大ヒットした裏側には当時の日本人が忘れかけていた、逆境・貧困からの脱出を夢見た頃への郷愁が強く作用したのではないかと、今更ながらに思います。

曲のヒットを追いかける様にして国民は石油ショック、紙資源不足と言ったパニックに直面します。節約とか耐乏と言った言葉を押入れから引っ張り出してきて陽の目を浴びさせるまでさほど時間はかかりませんでした。あるいはこの時、ヒット曲のトレンドも変節点を迎えていたのかもしれません。

376a46a2c02a49cab2a1e7d799ed8f32
池袋と新宿といった巨大ターミナルに挟まれながら、目白とも大久保とも異なる独自のキャラクターに彩られているのは何故か?学生運動盛んなりし70年代初頭、キャンパス内では一体何が起こっていたのか?そしていつしか著者のマジックに魅了され、他のアンダーグラウンド本が気になって仕方なくなるかも?

| 23:26 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月11日

1111

11日はベースの日、イントロダクションでベースギターが印象的な曲と言えば色々ありますがやっぱりクィーンのAnother one bite the dust!でしょうね。 ビートルズやツェッペリンのナンバーにも幾つか印象的な曲があります。そういえばMJのビリージーンも、ベースのイントロが際立っていますね。

きょうはそんなベースが際立つ曲が幾つもONAIRされます。


邦楽では何をおいても山下達郎のsomeday♫


遡ること80年代初頭、ソロ活動間もない頃のアルバム「rideontime」冒頭の一曲でした。伊藤広規のベースが4/4拍子のシンプルなリズムながら力強く、カッコよくアルバムのスタートを飾っています。・・・・

Dscf6136

| 12:03 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月10日

Across the sky

ヒーリングジャズピアニストの桃瀬茉莉さんの最新アルバムが届きました。ちょっとコケティッシュで小悪魔的な魅力すらも併せ持つキュートな彼女も信じ難いことに、はや10年選手。10作目のリリース作品

~タイトルは「Across the sky 」~(9曲入り 定価 ¥3,000)

Fa9783320a8b480d87570c9ac2cdc2e5

日曜日の番組と同一タイトルです!!。

でもって、きょうは茉莉さんの誕生日。おめでとう💛

AmazonのフュージョンJAZZランキングではトップ10入り、CDも売れている様です
| 00:12 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年11月09日

祝・「国民祭典」

いま、天皇陛下のご即位を祝う「国民祭典」が皇居前広場で開かれています。

同じ頃、東京タワーでは9日(土)・10日(日)と、「祝賀御列の儀」の特別ライトアップ点灯中です!

Dscf6135

| 18:59 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦



2019年 11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

カテゴリー