2019年05月24日

その時が来たら・・

昨年夏から公開が待ち遠しかった映画がようやく公開されました。

今からそう遠くはない未来のある日の未明のこと、北緯21度東経132度の太平洋上にある(とされる)日本の領土が侵略を受け、日本人が拘束された!救援に向かったのは、これまで日本には存在しなかった航空母艦、・・・架空の船が主役の作品。ご存知かわぐちかいじ氏の人気連載作品の中でも初めての実写化です。

Dsc_8527-2

主役はもちろん航空母艦「いぶき」ですが、艦載機を甲板に持ち上げるエレベーターが被弾、20時間の修理を要してしまいます。専守防衛の下、

敵が撃ってきたら応戦すればいいじゃないか、

というような単純な図式は通用しません。火器を使えば当然相手側に犠牲者をもたらす。しかし、こちらの人命を失うわけにもいかない。なによりも国際紛争の解決手段としての攻撃と、自らの命、国民を守るための防衛行動とはどこで線引きができるのか?

レーダー画面上を刻々と自衛隊艦に向かって突進してくるミサイル、敵戦闘機、それに自陣をはるかに上回る規模の航空母艦。苦渋の決断を強いられるのは現場の指揮官のみならず、総理官邸に詰めた閣僚と最高指揮官である総理大臣も同様。重い決断を下す時が訪れます・・・

戦闘シーンが主役のバトルものというよりむしろ極限の状況下でギリギリの選択を迫られる静かな緊張感が何とも言えないスリルを味わわせてくれます。ミリタリー・マニアには物足りない展開かもしれませんが、日本が遠くない将来に絶対、直面しないとは断言できない瞬間をとてもリアルに再現(予言)してくれます。

日本の首相を演じる佐藤浩市を巡る話題は一歩、映画公開に先行して異様な盛り上がりを見せたようですが、そんな些末なことは全く気になりませんでした。むしろ福田元総理や麻生元総理を連想しろと言っても端から無理な相談です。

実質的な空母の指揮官を務める主演;西島秀俊の演技が、あくまでも沈着冷静で感情の起伏を表に出さないニヒルなクールさが男の目から見ても魅力的で秀逸です。ファンなら決して見逃さないように!

総理大臣を演じる俳優として、もう一人忘れてならないのが中井貴一の存在です。今回は全く戦場と関係ない職場で居眠りしてしまう店長役ですが、三谷幸喜監督の政界コメディ 作品「記憶にございません!」も後を追うように今秋公開が控えています。ともに日本を代表する名優の二代目、年齢も現職総理の第一期就任当時を追い越しており、こちらも公開が待ち遠しい限りです。

| 16:38 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月23日

最後に誰が勝つ?

もう、何か月も前から公開が待ち遠しい映画がありました。今週公開されている映画でチア男子と人気を二分しそうな長澤まさみの主演作品です。テレビドラマ(月)9の話題作でもあり、小日向文世、江口洋介ら実力派も多数出演した作品の映画化、ほぼ全編・香港ロケとくればTVオンエア時と違って制作したTV局としても絶対にハズすわけにはいきません。
マスカレード・ホテルではキリリとしたホテルマンぶりが魅力だったショートカット・ヘアの長澤まさみ、海街diary以降、東宝シンデレラ出身の彼女の話題作は結構かたっぱしから見ている方ですが、今回のコンフィデンスマンjpは全く別の長澤まさみが登場しています。

彼女の役どころは天才的な詐欺師、悪役ですがコミカルに、突き抜けたハチャメチャな演技を見せているのがなによりも魅力。そして最大の見どころは寄生獣やALWAYS 三丁目の夕日の脚本家 古沢良太の巧みなシナリオ。詐欺師たちのストーリーですが敵を欺くと思わせて味方も騙し、と思っていたら狙っていたはずの獲物は何十億のキャッシュでも何百億のダイアでもなくて、金銭に代えられない乙女の恋心?と、種明かしをしてしまうと面白くないのであれこれ検索しないで鑑賞するのがおすすめ。登場人物も予備知識なしの方が楽しめそうです。

そもそも、この役は誰が演じているの?と思わせるシーンが幾つもあって、これもまた新鮮な驚き。ラストシーンが一番最初に撮影されたシーンとあって、役者はもちろんすべてを知った上で演じているわけですが、とにかく「騙されると思って見てみなさい」としか言いようのないコン・ゲーム(騙しあい)が何よりの見どころですから!(注;ジャッキー・チェンは本人ではありません)

劇中、長澤まさみが見せてくれるストレートのロングヘア―・・・今すぐアイドルユニットに飛び入り参加できそうで新鮮な印象です。実際、アイドルグループの一員として登場するシーンもありますが、こちらはぶりっ子アイドル全盛期みたいなスタイル。それはそれで個人的には可愛いと思うのですが・・・・・Dscf2022-2

| 09:34 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月22日

ジャズの似合うクラブ

月間の販売ランキングで輸入車ぶっちぎりのナンバーワンを占めているのがBMWのミニ、ひと月に2,000台以上がコンスタントに売れている計算で、BMW3シリーズやベンツCクラス,VWゴルフ等のブランドに比べても突出した売れ行きです。

そんな人気のミニに今週新しいバリエーションが加わります。名付けて

MINI・クラブマン「Blue Note Tokyo」エディション

そう、あのNYにも青山にもあるブルーノートとのコラボです。Dscf2013-2

フードやアンダーボディにさりげなく描かれたのは五線譜を思わせる五本のストライプ、こう見えてけっこう手間のかかる作業なので限定アイテムとしてのバリューは大。なによりも音楽をテーマにした限定エディションというのは珍しいアイテムです。ジャズの似合いそうなブラックとホワイトの二色のバリエーションがあり、同時に用意されたカタログもレコードジャケット風・・・・・これもコレクターのお宝物件に・・・・


ミニと言えば2・3ドアだったのは過去の話。今では5ドアも豊富にそろい、4m足らずの短い全長ながらトランク付きの3ボックスセダンを思わせるような絶妙なスタイリングは秀逸です。Dscf2016

| 09:24 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月21日

最初なのに安心

ラヴェルのボレロといえば昔はホンダのプレリュードCM曲として広く知れ渡った名曲。今は同じネーミングを日産がマーチに次いで特別な仕様の軽コンパクトカーに命名しています。

Cimg4191-2

新顔の日産デイズ・ボレロはそのカラーリングか特徴。サーモンピンクをやや渋めにしてルーフやホイールなどを白のツートーンカラーに、インテリアもシートやステアリングを2色に塗り分ける特別な仕様になっています。駐車場に止めてあったらどんなオーナーが乗り込んで来るのか興味津々、まあ若い綺麗なお姉さんが必ず乗るとは限りませんが。

注目すべきはこれが日産の開発した事実上最初の軽自動車だということ。デザインこそ先代と大きなイメージ変化はありませんが、エンジンが違う、広さが違う。そして何よりもセレナ等と同じプロパイロットが装備され、日曜日午後の東名上り渋滞も関越道の渋滞も所用時間以外は苦もなくクリア出来ること。これはちょっとしたニュースです。いや下手をすれば軽自動車売り上げナンバーワンのホンダNーBOXを脅かす存在になるかも!

何しろ追随するのはボタン一つ、いとも簡単なお仕事ですから

注(デイズ・ボレロにはプロパイロット仕様の設定はありません。19年5月現在)・・・・・自動運転に必要な自動ブレーキやパワステ、カメラ類の安全装備はすでに装備済みのものばかり。あとはそれらを統括してハンドルや速度を制御させれば自動運転の出来上がり!今は高価格車だけに装備されていますが、いずれ普及版にも装備されることを期待したいものです

| 21:16 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月20日

ちょっと休憩で

移動中の高速道サービスエリアで見つけた気になる光景!
トイレの個室ひとつづつに空室を示す青いサインが並びます。
内開きのドアを閉めると、ドアと直角にセットされた小さなプレートが青い空室のサインを覆うように重なって赤(使用中)に!。電気もWEBも使わないアナログ的な発想の原始的な仕組み・・・・・これならドアの前に立たなくっても遠くからでも使用状況が一発で判別できます。


B5c01ef938c44a4db045f2167a4594f9


工夫をすること、アプリや検索を駆使するのではなく、シンプルな構造で課題を解決する......なんか、忘れていた事を見せ付けられたようである種、感動すら覚えました。子供の教育にタブレットを導入するのも結構ですが、頭を使う、という根本的な問題解決法も忘れずに鍛えておいてほしいものです。


 

| 10:52 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月19日

新緑の頃

ウォッシュレットの温水よりも、常温の方が気持ちよく感じられる今日この頃、新緑が美しい季節も佳境を迎えています。
と言っても都内の新緑はほぼ完遂、この時期の新緑は何といっても北海道の平地や岩手の平庭高原辺りが見頃です。新緑の美しさ、みずみずしさ、透明感と言っても若い頃にはピンときませんでしたが女性のお肌と同様、こうした形容詞がイヤに刺さってくるようになったのも歳を重ねたゆえなのでしょうか?

北海道で思い出に残るのは4時間だけ滞在したある年の苫小牧周辺の新緑。支笏湖周辺を往復した道中、アーチの様に直線道路を覆う木々の緑が、それはそれは鮮やかで若い女性を形容したような表現がいくつも羅列できそうなほど・・・・・得てしてこんな光景は意外にもフィルムに押さえていなかったりするものです。

Dsc_5798関東周辺でも標高1,000Mを超える場所を探せば、まだまだこんな魅力的な新緑に遭遇できそうです。


見回せばさすがに山桜の季節は終わっていますが、

シャクナゲの花が咲き揃っていたりとか、 Dsc_5804


スミレの華凜な花が地面から顔を覗かせていたり・・・・


Dsc_5818


・・・・・鮮やかな色彩を見出すことも意外に可能です



東京もまもなく鬱陶しい梅雨空に、つかの間でも爽やかな記憶をたどりに出かけるには絶好の季節です。

| 14:20 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月18日

待ちわびて

発売当初からメーカーの予想をはるかに上回り、いまだに半年はおろか一年という納車待ちのウェイティングリストもあるのがスズキの軽自動車・新ジムニーです。過日一台だけ購入、即納でお持ち帰りできました。と言ってもミニカーですが・・・・・

Cimg4202-2

発注・契約してから商品が届くまでの半年間、オーナーたちはどんな気持ちで待ち侘びているのでしょう?‥‥実は私も車種は違いますが昔、人気の車種の納入までに半年も待った経験がありました。ようやく納車の日を迎えたのが5月の今頃、風薫る・・・その風には花粉もほとんど含まれず、梅雨入りまでの僅かな心地よいシーズンの真っただ中に納車、慣らし運転というタイミングを迎えたのはある意味幸運な経験だったかもしれません。

とにかく1日も早く慣らし運転を終わらせたい、という一念のもと、半年も待ち侘びた末の計画を実行に移します。当時は北陸道がようやく全線開通し、福井・金沢から新潟までの日本海ルートが完結したころ・・・・そこで、東名・名神を西へ向かい米原から日本海沿いを上越方面へ。新潟からは関越道で練馬料金所まで・・・・・一度も高速道を降りることなく用賀で受け取ったチケットを見た料金所の係員に「ご苦労様」と声をかけてもらいました。
本州の真ん中へんをぐるっと一周、1000km近い距離だったと思いますが、日本海のビーチに直結したサービスエリアがあったり、親不知前後の嶮しい海岸線を跨ぐように建設された真新しい橋脚群の絶景等々、助手席にセットしたビデオカメラにもしっかり記録して帰りました。お土産は北陸道全通を記念して作られたドーナッツ、何処で買ったかは覚えていませんが・・・

実は1000km点検の前に、待ちきれず岩手山まで高速道を往復し距離計の数字は軽く2000kmを超えてからの点検となりました・・・・・・雫石のキャンプ地で臨んだド迫力の朝焼けは、これも忘れえぬ光景でした・・・・・

| 11:20 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月17日

老舗の底力

おそらく雑誌の中でも最も旧くから愛読しているのが月刊自家用車です。クラウンの最初のモデルチェンジもグロリアの6気筒エンジン搭載もこの雑誌で読んだのを記憶しています。もっとも未だ幼稚園児だったあの頃には漢字など読めるはずもなく、カタカナの車名と写真を見比べては名前を覚える、だけで十分満足でした。

E2f271f6031f40a8b141bc346a9ed0bf

半世紀もの時が流れて最近手にとった最新刊は国産車の60年を振り返るアーカイブもの。最近よく見かけるパターンです。ああ又か、と見過ごしそうになりましたが・・勿論、大メーカーやホンダの有名な車種にも触れていますが、紙面の半分以上は日野コンテッサ、いすゞベレットGT、ピアッツア、スズキジムニー、フロンテクーペ、ダイハツミゼット、フェローmaxハードトップ等々個性派ながらも確実に歴史の1ページを飾ったマニアックなクリマが当時のカタログも併せて満載‼︎これはもう迷わずレジ直行です。


さすがは老舗自動車誌だけあって在り来たりの編集方針で終わっていないところが素晴らしい! 独断でジムニー市販化にゴーサインを出し、商用車ナンバーで物品税を払わずに済むアルトを企画したのが鈴木修元社長だった事もしっかりと押さえられています。 得てしてヒット商品は必ずしも大企業の企画会議ばかりから生まれるのではない、と言うのがこの本の本筋なのかもしれませんね

| 21:10 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月16日

名跡復活

連日ニュースにも取り上げられているトヨタのスポーツカー「スープラ」の発売、2002年の生産中止以来の嬉しい復活劇でした。......と言ってもストレート6のツインカムエンジンはトヨタには現存せず、リアシートも無し。セリカ、スープラ一族としては初の二人乗り本格派スポーツカーです。
復活と言っても実際のところは全くの新機種で,BMWとの協力関係があったから生まれた新顔です。エンジン、足回りは人気車種BMWのZ4ですが、上に載るボディはトヨタオリジナル.SUPRAの名を冠しても決して恥ずかしくない内容です。

さて、スープラの暖簾が途絶えていた2002年からの17年間、と言えば日本の自動車界も大きく様変わりした時期に当たります。当時はプリウスの新型がデビューを控え、エコロジー、エコノミーという方向に徐々に舵を切り始めた頃。デカプリオがアカデミー会場に乗り付けて話題になったのもこのあとです。
パジェロやテラノといった、重量級クロスカントリー4輪駆動車もこの時代がピークでした。徐々に3列シートのミニバンが多数を占めるようになりいわゆる乗用車然とした、セダンタイプが徐々に姿を消し始めるのもこの頃。タクシー用として細々と生産されていた後輪駆動のコロナも姿を消し、地方都市の駅前タクシー乗り場の景色もこの頃から変わります。

プリウスが売れ行きを伸ばす一方で,MR-S、シルビア、RX-7といったスポーツタイプはことごとく姿を消し、販売店に赴く楽しみも少なくなってしまいます。

クルマの楽しみ方、あり方そのものが変わり果てたこの17年。さすがにトヨタも単独ではスポーツカー開発というリスクの大きな企画には手を出さなくなりました。反面傘下に収めたスバルと86を復活させたり、今回の様にBMWとの協業で2人乗りスポーツカーの灯を蘇らせたり。スバルやBMWとしても単独で商売するよりはるかに数量メリットを生かせる・・・・・何しろ日本最大の販売網を味方に付けるわけですから!

と、考えるとマツダや日産がこれから老舗のブランドを存続させてゆくには?ガソリン車絶滅の不安もありますが、ちょっと期待の持てるのが2019年の今という時代ではないでしょうか??

| 11:50 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2019年05月15日

学校のあたりまえ

ある意味東京のど真ん中に位置する千代田区の公立麹町中学校、ここには中間試験も期末試験も宿題も体育祭のクラス別対抗リレーもありません。全国から注目を集めるユニークな方針を打ち立てているのは5年前に赴任した一人の校長先生。その経緯を著したのが時事通信社から刊行されている17036687904348bab17ed551be5eff84学校の『当り前』をやめた
です


著者の工藤校長は山形の公立校で新任教師としてキャリアをスタートさせます。東京に移り、教育委員会を経て校長に赴任、独自のポリシーに基づいたユニークな施策を次々実現してゆきます。勿論,PTAやエリアの教育委員会を敵に回すことすらありますが、そこをしっかり説明し納得の上で合意に持ち込むセオリーは、なるほどと合点が行くものばかり。
かつては、都立日比谷高校へ幾多の合格者を輩出した名門校として知られた麹町中ですが、これからもまた違った意味で優秀な卒業生が生まれてくることでしょう・・・・・

麹町中のエリアに引っ越しを決めるかどうかは別として、学校の在り方、目的、について改めて考えさせられる一冊です。受験生だけでなく組織づくりのヒントにもなるかもしれません・・・・・・

| 10:44 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦



2019年 5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー