2021年12月29日

SKIーERA

年末ジャンボのCFに登場する広瀬香美
彼女を見て、凄い歌唱力!と思うのか?
懐かしい!まだ変わらず元気なんだ!と
...世代により受け止め方も色々だとお思います。

昭和も終わり頃になると今の時期に、頻繁に流れて来るのは苗場スキー場のCMでした。BGMは決まってユーミン。同じくこの時期に新アルバムがリリースされ、ミリオンセラーとなるのがお約束でした。というのも映画私をスキーに連れてっての劇中歌に使われたことや毎年苗場で開かれるユーミンのコンサートも大きく影響しています。届かないセレナーデとかman in the moonなどのシングル曲がチャートの上位を占めています。

広瀬香美のCM曲が頻繁に聞かれるようになったのも、そんなスキー人気が頂点に達していた平成の始め頃のことです。スキー用品を扱う大手のスポーツ用品店のCMで目一杯のハイトーンヴォイスで歌い上げる姿は強烈なインパクトがありました。

まだ続いていたスキー人気に乗って上越新幹線直結のスキー場、ガーラ湯沢がオープンした時、CMで 人気になったのはzooのチューチュートレイン。

ルーフキャリアにスキー板を乗せるクルマが無くても、手ぶらででさえもスキーが日帰りで楽しめてしまう。関東圏に住む人間にとってそんなガーラ湯沢の登場は画期的な出来事でした。

もう今ではスキー場のリフト待ちもインター出口の渋滞も昔程ではなくなろうとしていますが、あれは一種好景気のシンボルでもあったのか?という気がして懐かしく広瀬香美の歌声に同調してしまう年の瀬なのでした

| 16:44 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー