2021年07月19日

10年ぶりのアンベール(新アクアの中身)

トヨタの小型ハイブリッド・カー、アクアがフルモデルチェンジしました。
そういえば随分昔から続いているなあ・・・・丸10年にして最初のモデル・チェンジです。
今はヤリスにもハイブリッドが誕生し、ライバルも続出したこのクラス。一時はプリウスよりも売れた時代があったものの、安いだけでは勝負にならないのが現状でしょうか?

そんな昨今にあって、ただデザインが変わっただけには終わらせていません。が、そのデザインもまた魅力一杯、特にリア周りのスタイリッシュさは見違えるほど魅力的になりました。新型ヤリスが少しやりすぎた感もあったのに、こちらのほうがカッコよくも思えます。
リア・ウィンドウが尻上がりに細くなっていくデザインは遠い昔に流行ったクレセント・ウィンドウ。初代の日産チェリーやメルセデスAクラスの登場を思い出します。
フロントも軽く逆スラントしたところなど、新型フィットと軌を一にしているかもしれません。

大きな注目ポイントは目に見えないところの充実振り。新しいニッケル水素バッテリーは初代プリウス譲りですが、構造は一新。パワフルな電池に生まれ変わっています。
室内ではインパネ・センターを飾る液晶モニターに最大10インチにもなる大型を搭載でこれまでの斬新さはちょっと薄れたかも。しかし、自動制御に注がれた新技術はインパネとは好対照。はっきり意ってトヨタの力の入れようが物凄いんです。

車庫入れ、縦列ももはや自動運転の域。ですが、これまでに無かった新機軸は、障害物を感知して自動停止が出来ること。たとえば内輪差を無視した初心者ドライバーが、壁にドアをこすりそうになったとしても、周囲を監視するセンサーがとっさにブレーキをかける優れもの。
さらにはドアを開けようとしたとき、後方からスケボーやセグウェイが近づいてきても警告を促してくれるという全方位に気を配った新機軸も注目です。
大容量の電池を活かして家庭用ACコンセントを使うことも可能、容量次第ではエンジン始動も必要ですが、ワケがあって車内でヘア・ドライヤーを使いたくなったり、やむを得ず炊飯器でご飯を炊く必要があった時などには重宝です。

これだけ充実の装備なら値段が上がるのは当然、2000000円を下回るモデルは少なくなりましたが,4WDが選べるようになったのは朗報。ライバル、ノートとの価格差、質感の差も少なくなったので販売合戦でどこまで善戦するか、興味深い闘いになりそうです・・・・・・

| 22:28 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年07月19日

きょうから1,000円アップ?

首都高速では初めて、きょうから五輪対策のロードプライシングが適用されます。朝6時から晩22時までの時間帯ETC搭載の乗用車は1,000円上乗せ!
逆に深夜0時~午前4時の料金は半減となります。首都圏では初の試み

適用されるのは都県境の荒川、多摩川より内側の区間、千葉県も適用外です。が、浦安や大師の入り口を入ると適用になるのでご注意を
これが現金払いの場合は横浜市内のかなり広範囲までが適用エリアに含まれます。
自家用とあるのは、緑ナンバーや中型以上のトラックは規制しない、の意で4ナンバーの白ナンバー商用車もETC搭載なら適用外。黒ナンバーの軽トラや営業で走り回るライトバンなら安心です。

例年、都心から大宮までの道のりにかかる料金が千円台で済むのに対し、適用の時間帯に同じように走ったらETC搭載でも三千円近く、現金払いだと4千円を超えてしまいます。なぜかといえば県境をまたぐ場合に外環道経由にしてしまうと千円の上乗せを再び加算される恐れがあるためで、用心せねばなりません。お財布の万札を崩したい方以外は都区部で降りるか,ETC付きのクルマを積極的に選んだほうが賢明です。

果たして効果があったのかどうか?日中の使用の多くを占める商用車はこの限りではないのですが、初日の出足を見る限り、早くも一般道のほうに混雑の影響が出始めているようです。当然これは想定の範囲なので、対策は打ってあるんでしょうね??

| 10:23 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年07月19日

今度はwrc最年少制覇

世界ラリー選手権wrc今回の舞台はイタリアの向こう側 、クロアチアバルト海にも近いエストニア。
映像を見る限りは乾いたグラベル未舗装路が主体のコースのよう。
ここで凱歌を挙げたのはヤリスをドライブするロベンパラ、何でもWRC最年少での優勝だそうな。
一方のライバル、韓国ヒュンダイのタナックはといえば僚友と共に表彰台の両脇を固める健闘ぶり。まだまだ侮れない存在です。

一方、ルマン24時間に向けて期待が高まるWECシリーズ、イタリアMONZAでの一戦、小林可夢偉のGR010が見事優勝を飾りました。

F1シリーズは伝統のイギリスGP
今回の予選はスプリント形式という新しい試みが実施されるだけに角田がどんな走りを見せるか注目でしたが‥

スタート直後フェルスタッペンがまさかのコースアウトで脱落
そしてトップを快走していたのはフェラーリ!
久々のシャンパンファイトも目前だったファイナルラップ寸前、追いかけるハミルトンが一瞬のミスを逃さず、苦もなくトップに!そのままチェッカーを受けてあっという間に母国グランプリに錦を飾りました。

ホンダ勢が表彰台に見られないのも実に久しぶり
これから流れが変わるのか?
まだまだ今年のレースからは目が離せそうにありません。

| 00:44 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2021年 7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

カテゴリー