2020年05月18日

5・18@Gwangju

まだ軍事政権下にあった韓国で今から40年前に起きた市民運動、がやがて政権側の銃撃事件へとエスカレートしたのが、のちに海外に知られることになる光州事件です。


2008公開の韓国・映画「クァンジュ5・18」には
超人気俳優もキスシーンも出て来ません。

天安門事件の九年前、韓国の南部・
光州市で実際に起った民主化運動を描いた映画です。

チベットやミャンマーでも近年繰り返された様に
お隣韓国で戒厳令下、名も無き市民たちが何故
武装した軍隊を相手に銃を構え、
何を守ろうとして、何を失ったのか?

今でこそ、とても身近に感じる韓国ですが
当時はもっと深いベールの向こうにありました。

メディアの見出しでは「暴徒化した市民が
武力で制圧される」の見出しで終わってしまう。

当時の現場を忠実に再現し、車、衣装、看板
といったディテールにまで強いこだわりを持って
あの日の出来事を正確に再現しただけでなく、
長らく韓国政治のタブーとされていた暗部に
目を向け、何が起こっていたのかもう一度
考え直そう、という企画.暗く忌まわしい
過去に向き合い、もう一度自分たちの歩んで来た
歴史を見直そうという真摯な態度に何より
心を打たれるものがあります。


韓国・光州市、あれから28年後の
5月18日をどのように迎えているのでしょう。

| 23:28 | コメント(1) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、おはようございます!!
もう28年…早いものですね…
自分は、専門学校もそうでしたが、演出家を目指して上京しただけに、ディテールまで詳しく描いた映画は興味があります!!
この数日も、YouTubeでアニメ番組のOP,EDを観まくっていますが、PCで一気に見られるのも魅力です!!
自分のお気に入り編集だったら作れないシャッフル感覚で見られるのもハマる要因です!!
20~25年前の番組がメインですが、自分が撮影助手をさせて頂いたシティーハンター#59~#74は、自分がセルを動かしたカットは、ちょうど20年経った今も、まず判るのではないでしょうか…
ディレクションや書く事に対しては、今も夢を捨て切れてない自分です…

投稿者 ちなみん : 2008年5月18日 08:14

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー