2019年09月23日

blue lagoon(高中正義 )

 モーターショーなどでは数度プロトタイプを目にしていたマツダ3、ホントにこの形で出ちゃったらすごいな!のデザインのまんまで世に出ました。

 ショーモデルとはリアの三角窓の有無や、ナンバー・プレートがフロントの美形を台無しにしていたりと差異はありますが、ファストバックの魅力的なルーフはほぼそのまま、採用されているのが何より。印象的な名前と共に、街にあふれだす日が楽しみです。

Img_0022

 4ドアながらもデザインコンシャスなスタイル、オシャレに乗りこなせる4ドア・・・・・70年代初頭もそうでした・・・・

 まだまだミニバンや四駆の姿は街中にはなく商用車とセダンで、ほぼすべてのクルマを占めていたものです。クラウンもチェリーもセダンには必ずと言っていいほど2ドアのスタイリッシュなクーペボディが用意されていて、大いに付加価値を高め、販売店の利益を増やしたものでした。

 そんなオシャレなバリエーションが姿を消し始めたのは70年代後半のこと。マツダ3の遠い先祖、ファミリアからもクーペボディは無くなりました。日本でもいち早くクーペを加えていた老舗だったのに・・・・

 件のファミリアは80年に前輪駆動化され,VWゴルフと並ぶ高い評価と人気を博します。クーペの代わりに追加されたのはカブリオレ・ボディ。これもゴルフに準じた手法でした。

 大変身を遂げた赤いファミリアFFが街に溢れ、高中正義をBGMに起用したTVCFを見て、若者はこぞってファミリア3ドアXGをマイカーとし、リクライニング・シートをフル・フラットにして休息時間を堪能したものでした。独身女性にも人気が高くクレージュのテニス・ウェア、キタムラのバッグ、ミハマの靴とほぼ同義語でした。ディズニーランドのバンパーステッカーもお約束!

Img_0025

大衆車が販売のトップを占めていた時代は過ぎ去り、カローラもヴィッツも軽自動車の後塵を拝するようになりました。赤いファミリアが再び女子大生の憧れとなるかは定かでありませんが、今度の新型はどこかグサッと刺さる魅力を感じるものです。サーフボードを屋根に積んで、あるいはスキー板を固定してゲレンデに繰り出してみたくなる・・・・・BGMにはやっぱり高中正義かユーミンか?

| 15:48 | コメント(4) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

こんばんは。
マツダも思い切った車を出しますね‼
これが吉と出るか、凶と出るかは解りませんが、個人的かに好きなメーカーなので頑張って欲しいと思ってます。
願いが叶うのなら、ロータリーエンジンのの復活も思い切ってして欲しいんですが(笑)

投稿者 クラッチ商会 : 2019年10月 7日 20:59

追伸、マツダを救った赤いファミリア、マツダの整備士時代に、嫌になる位整備しましたよ(笑)

投稿者 クラッチ商会 : 2019年10月 7日 21:03

何を隠そう、赤いファミリアの兄弟車、フォードレーザー(BF5P)を去年まで保有していました。ひょっとしてどこかでクラッチ商会さんのお手を煩わせたのかも?。

欧米サイズのゆったりしたシートがお気に入りでした。冨士swの帰りに何度仮眠したことか・・
今度のマツダ3は購買欲そそられますね、もうワンサイズ小さかったら即決だったのに

ファミリアロータリークーペ初代は今でも欲しいと思える旧車の一台です。

投稿者 吉田雅彦 : 2019年10月 9日 11:56

追記;そうそうあの時代のリアサスは碓氷峠旧道できれいにタックインが決まり、運転が上手くなった様に感じられた良品でした。

近年のトーションビームはかえって扱いづらくて食指が動きませんね。

投稿者 吉田雅彦 : 2019年10月 9日 18:34

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー