2019年05月21日

最初なのに安心

ラヴェルのボレロといえば昔はホンダのプレリュードCM曲として広く知れ渡った名曲。今は同じネーミングを日産がマーチに次いで特別な仕様の軽コンパクトカーに命名しています。

Cimg4191-2

新顔の日産デイズ・ボレロはそのカラーリングか特徴。サーモンピンクをやや渋めにしてルーフやホイールなどを白のツートーンカラーに、インテリアもシートやステアリングを2色に塗り分ける特別な仕様になっています。駐車場に止めてあったらどんなオーナーが乗り込んで来るのか興味津々、まあ若い綺麗なお姉さんが必ず乗るとは限りませんが。

注目すべきはこれが日産の開発した事実上最初の軽自動車だということ。デザインこそ先代と大きなイメージ変化はありませんが、エンジンが違う、広さが違う。そして何よりもセレナ等と同じプロパイロットが装備され、日曜日午後の東名上り渋滞も関越道の渋滞も所用時間以外は苦もなくクリア出来ること。これはちょっとしたニュースです。いや下手をすれば軽自動車売り上げナンバーワンのホンダNーBOXを脅かす存在になるかも!

何しろ追随するのはボタン一つ、いとも簡単なお仕事ですから

注(デイズ・ボレロにはプロパイロット仕様の設定はありません。19年5月現在)・・・・・自動運転に必要な自動ブレーキやパワステ、カメラ類の安全装備はすでに装備済みのものばかり。あとはそれらを統括してハンドルや速度を制御させれば自動運転の出来上がり!今は高価格車だけに装備されていますが、いずれ普及版にも装備されることを期待したいものです

| 21:16 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー