2018年08月22日

夏休みにクルマ三昧 ⑥

日本の乗用車市場ではミニバンばかりが売れている印象ですが、実はひっそりと姿を消している車種もあります。日産ならラフェスタ、マツダ・プレマシー、トヨタならWISH。シエンタも一旦はカタログ落ちしましたが驚異の復活を遂げた稀有な例
平均女性の身長ぐらいの全高160cm辺りの3列シートワゴン選びには意外と苦労します。
Image_2
火付け役はホンダのストリームでした。すぐさまトヨタがWISHで応戦し、背の高くないミニバンが街にあふれたものです・・・・

シートを最も低くセットすれば目線高さはプリウスやノート並み。フツーのワゴン・乗用車感覚で運転できます。
Dsc_8631

背の高いワゴンだと窓枠も高い位置にあり目線の低い子供は車酔いするリスクが高くなる・・・・・・とはカタログには載っていないメリット。高齢者は電動スライドドアがなかなか理解できず、力づくでモーターに勝とうと頑張るのでフツーの後ろ開きプラグ・ドアの方が親切。

カタログには載っていないものの乗ってみていくつも長所が感じられるこの種の低床3列シートワゴン、やっぱりクルマは乗って、使ってみないことには正しい評価は下せないんだな、とつくづく思い知ったお盆休みでした。

| 20:33 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー