2018年08月12日

50 First Dates

何度目かの「50回目のファースト・キス」を見る機会がありました。といっても今度はAdam Sandler, Drew Barrymoreによるオリジナル版(2004)="50 First Dates"。シナリオも舞台も日本版リメイクと全く変わらないハワイが舞台のラブ・ストーリーです。

小道具や時代背景、設定には若干の差異があり、日本版・山田孝之の追っている夢はオリジナル版の海洋生物の調査と異なり天体観測と、こちらはロマンチックで経済的な設定です。
クルマでいえば黄色のVWタイプ181 「クーリエ・ワーゲン」やランクル56Vを用意するあたりはオリジナル版に軍配。
しかも、オリジナル版製作当時は、イラク戦争が終わったばかりでスマート・フォンは存在せず、消去可能な映像記録の筆頭はビデオ・カメラでした。

いっぽう、主演の女優は何と言っても長澤まさみが圧倒的勝利です。これだけはオリジナル版も敵いません。佐藤二朗の父親役もどこか憎めなくって絶妙なキャスティングです。
ゴースト・バスターズの"ダン"・エイクロイドが出てくるのはオリジナル版のほうですが、何よりサプライズは一人だけどちらの作品にも同じ俳優が同じ役で登場するところ。これだけはどちらを見ても必ず目にするので優劣はつけられません。

結論としてもう一度見たいのはどちらか、あえて記すまでも無いのはお判りですね

| 22:09 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー