2018年01月09日

正月はクレオパトラ

熊川哲也さんが率いるバレエ団「Kバレエカンパニー」が手掛けた、初の完全 オリジナル作品「クレオパトラ」が映像記録になって、いま映画館で公開されています。



歴史の授業は全くと言っていいほど記憶に残っていないので、ローマ帝国やテルマエ・ ロマエぐらいしか思いつかない、謎多き絶世の美女‥前髪ぱっつんのクレオパトラを演じるのは中村翔子。クレオパトラのイメージに寸分違わぬダイナミックなプロポーションと迫力のパフォーマンス。ヨーロッパでも人気のヴァレリーです。
クレオパトラに選ばれたのは当然、というよりも彼女をガン見した熊川氏が彼女にぴったりのキャラとして、構成、原作、演出から振り付け、音楽に至るまで全てオリジナルで創作したのが「クレオパトラ」
乱世に運命を翻弄され政争に巻き込まれた激動の半生を壮大なバレー・パフォーマンスでステージに蘇らせます


今回そんな贅沢な舞台を4K映像に収めたのがこの映画

ナマの迫力や音響ではライブのステージに敵いませんが、手軽にその魅力に触れられるのでファンにはお得な経験かも知れません
年越しにガラコンサートをテレビで見たあとは、こうしてちょっと洋風っぽい正月気分を味わうのもプチ贅沢なひとときです。

| 06:02 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー