2017年11月25日

晩秋の楽しみ

毎年恒例のイベントが今年も神宮外苑で開催。常連ばかりが集まるかと思いきや選考の段階で配慮され連続出場は難しいとの由。今年はどんな出物に出会えるか早速探索します


主催者トヨタ博物館からはハイブリッド車の実験プロトが遠征、とは言っても見た目は赤のトヨタスポーツ800。エンジンルームにはジェットヘリコプター同様タービンエンジンが搭載されています。
>

このタービン・エンジン、60年代にはアメリカのモーター・スポーツにしばしば登場します。全開回しっぱなしのレースならまだしも、モナコのような市街地コースにははっきり言って不向き、お買い物の足としても問題が多すぎです。加速や減速が頻繁に繰り返される状況は一定速が得意なタービンエンジンには不向きで、熱の問題も無視できません。

>
国産車のレア物件に目を移してみるとスポーツワゴンの始祖たちに目が留まりました。

こちらはサニー「カリフォルニア」


Dsc_7958

商用車のライトバンとは別デザインで、テールゲートは大きく寝かされテールランプも幅広タイプ。主にアメリカ市場向けに企画されたものでした。アメリカでは古くからワゴンブームが定着。ファミリーカーとしてセダンを使うよりも効したワゴンに愛犬を乗せてファミリーでキャンプに出かけるのが日曜日の模範的な使い方でした。
ほかにもカローラにはリフトバックというワゴンともクーペとも違う2ドアボディが存在し、より、スポーツ色の強い存在でした。もっとも80年代中ごろにはいったん姿を消してしまいますが・・・・ドアボディが存在し、より、スポーツ色の強い存在でした。もっとも80年代中ごろにはいったん姿を消してしまいますが・・・・



同じ時代のBMWにもこんな例があります。
Dsc_7989
2ドアの屋根を後ろに延長してハッチバックドアをつけた「ツーリング」後に5ドアのワゴンが登場することになりますが、当時フランスでは一足先に5ドアハッチバックが便利と、もてはやされていました。日本にも波及した結果が上記の二台でした。


| 15:35 | コメント(2) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

シューティングブレーク、カッチョいい!

投稿者 JT : 2017年11月30日 06:13

BRZが出たら即オチかも?

投稿者 吉田雅彦 : 2017年12月 1日 01:55

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー