2017年08月20日

夏の響

女性ピアニストで作曲も手がける桃瀬茉莉さん、その力強いタッチとシャープな音像 キュートなルックスも相まってひと目でファンになりました。Imgp0089
ようやくライブにお邪魔する機会に恵まれ池袋のジャズ・スポットApple Jumpを訪ねました。今回はサックスとベースを併せたジャズ・トリオ。か細い両腕からは想像し難い、力強いタッチはクリスタルのように硬質な、しかしキラキラ輝く氷山のようにクールでシャープな魅力を感じさせます。そんな風に勝手に彼女と冬のイメージを結びつけていたのですが、彼女のお気に入りが北欧のピアニストの作品と聞いて納得。そんな彼女のお気に入りのナンバーが続きます。

次の次のアルバム候補曲「 無題」−(仮題;夏の残像?・・)は夏のフィナーレを飾るに相応しい一曲、ボサノバとは違った夏の終わりの哀感が溢れています・・・・
アルバム「longing」収録曲の♪雲のスケッチはいかにもこれから夏の行楽シーズンが始まりそうな感じのリズミカルなテンポの曲。番組オープニングにもエンディングにも使えそうな良い感じの曲です。
♫一週間の命 は蝉の短くも躍動的な一週間をモチーフにした一曲です。夏の終わりの哀感漂うメロディで始まりますが中盤以降リズム感溢れる疾走感がなんともドライビングBGMにぴったり、聴いていて思わず夜の海辺までドライブしたくなる一曲です


Imgp0096そして終盤クロスオーバーの定番;クインシージョーンズのアルバムにも収められた♫Tell Me a Bedtime Story
肩を揺らしてグルーヴしながらピアノに向かう浴衣姿の彼女はたまらなくチャーミングでパワフルで 今まで気付かなかった新たな魅力にまたまた惹き込まれてしまいました。


彼女は今、ストリングスを併せたアルバム・レコーディングの真っ最中 クラウド・・ファンディングで予想を上回る支援が集まり、まさにホール・レコーディングの真っ最中です ストリングスのコンダクター役も務めるなど多才ぶりも発揮し 作業も順調に進んでいるようです。アルバム収録曲からは♪sweet seprember・・北海道のような広い空を見ながら聴きたくなる伸びやかなスケール感が魅力。今回はジャズ・トリオでしたが、ストリングを被せたアルバム版の仕上がりも今から楽しみです。
新しいアルバムは11月の発売、9日には渋谷で発売を記念したライブも予定されているそうです。

| 18:02 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー