2017年03月28日

motorcycleshow3

EVの本格量産からもう五年以上になりますが、電動車の市場投入はまだまだ少数派
モーターサイクルショーでもごくひと握りの展示です
IMG_6035.JPG
台湾の二輪車メーカーKYMCOの電動スクーターcozy(参考出品)、EVとしては既に三世代目くらいで熟成された感もあります。
車重も潔いほど軽く、最高時速も25kmと控えめですが裏道を近所のスーパーまで往復するくらいならこの性能でも十分です。

複雑で高価なエンジンを自製する必要のない電動モーター・サイクルなら電池とモーター、それに多少の部品をアッセンブルするだけでメーカーとして名乗りを上げることも容易です。
もちろん既存の二輪車メーカーにとってもハードルは低く、部品共有でコストダウンを図れるメリットもあります。50ccエンジンが厳しい排気ガス規制で姿を消したら、将来こんなライトな乗り物が街乗りのデファクト・スタンダードになっているのかもしれません。(既に中国・上海ではそうなっています)モーター・サイクルショーという呼び名もかえって自然な呼称と感じるでしょう。

BMWのブースにもさりげなく電動スクーターの姿が・・・・
電動スクーター「BMW C evolution」5月の日本発売が決まりました。
IMG_6020.jpg
車重は四気筒のリッターバイク並みで、最大トルクもほぼナナハン並み。これなら運動性能で不満を感じることはほぼ、ないでしょう。興味の的はやはり航続距離と販売価格です・・・・・これも次世代の主役候補です。

| 22:15 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー