2016年08月20日

SUMMER JAMの歩き方

始まりました、今年のJ-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016
毎日どこかで耳にしているようなスガシカオもこのライブの定番?SMAPに楽曲提供したあの曲も急遽セットリストに追加。特別な想いを吐露してくれました。今回ステージで、事実上の封印とショッキングな発言も呼び出し、一段と心にしみるナンバーとなりました。スピーカーもステージの頭上に点対称で配置されどの席でも等しく上質のサウンドが楽しめるようになりました。アコースティックギターの弦1本から響き渡る歪みのない音が代々木の広い空間に広がっていく立体感はヘッドホンでもお家のスピーカーでも真似できない、ライブならではの醍醐味です。
センターステージには3/4ユニットのセットが組まれており、セットチェンジも迅速に行えます。二組連続のアーティストが登場。の離れ業もカンタン、お待たせしません。男だらけの土曜日のステージにあってチャーミングな浴衣姿でドラムを叩く女性パーカッションのあらきゆうこさん。その花凛な姿からは想像もつかぬパワフルさでリズムを刻みます。

パワフルといえば揃いのインディゴブルーのジャケット姿のThe BAWDIES、ツインギターにエレキベース、シン・ドラムを使わないドラムセットはシンセや打ち込み系とは違い、どこか懐かしいリバプールサウンドを連想させるところがニクいです。ベースギターの音色に聴き惚れながら、センターステージほぼ南向きの方向に陣取った四人の姿に思わずビートルズを重ね合わせていました・・・・・

いっぽう、野外エリア「J-WAVE PARK」には「PARK STAGE」が設けられ、毎時30分からフリー・ライブがスタート、狭いトレーラートラックの舞台なのでバックバンドはいませんが、こちらも見逃せないアーティスト揃いでセンター・ステージとどちらを選ぶか悩みどころ。

さて、センターステージの頭上には複雑な動きをプログラムされたバリアブルライトシステムが備えられ会場内を様々な光線で包み込みます。カクテル光線のようなピンスポットからは様々な模様が浮き出し、ヴィジュアル的にもアートしています。アリーナ席よりも二階席の屋根の近くから見下ろすと一段と見応えがあります!

土曜のステージ、ラストに控えたのはは秦基博・・・・平井堅にライバル心をメラメラさせる本音も聴けたりしますが、アンコールではサプライズの森山直太朗とのコラボレーションも。誰もが知っているあのお馴染みのイントロが流れました。ツインギター、ツインヴォーカルの贅沢なユニットで聴かせてくれます。

詳しいレポートはこちら・・ 

    http://www.j-wave.co.jp/blog/live2016/

ヒルズでドラえもんの塊を見るにつけ、アンコールの豪華版ナンバーを思い出しそうです・・・・

| 22:48 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー