2016年01月04日

東京モーターショー⑩

 メルセデスが開発した初代スマートはクルマ社会に一石を投じる野心作でした.世代交代のタイミングを迎え、この新種のカテゴリーが生き残ってゆけるかどうか,その動向を占う意味でも重要なモデルチェンジです。
 今年、CMでもよく見かけるようになった新作スマートの第二世代は二人のりと四人乗りの両面作戦。今度はどちらもリアエンジンで、しかも4-doorにはルノー版もある。それが生まれ替わった「新型トゥインゴ」というわけです。
IMGP99799.jpg
 二代目となってスマート版は顔つきがとってもクルマらしくなりました。っていうか今までの初代は新感覚を狙いすぎたのが裏目に出たのか、ほかのクルマ並みに見えることで,ルームミラーに映った顔だけで差別を受けることも無くなりそうです。

 三菱[i]が電動のみになった現在、他には四人乗れるリアエンジン車はこれのほかにはポルシェ911だけ。
IMGP9972.jpg
 雪国ではトラクションが効くと好評だったリアエンジンはくるま好きなら見逃せません!勿論ポルシェ・オーナーのセカンドカー候補としても強く推挙したい存在です!後席の後ろはもう、エンジンスペース.と云っても空冷ワーゲンと違って上半分の空間には荷物も載せられます・・・IMGP9975.jpg
 ポルシェ以外にはなかなか体験できないリアエンジンドライブ.雪国生活6年間でその魅力にハマってしまった経験からすると、これは雪道で真っ先に乗ってみたいクルマの筆頭です。

| 22:03 | カテゴリー:吉田雅彦


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー