2015年09月25日

開幕・日本グランプリ

 鈴鹿サーキットで開催されるF1の日本ラウンド日本グランプリ雨の中フリー走行が始まりました。1987年の開催から30年近くが経とうとしています。今年は実に23年ぶりにマクラーレンホンダの名前が鈴鹿サーキットに蘇ります。で、やっぱり強く印象に残っているのはホンダとセナとマクラーレンの活躍。今青山のホンダ本社では、懐かしのマシンが一堂に会しています。

 セナが乗っていた頃のマクラーレンホンダに比べると、いまどきのマクラーレンは・・・
IMGP9498.jpg
 十年余のブランクを経て復活した第4期のホンダF1。たとえばフロントのウィングだけを見てもその複雑さが窺えます。リアウィングも同様、

 エンジンに至ってはさらに話が複雑。単純にガソリンを燃やすだけじゃなく、熱エネルギーを回収して再利用するように規則で定められています。今年ふたたび参戦しているホンダエンジンも最初から昔のように連戦連勝というわけには行かず、熱と冷却の問題を抱えて悪戦苦闘しているようです。
 日本グランプリを控え,その成績を占う意味での前回シンガポールグランプリ。市街地コースでナイトランと,鈴鹿の参考にはなりませんが,アロンソもバトンもトラブルに泣かされています。ことしの鈴鹿は来年以降のデータを蓄積する為にもチームにとっては学習の場。新しいマクラーレンカラーのホンダマシンが少しでも上位を伺える様、応援したいキモチで一杯です

| 03:51 | カテゴリー:吉田雅彦


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー