2015年05月30日

横浜大空襲から70年

今から70年前の5月29日、横浜の街はアメリカ軍の無差別空爆により、死者・行方不明者1万5千人という大きな被害を受けた。いわゆる「横浜大空襲」である。

150530.jpg

1945年5月29日午前9時15分、B29爆撃機など約600機が横浜上空に現れ、1時間にわたり焼夷(しょうい)弾などを投下。官庁街をはじめ、被害は中区、西区、神奈川区、南区、磯子区、保土ケ谷区、鶴見区など広域に及んだ。

正確な数は不明なままだが、犠牲者は1万5千人を超えるとも。投下された焼夷弾の総量は10万人を超す死者を出した東京大空襲の1.5倍にあたるとされる。戦後70年の今年、我々はこうした歴史の事実をしっかり学ばねばなるまい。

服部 陽介Official BLOG
http://hachiprio.blogspot.jp/

| 08:08 | コメント(0) | カテゴリー:服部陽介

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー