2014年11月05日

C2完成へ

 首都高速のうち, 工事中だった中央環状線の大崎、品川区間が完成し,報道公開されました。来年春にはもっと渋滞緩和に役立つと期待されているのがC2こと中央環状線です。C1は都心環状線のこと。首都高速の渋滞も昔に比べると随分緩和された気がしますが、反面景気動向の指標でもあるので手放しで喜べる訳でもありませんが・・・・・渋滞が減るのは良いことです。で、C2の最初の区間は東北道直結とほぼ同じ、昭和の終わり頃で湾岸線と東北、常磐方面を繋ぐ路線として東半分が先に開通しています。
IMGP8515.jpg

 後年、5号、4号線を串刺しにする形で大橋ジャンクションまでの長大なトンネルが完成。山手通りの真下を3号東名方面に向けてパスできる大きなネットワークが出来ました。東北方面からの帰り道、世田谷辺りに帰ろうとする利用客なら、池袋、西新宿経由で大橋ジャンクションから3号線に乗ろうか?湾岸線までC2で南下して大井ジャンクションから1号、浜崎橋経由で六本木の上を通って3号線に入ろうか、はたまた素直に6号で隅田川沿いに都心を貫いてスカイツリー、東京タワーの足元をかすめて行こうか・・・・
 まあ大抵は大橋ジャンクションの渋滞表示を見つけて最初のプランは没になってしまうんですが、反面、湾岸方面から東名に向う利用客にとっては浜崎橋から都心環状線に合流する渋滞が来年以降、解消されるかどうか・・・大きな注目点です。
 今回の開通区間は東京西部、城南と呼ばれる区域に大きな影響があると思われ、都心環状線の混雑緩和にも大きく寄与するはずです。地下トンネルが大半のC2西側部分なので東北・埼玉方面に住んでいるカノジョを自宅に送って行く場合にはやはりトンネルばかりのC2ではなく、従来通りのルートで夜景を楽しませてあげるのが気が利いているかも知れません。
 逆に心配なのが大橋ジャンクションの混雑、三方向から東名方面に向うクルマがここに集中し,あの巨大バウムクーヘン見たいな中をひたすらグルグル回りながら待たされるのか・・・と思うとちょっと気が重くなります

| 04:23 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー