2014年10月10日

それぞれの手法で表現するアート

 毎年恒例の自動車アート7人展が開かれています。自動車雑誌カーアンドドライバー日本版の表紙でお馴染みのイラストを筆頭に、変速機や超高性能スポーツカーの精密な透視図やクラッシックカーをはさみと色紙で表現した切り絵まで、多士済々。クルマ好きならきっと惹き込まれること請け合い!何気なく眺めているクルマでも、一台一台が実にアートなんだな、と気付かされるでしょう。それを料理して立派なアート作品に仕上げた秀作揃い。常設のこんな美術館があったら、毎週でも通ってしまうかも知れません・・・・・〜10月11日(土) 最終日18:00まで)(千代田区有楽町2-東京交通会館1階)

| 10:33 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー