2014年06月29日

ワタシの軽井沢の歩き方

 青い空にモクモクと立ち上がる入道雲。スッカリ不順な天候の合間、つかのま夏の景色です。こんな雲を見つけたら遠くまでドライブしたくなる気分・・・・

Imgp2554
標高1000mを越えるとエアコンのスィッチを切って送風だけでも快適。窓を開けると冷房よりも心地よい風が吹き込んで来ます。気温24℃、直射日光は痛い程ですが、木陰に逃げ込むと気持ちのよい風が駆け抜けてゆきます。

 近年人気の軽井沢ショッピング・アウトレットモール、7月にはまたまた拡張オープンして新しい店舗が加わります。そればかりでなく、峠の茶屋まで足をのばせるバス路線も新設、クラシックタイプのボンネットバスが運行されているので、クルマに頼らなくても長野・群馬県境の 熊野皇大神社・熊野神社で日本代表のマスコット・八咫烏のお土産をゲットして来ることが出来ます。

 このところ右肩上がりの軽井沢、もっともこれには訳があって、来年開業する新幹線、金沢延伸を見込んでの積極投資。これまで7両だった新幹線が順次12両にふえ、軽井沢往復も一段と入り込み客が見込めそう・・・・と云う目論見です。

 団体での大口予約も件数が増えている為か、予約がとりづらい局面も・・・・バブルの時代から20年以上も親しんでいるログキャビンのコテージも、リニューアル(新築)して、ゴージャスな建物に生まれ変わりつつあります。

 消費税アップで、この先心配な日本経済、軽井沢だけは気分も昂揚、アツい夏を迎えようとしています。

| 08:57 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー